ビートルズ、“In My Life”の作曲者について統計学を使って分析した研究結果が発表に

ザ・ビートルズの“In My Life”について、ポール・マッカートニーが曲を書いたというのは「勘違い」であり、実際はジョン・レノンによる作品だったとする新たな研究結果が発表されている。

“In My Life”はザ・ビートルズによる1965年発表のアルバム『ラバー・ソウル』に収録された楽曲で、当初はジョン・レノンの曲と見られていた。しかしながら、楽曲の作曲者についてはその後何年にもわたって議論の対象となっており、ポール・マッカートニーはリリースからおよそ10年後にラジオDJのポール・ガンバッキーニに対して次のように語っている。「ジョンがあの歌詞を書いて、僕がそれに曲をつけたんだ。あれは素晴らしい曲だよね」

ジョン・レノンは1980年に、ポール・マッカートニーが作曲のパートナーとして書いたのはミドルエイトとハーモニーだけだと語っていた。

今回、ハーヴァード大学で統計学の准教授を務めるマーク・グリックマンとダルハウジー大学で数学の教授を務めるジェイソン・ブラウンによる新たな共同研究によって、“In My Life”を巡る議論に一つの結論がもたらされている。

共同研究の結論としては、ポール・マッカートニーは同曲を書いたことについて「勘違い」をしており、統計学的に見ると、“In My Life”はジョン・レノンの作品のほうが遥かに酷似しているという。

“In My Life”の音源はこちらから。

彼らの分析によれば、ポール・マッカートニーが“In My Life”を作曲した可能性は50分の1以下の確率となるという。

「我々は、どちらが楽曲を作ったのかということを区別するために、データ分析の技術を用いてその楽曲で何が起こっていたのかを調べられないだろうかと考えました」とマーク・グリックマン教授は研究の目的について綴っており、研究は1962年か1966年にかけて書かれたザ・ビートルズの楽曲におけるコーラスの周波数やコード進行、楽譜などを分析したものとなっている。

「基本的な考え方としては、統計学的なアプローチを用いて楽曲の作家を確定させるために、様々なデータ構造の中に楽曲を当てはめてみるというものです。一つの色を、重さに応じて赤や緑、青といった構成している成分で分解すると考えてみてください」

「“In My Life”がポール・マッカートニーによって書かれた可能性は0.18%です。すなわち、基本的にこの楽曲がジョン・レノンによって書かれたものであることを意味しています。ポール・マッカートニーは勘違いしているのでしょう」

分析の結果、ポール・マッカートニーの書いたザ・ビートルズの楽曲は複雑で変化するものが多い一方で、ジョン・レノンの楽曲はほとんど変化がないことが明らかになったといい、2人は次のように結論づけている。

「ジョン・レノンの楽曲である“Help!”を考えてみてください」とマーク・グリックマンは続けている。「基本的には『When I was younger, so much younger than today』のように続きますが、ピッチはほとんど変わっていません」

「ほとんど同じ音に繰り返しとどまっており、音は僅かにしか変化しません。一方で、“‘Michelle”のようなポール・マッカートニーの楽曲を考えてみてください。ピッチに関して言えば、至るところで変化しています」

ポール・マッカートニーの代理人はポール・マッカートニーについてこの研究結果に関してコメントする予定はないと伝えている。

ポール・マッカートニーは先週、リヴァプールの由緒あるキャヴァーン・クラブで緊急ライヴを行っている。

関連NEWS

  1. Paul McCartneyやTaylor Swift

    Paul McCartneyやTaylor Swift、ロックの殿堂の式典に出席することが明らかに

  2. George HarrisonとJohn Lennon

    George HarrisonとJohn Lennonが所有していたギター、5500万円の価値があると鑑定

  3. The Beatles

    The Beatles、『ゲット・バック』の映像商品よりルーフトップ・コンサートの「Get Back」の映像が公開

  4. Paul McCartney

    Paul McCartney、妻のLinda McCartneyのレシピ集を刊行することに

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、The Beatles解散の責任は自分にはないと考えていると語る

  6. The Beatles

    The Beatles、Paul McCartneyによる手書きの“Hey Jude”の歌詞がオークションで落札

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、生涯を振り返る歌詞集に掲載される154曲が明らかに

  8. ジョン・レノン 失われた週末

    『ジョン・レノン 失われた週末』に寄せられた著名人からのコメントが公開

  9. John Lennon

    John Lennon、50周年を記念して『ジョンの魂』が初のマルチ・フォーマットでリリースされることに

  10. Paul McCartney

    Paul McCartney、アビイ・ロードの横断歩道で轢かれそうになった逸話が明らかに

  11. Ringo Starr

    Ringo Starr、The Beatlesの貴重な写真をまとめた写真集を刊行

  12. The Beatles

    The Beatles、新しい「Let It Be」のMVをプレミア公開

  13. John Lennon

    John Lennon、12月にイギリスで新たなドキュメンタリーが放送されることに

  14. Sean Lennon

    Sean Lennon、Paul McCartneyの80歳の誕生日に「Here, There and Everywhere」をカヴァー

  15. Paul McCartney

    Paul McCartney、グラストンベリー出演に当たってBrian Mayに相談していたことが明らかに

  1. Paul Weller

    Paul Weller、新作の発売を記念して非売品コースターがもらえる感想…

    2024.05.24

  2. Gayle

    Gayle、来日公演を記念して東京ビジュアルアーツ・アカデミーにてト…

    2024.05.24

  3. 「UKFC on the Road」第二弾でHelsinki Lambda Club、POLYSICS、 th…

    2024.05.24

  4. ゲスの極み乙女

    ゲスの極み乙女『ディスコの卵』のCD化が発売決定

    2024.05.24

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagherらが出演するドキュメンタリー『CAMDEN』のトレイラ…

    2024.05.24

  6. Bon Jovi

    Bon Jovi、ポップアップ・ストアが6月7日から23日までオープンする…

    2024.05.24

  7. エターナルメモリー

    年度アカデミー賞ノミネート『エターナルメモリー』公開決定!本ポ…

    2024.05.24

  8. Billie Eilish

    Billie Eilish、『HIT ME HARD AND SOFT』について語る公式インタヴ…

    2024.05.24

  9. Tame Impala

    Tame ImpalaのKevin Parker、カタログの権利をソニー・ミュージック…

    2024.05.24

  10. AURORA

    AURORA、ゲーム『Senua’s Saga – Hellblade II』より「…

    2024.05.24

  1. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第3弾出演アーティスト発表

    2024.05.24

  2. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  3. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  4. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  6. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13