フィル・コリンズ、コラボレーション曲を集めた4枚組CDボックスが9/28にリリースされることが決定

フィル・コリンズは過去にコラボレーションを行ったアーティストとの楽曲を集めた4枚組CDボックスセット『プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ』が9月28日に海外でリリースされることが決定している。

フィル・コリンズが初めて参加したバンドとして知られるフレイミング・ユースから、70年代の伝説のアーティストであるブランドX,ブライアン・イーノ、ロバート・フリップ、ジョン・ケイルとの曲や、さらにクインシー・ジョーンズやトニー・ベネットとの共演まで収録している。

アルバム・タイトルは洒落の効いたプレゼントから取られている。フィル・コリンズがジェネシスのフロントマンになった時、ジェネシスの専属ドラマーとなったチェスター・トンプソンがフィルに特別な誕生日プレゼントを贈った。それは高価なものではなく、ただのTシャツだったが、彼が尊敬しているミュージシャンのために喜んでプロデュースを行うというフィル・コリンズの気持ちを象徴する「プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ」というスローガンが書かれていた。

ジェネシスのプロデューサーだったジョン・アンソニーはフィル・コリンズを様々な音楽的な環境に適応するミュージシャンとして見ていたとのことで、フィル・コリンズは次のように振り返っている。「彼はいろんなレコードをプロデュースしていて、いいドラムを求めていたから、僕を使ってくれた。よく夜中にトライデント・スタジオに行って、ただ楽しんでプレイして、朝の6時か7時に家に帰ってきた。ただプレイして時折お金になるってことを楽しんでいた。お金のためではなかった、ただプレイするためだったんだ」

フィル・コリンズは今回のボックスセットについて次のように語っている。「いい人生を送ったねと人は言うかもね。自分は人生のほとんどでやりたいことをやっただけ。ただでやっていたのに、良いお金をもらったね。ドラムを叩くということだけどね。僕のヒーローたちと演奏してきた間に、ほとんどの人と親しい友達になった。この4枚のCDを聴けば、それらの瞬間が少しは分かるはず。これらの曲を集めることを許してくれたアーティスト達に感謝したい。そんなに簡単なことではないからね」

発売日、価格など、本作の国内盤の詳細は追って発表されるという。

現時点でのリリースの詳細は以下の通り。

アーティスト:フィル・コリンズ
アルバム・タイトル:プレイ・ウェル・ウィズ・アザーズ
1. ‘Guide Me Orion’ – Flaming Youth
2. ‘Knights (Reprise)’ – Peter Banks
3. ‘Don’t You Feel It’ – Eugene Wallace
4. ‘I Can’t Remember, But Yes’ – Argent
5. ‘Over Fire Island’ – Brian Eno
6. ‘Savannah Woman’ – Tommy Bolin
7. ‘Pablo Picasso’ – John Cale
8. ‘Nuclear Burn’ – Brand X
9. ‘No-One Receiving’ – Brian Eno
10. ‘Home’ – Rod Argent
11. ‘M386’ – Brian Eno
12. ‘And So To F’ – Brand X
13. ‘North Star’ – Robert Fripp
14. ‘Sweet Little Mystery’ – John Martyn
15. ‘Intruder’ – Peter Gabriel
16. ‘I Know There’s Something Going On’ – Frida
17. ‘Pledge Pin’ – Robert Plant
18. ‘Lead Me To The Water’ – Gary Brooker

DISC TWO: 1982 – 1991
19. ‘In The Mood’ – Robert Plant
20. ‘Island Dreamer’ – Al Di Meola
21. ‘Puss ‘n’ Boots’ – Adam Ant
22. ‘Walking On The Chinese Wall’ – Philip Bailey
23. ‘Do They Know It’s Christmas (Feed The World)’ – Band Aid
24. ‘Just Like A Prisoner’ – Eric Clapton
25. ‘Because Of You’ – Philip Bailey
26. ‘Watching The World’ – Chaka Khan
27. ‘No One Is To Blame’ (Phil Collins version) – Howard Jones
28. ‘If Leaving Me Is Easy’ – The Isley Brothers
29. ‘Angry’ – Paul McCartney
30. ‘Loco In Acapulco’ – Four Tops
31. ‘Walking On Air’ – Stephen Bishop
32. ‘Hall Light’ – Stephen Bishop
33. ‘Woman In Chains’ – Tears For Fears
34. ‘Burn Down The Mission’ – Phil Collins

DISC THREE: 1991 – 2011
35. ‘No Son Of Mine’ – Genesis
36. ‘Could’ve Been Me’ – John Martyn
37. ‘Hero’ – David Crosby
38. ‘Ways To Cry’ – John Martyn
39. ‘I’ve Been Trying’ – Phil Collins
40. ‘Do Nothing ‘Till You Hear From Me’ – Quincy Jones
41. ‘Why Can’t It Wait Til Morning’ – Fourplay
42. ‘Suzanne’ – John Martyn
43. ‘Looking For An Angel’ – Laura Pausini
44. ‘Golden Slumbers / Carry That Weight / The End’ – George Martin
45. ‘In The Air Tonite’ – Lil’ Kim featuring Phil Collins
46. ‘Welcome’ – Phil Collins
47. ‘Can’t Turn Back The Years’ – John Martyn

DISC FOUR: LIVE 1981 – 2002
48. ‘In The Air Tonight’ (Live At The Secret Policeman’s Other Ball) – Phil Collins
49. ‘While My Guitar Gently Weeps’ – George Harrison
50. ‘You Win Again’ – The Bee Gees
51. ‘There’ll Be Some Changes Made’ – Phil Collins and Tony Bennett
52. ‘Stormy Weather’ – Phil Collins and Quincy Jones
53. ‘Chips And Salsa’ – The Phil Collins Big Band
54. ‘Birdland’ – Phil Collins with The Buddy Rich Big Band
55. ‘Pick Up The Pieces’ (Live At The Montreux Jazz Festival 1998) – The Phil Collins Big Band
56. ‘Layla’ (Live At Party At The Palace, 3 June 2002) – Eric Clapton
57. ‘Why’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Annie Lennox
58. ‘Everything I Do (I Do It For You)’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Bryan Adams
59. ‘With A Little Help From My Friends’ (Live at Party At The Palace, 3 June 2002) – Joe Cocker

関連NEWS

  1. Taylor Swift

    Taylor Swift、英ラジオ番組でPhil Collinsの“Can’t Stop Loving You”をカヴァー

  2. Phil Collins

    Phil Collins、トランプ大統領の集会で楽曲を使用されたことを受けて使用禁止命令を申請

  3. Phil Collins

    Phil Collins、LIVE AIDでのLed Zeppelinとの共演を降りたかったと語る

  4. Phil Collins

    Phil Collins、メキシコの教会にあるキリスト像が彼にそっくりだと話題に

  1. Bruno MarsとANDERSON .PAAK、明日何かをリリースすることを発表

    2021.07.29

  2. Billie Eilish

    Billie Eilish、新作のリリース日の翌日にBBCで特別番組が放送され…

    2021.07.29

  3. Joey Jordison

    Joey Jordison、代役でMetallicaのドラマーを務めた逸話をフェス主…

    2021.07.29

  4. Weezer

    Weezer、4月に行った配信ライヴより「All My Favorite Songs」の映…

    2021.07.29

  5. ONE OK ROCK

    ONE OK ROCK、7/31開催、河口湖でのアコースティック公演のライブ配…

    2021.07.29

  6. 坂本慎太郎

    坂本慎太郎、ミュージックビデオ第二弾「ツバメの季節に」が公開

    2021.07.29

  7. Death from Above 1979

    Death from Above 1979、最新作より「Modern Guy」のMV公開

    2021.07.29

  8. Alessia Cara

    Alessia Cara、米TV番組で最新シングル「Shapeshifter」を披露した…

    2021.07.29

  9. Swedish House Mafia

    Swedish House Mafia、Ty Dolla Signら参加の新曲「Lifetime」が公開

    2021.07.29

  10. Mark Hoppus

    Blink 182のMark Hoppus、化学療法がガンの治療に効果を発揮してい…

    2021.07.29

  1. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、 最終ラインナップ、タイムテーブル…

    2021.07.16

  2. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  3. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival’21、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、佐藤…

    2021.06.30

  5. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  6. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18