スマパンのビリー・コーガン、テイラー・スウィフトの父親でないことを長文で説明

スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンは自身がテイラー・スウィフトと血縁関係にあるのではないかとするミームに言及した長文の文章をインスタグラムに投稿している。

先日よりオンライン上ではテイラー・スウィフトとビリー・コーガンが似ているとして、彼ら2人の顔写真を並べて作られた画像が話題になっている。ビリー・コーガンは今回、「トータリー・ルックス・ライク」というウェブサイトに掲載された自身とテイラー・スウィフトが並べられている画像をインスタグラムに投稿して、長文のキャプションの中で「ビリー・コーガン」というキャラクターについて言及している。

文章は次のように始まっている。「インターネットというのは愛すべきものだ。こういうミームが流行っているらしく(誰かが僕に送ってきたんだ)、どうやら『テイラー・スウィフトは僕の娘なのか?』というのが問題らしい」

その後、文章は怪しい展開を見せ始める。「(この件に関するメッセージをたくさん受け取っていることに言及して)これに混乱している人たちの数は枚挙にいとまがないし、おそらくこのことは、僕たちの生きる現代やデジタル時代における文化とも関連性があると思うんだ……現実の人間がより華やかだったりダークだったりする自分のアバターが存在するソーシャル・メディアという時空間の横で折り合いをつけていかなきゃならないんだよ。政府と数えきれないセレブリティによる食物連鎖についてもね。人間の生活というのは、あらゆる側面において、もはや神を含めて自分が何を、誰を信じればいいのか分からなくなってしまう領域にまで来てしまったんだ」

ビリー・コーガンは続けて、象徴的とも言えるビリー・コーガンらしい文章を綴っている。「『ビリー・コーガン』という人物はいないんだ。彼は存在していないんだよ。万が一、彼が(こういう時代に)存在していたとしたとしても、それは僕が頭の中で作り上げたものを君たちに見せているに過ぎないわけで、『バットマン』や『スポンジ・ボブ』となんら変わらないんだよ」

ビリー・コーガンによる投稿はこちらから。

You have to love the Internets. Seems this is a new meme going around (someone sent this to me) where I guess the question is(?): Is T Swift my child. Hmm… I'll take the compliment of the comparison here despite the fact that I guess the jokes on me? (and not the lovely and talented Miss Swift) Which becomes a good starting point back into where I left off last time; on notions of image/self-esteem/God/and self-love. But before I do let me express how I continue to be blown away by the number of messages I am receiving regarding these issues. There simply is no end to how many are struggling, and it seems to have some connection to this modern or Digital Age culture we are living in. Where what's real is just as relevant, or so it appears, as to what is constructed, fake or false. Where a real you must negotiate time-space next to the more shiny or dark social media avatar of you, and so on and so forth up the food chain of governments and endless celebrity. Each tier of human life augmented to the point where what you no longer know what, or whom, to believe in; including God. And for those new to the game, it is easiest for me to speak of my own experience. So please consider that I do so as illustration. Take from it as you will… There is NO such person as 'Billy Corgan'. He (BC) does not exist. Or, if he does exist (per these times), he is a creation from my mind to yours, and no different than a cartoon drawing of Batman or Sponge Bob. Trace the route: from 1967 to 1985 I was Bill Corgan, born WPC. My father was known to us as Billy, so he does exist, but the 'Billy' I speak of, the one who made records with SP and appeared on chat shows, was a creation. And I still remember the day around age 18 when I told someone, 'don't call me Bill anymore. I am Billy now…' Now why would I do such a thing? Because Bill, or Little Bill as I was known to the family, was beaten, harassed, broken and discarded over so many years, and in so many separate instances (let's say the number of disassociative events is in the thousands) that he (Bill) was WORTHLESS to me. But Billy Corgan, a construct of my own making, with a different walk, haircut, and…end pt 1

WilliamPatrickCorganさん(@williampcorgan)がシェアした投稿 –

PT 2 (cont) But Billy Corgan, a construct of my own making, with a different walk, haircut, and even eyes that I purposely changed (from fully open to ovals half closed, like those of a snake), he was a new being around which I could invent any story as I pleased. And look no further than Bob Dylan's transformation from Robert Zimmerman (albeit for different reasons) as example. Like him, I simply invented myself anew. The why and wherefore is simple: A/ he was better than I, and certainly more interesting, and capable in ways I couldn't have dreamt of even months before while I was still in school… And B/ when things went wrong, or I misstepped,, it was 'his' fault and not mine. Billy being a shield against all that ails me in the world. Consider this: as much as I've spoken of my childhood, I've yet to tell the real story. And if I was using that childhood to market my records (as BC was often accused of during the early 90's), would I have not told a worse story for sympathy, rather than an abridged one that spoke of where BC had mythically come from (and which also in foreshadowing spoke of where he planned to go). If this sounds confusing, note, it was to me as well, and to those around me. My parents questioned what I was up to, as they generally did not know Billy Corgan, this avatar. But they certainly knew Bill, and were quite comfortable pitting their invented stories against my very real one (and if they weren't, than the abuse could never have occurred). To those that have been harmed so, you know exactly what I'm speaking of here. And it was certainly confusing to the band, who on a day to day basis dealt with WPC, and not Billy Corgan. Although you could argue that the more I played at this character, the more I became him; like an actor who's been in a role so long (William Shatner as Captain Kirk) that he assumes the attributes of said character cause it's just easier that reminding anyone there might be a difference. So last thing for today, and it's something I told the NY Times (in a thought I believe that was not printed): -You can keep Billy Corgan, he is dead, and he's there for you to mock and use as you wish-

WilliamPatrickCorganさん(@williampcorgan)がシェアした投稿 –

スマッシング・パンプキンズは、ビリー・コーガン、ギタリストのジェイムス・イハ、ドラマーのジミー・チェンバレン 、そして長年のコラボレーターであるジェフ・シュローダーという布陣で再結成することを今年2月に発表しており、7月より本格的に再結成ツアーをスタートさせている。

一方、テイラー・スウィフトは、現地時間7月14日に行ったフィラデルフィアのリンカーン・フィナンシャル・フィールド公演で“Delicate”のパフォーマンス中に自身の乗っていた装置が空中で止まってしまうというアクシデントに見舞われている。

関連NEWS

  1. CATS

    Taylor Swift出演の映画『キャッツ』、2020年1月24日に日本公開されることが決定

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、Ihsahnに新作のジャケットの類似性を指摘される

  3. Taylor Swift

    Taylor Swift、「NPR Music Tiny Desk Concerts」の映像が公開

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、大西洋で遭難したファンに手紙を送ったことが明らかに

  5. Taylor Swift

    Taylor Swift、女性史月間を記念して女性アーティストだけによるプレイリストを公開

  6. Taylor Swift

    Taylor Swift、米『フォーブス』誌が発表した最も収入の多いミュージシャンの1位に

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、初期6作の音源をスクーター・ブラウンが購入したことを受けて遺憾の意を表明

  8. Smashing Pumpkins Darcy-Wretzky

    元Smashing PumpkinsのDarcy Wretzky、新たなバンドと新曲のレコーディングに入ると報道

  9. Scooter Braun、Taylor Swift

    Scooter Braun、Taylor Swiftの音源の権利を彼女に買い戻させようとしたと語る

  10. Taylor Swift

    Taylor Swift、Paul McCartneyと楽曲提供で偽名を使うことについて語る

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、ロンドンでの最新公演から“London Boy”のパフォーマンス映像が公開

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、映像作品のNetflixでの配信とサンダンス映画祭での上映が決定

  13. スマッシング・パンプキンズのジェフ・シュローダー、ジェイムス・イハとの関係について語る

  14. Taylor Swift、Kanye West

    Taylor Swift、Kanye Westとの関係について「終わった」と語る

  15. スマッシング・パンプキンズのダーシー・レッキー、再結成への不参加について語る

  1. Sam Fender

    Sam Fender、『ジュールズ倶楽部』で披露したパフォーマンス映像が…

    2021.10.27

  2. 新しいボーカルを迎えた新生・水曜日のカンパネラの最新曲「アリス/…

    2021.10.27

  3. J

    J、最新アルバム『LIGHTNING』より「Wake Up!」「MY HEAVEN」を先行…

    2021.10.27

  4. CrypTOKYO featuring King Hiro and Decentralized curation

    JESSEが発起人となり、ALS認知へ向けたチャリティーギャラリーが開催

    2021.10.27

  5. Coldplay&BTS

    Coldplay&BTS、英TV番組で披露した「My Universe」のパフォーマン…

    2021.10.27

  6. Young Thug

    Young Thug、『サタデー・ナイト・ライヴ』のパフォーマンス映像が…

    2021.10.27

  7. モーリタニアン 黒塗りの記録

    『モーリタニアン 黒塗りの記録』面会心理バトル映像を解禁

    2021.10.27

  8. Vince Neil

    Motley CrueのVince Neil、ステージから落ちて病院に搬送されること…

    2021.10.27

  9. New Order

    New Order、2022年1月に予定されていた来日公演が中止となることに

    2021.10.27

  10. Thom Yorke

    Thom Yorke、『Kid A』の制作時に陥ったスランプについて語る

    2021.10.27

  1. ROCKS FORCHILE 2021

    ROCKS FORCHILE 2021が事前登録制のフリーイベントとして開催、第一…

    2021.10.05

  2. THE SOLAR BUDOKAN

    THE SOLAR BUDOKAN 2021 ONLINE タイムテーブルを発表

    2021.09.17

  3. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’21秋mini、追加出演アーティスト&出演…

    2021.09.10

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival’21 開催中止

    2021.08.25

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21 YouTube ライブ配信 タイムテーブル発…

    2021.08.18

  6. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、YouTubeでのライヴ配信アーティストが決定

    2021.08.16

  7. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE in 恵比寿Garden、オープニングアクト…

    2021.08.11

  8. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  9. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  10. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30