エリック・クラプトン、今年リリースするクリスマス・アルバムの1曲をアヴィーチーに捧げる

エリック・クラプトンはクリスマス・ソングを「ブルース風」にアレンジしたアルバム『ハッピー・クリスマス』をリリースすることを発表しており、オリジナルのクリスマス・ソングやアヴィーチーに捧げた楽曲が収録されるという。

エリック・クラプトンの通算25作目のスタジオ・アルバムとなる『ハッピー・クリスマス』は10月12日にリリースされる。本作に収録される“Jingle Bells”は今年4月に自殺と見られる原因で亡くなった「アヴィーチーへの追悼」になっているという。

『ハッピー・クリスマス』には“For Love On Christmas Day”と題されたオリジナル・ソングも収録される。

アルバムからは笑顔のサンタクロースを描いた手書きのアートワークが公開されており、アートワークには「E.C. xxx」としてエリック・クラプトンのイニシャルも書かれている。

EricClaptonHappyChristmas

エリック・クラプトンは米『ビルボード』誌に次のように語っている。「こういうホリデー・ソングをブルース風にやってみたらどうだろうと思ってね。それで、ヴォーカルの間にブルースのラインを入れる方法を模索してみたんだ」

「やってみたら、最も分かりやすい曲があって、それが基本的なスタイルを作ることとなったんだけどさ、それが“Have Yourself a Merry Little Christmas”だったんだよ」

エリック・クラプトンがブルースでクリスマス・ソングに取り組むのは今回が初めてではなく、1998年に当時のアメリカ大統領だったビル・クリントンによって開催されたクリスマス・ライヴの音源を収録した『ア・ヴェリー・スペシャル・クリスマス・ライヴ』にクリスマスのスタンダード曲のカヴァーが収録されているほか、1982年にはチャス&デイヴのクリスマス特番に出演している。

『ハッピー・クリスマス』のトラックリストはこちらから。

1. White Christmas
2. Away In A Manger (Once In Royal David’s City)
3. For Love On Christmas Day
4. Everyday Will Be Like A Holiday
5. Christmas Tears
6. Home For The Holidays
7. Jingle Bells (In Memory Of Avicii)
8. Christmas In My Hometown
9. It’s Christmas
10. Sentimental Moments
11. Lonesome Christmas
12. Silent Night
13. Merry Christmas Baby
14. Have Yourself A Merry Little Christmas

RECOMMEND NEWS

  1. アヴィーチーの訃報を受けて遺族が声明を発表

  2. アヴィーチー、死亡診断書が発行されたことが明らかに

  3. アヴィーチー、亡くなる前に新曲に取り組んでいたことが明らかに

  4. エリック・クラプトン、耳鳴りを抱えていると語る

  5. リタ・オラ、人生を変えてくれたとしてアヴィーチーに追悼の意を捧げる

  6. アヴィーチー、生前に取り組んでいたアルバムのリリースについて彼のチームが言及

  7. アヴィーチーが逝去。現時点での声明の全文訳を掲載

  8. アヴィーチーの両親、ファンが彼との思い出を共有できる追悼サイトを発表

  9. エリック・クラプトン、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで3公演を行うことを発表