スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、『シュレック』OSTをめぐってスマッシュ・マウスと対立

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンとスマッシュ・マウスは『シュレック』のサウンドトラックにまつわる逸話をめぐって対立している。

大ヒットしたドリームワークスのアニメ映画『シュレック』第1作のサウンドトラックは2001年にリリースされており、スマッシュ・マウスの楽曲が使用されていることで知られている。

『シュレック』のオープニングにはスマッシュ・マウスの“All Star”が使われており、さらに彼らによるザ・モンキーズの“I’m A Believer”のカヴァーもエンディングで使用されている。

スマッシュ・マウスによる“I’m A Believer”のカヴァーはこちらから。

しかし、ビリー・コーガンは先日インスタグラムのストーリーのQ&Aセッションで、『シュレック』のエンディング曲は当初スマッシング・パンプキンズに依頼がきていたと発言して物議をかもしている。

ビリー・コーガンによれば、2000年の彼らの楽曲“Untitled”をエンディングで使用したいというオファーがあったものの、彼が断ったため、結局スマッシュ・マウスによるザ・モンキーズのカヴァーが使われることになったという。

しかし、スマッシュ・マウス側は、ビリー・コーガンの主張とは大きく異なる経緯を明かしている。それによれば、スマッシュ・マウスが最終的にオファーを受け入れるまで、ドリームワークスは彼らに何度も楽曲の使用を打診してきたとしている。

スマッシュ・マウスはビリー・コーガンの「エゴ」を批判して次のように綴っている。「実は僕たちは断ったんだけど、ドリームワークスのマイケル・オースティンが連絡を続けてきたんだ。1か月以上は続いたね」

「複数のバンドに依頼があったのは本当だと思う。自分に最初の依頼がきたと思うことでビリーのエゴが満たされるのなら、させておけば良いよ。彼らなら間違いなくもっと暗い感じになっていただろうね。シュレックにはイールズの曲もよく使われているよ」

スマッシュ・マウスのコメントに対してビリー・コーガンは今のところ反応を示していない。

一方、ビリー・コーガンはインスタグラムのストーリーにおけるQ&Aセッションで最も偉大な90年代のバンドについて「ニルヴァーナ」と答えている。

また、スマッシング・パンプキンズは先日、コートニー・ラヴやピーター・フック、デフトーンズのチノ・モレノらをゲストに迎えた結成30周年記念公演を行っている。

RECOMMEND NEWS

  1. スマッシング・パンプキンズ、結成30周年を記念した特別公演に豪華ゲストが出演することに

  2. スマッシング・パンプキンズ、ニュー・シングル“Solara”が公開

  3. スマッシング・パンプキンズ、米TV番組に出演して“Zero”のパフォーマンスを披露

  4. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、最も偉大な90年代のバンドを明かす

  5. スマッシング・パンプキンズ、ツアーに戻るとインスタグラムで宣言

  6. スマッシング・パンプキンズ、豪華ゲスト参加の結成30周年コンサートのセットリストが明らかに

  7. スマッシング・パンプキンズ、ジェイムス・イハがマイクスタンドを蹴り倒すライヴ映像がオンラインに

  8. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、バンドをやる動機について語る

  9. スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガン、ヘヴィ・メタルは見下されていると語る

  10. スマッシング・パンプキンズ、アメリカ以外でのライヴが行われることが明らかに

  11. スマッシング・パンプキンズ、最新シングル“Solara”のパフォーマンス映像も公開

  12. スマッシング・パンプキンズ、オフィシャル・サイトでカウントダウン開始

  13. スマパンのビリー・コーガン、テイラー・スウィフトの父親でないことを長文で説明

  14. スマッシング・パンプキンズ、明日ライヴがストリーミング配信で生中継されることが決定

  15. スマッシング・パンプキンズのビリー、ダーシー・レッキーとの関係は「永遠に」断たれたと語る