アリアナ・グランデ、マンチェスター公演を襲ったテロについて涙ながらに語る

アリアナ・グランデはインタヴューの中で自身のマンチェスター公演を襲ったテロ事件について語っている。

アリアナ・グランデは昨年5月22日にマンチェスター・アリーナでの公演を終えた直後に会場が自爆テロに襲われ、22名が亡くなっている。

アリアナ・グランデは8月17日に通算4作目となる新作『スウィートナー』をリリースしている。アルバムの最後に収録されている“Get Well Soon”は、40秒間の何も流れない時間の後に5分22秒で締め括られるというものになっており、ファンらはこの数字がテロ事件の5月22日に言及しているとして、アリアナ・グランデがテロ事件の犠牲者にトリビュートを捧げていると指摘している。

現在25歳のアリアナ・グランデは今回、「Beats 1」で“Get Well Soon”に込めた思いについて、「恐ろしい時や不安な時期を過ごしている時に、お互いに寄り添って助け合う」ことについて歌っていると説明している。

「みんなに安心してもらえるようなものを作りたかったの。孤独がやわらぐようなものをね」とアリアナ・グランデは語り、「音楽でみんなにハグしたいと思ったの」と続けている。

「ハグしたかったって言うとありきたりな歌詞に聞こえてしまうかもしれないけど、本当にそう思っているの」とアリアナ・グランデは続けて語っている。

アリアナ・グランデはテロ事件後もツアーを続けた理由についても言及しており、次のように語っている。「恐怖に屈してはいけないと思ったの。それこそが私が今ここにいる理由だし、ツアーを最後までやり遂げた意味もそこにあるわ。恐れてはいけないのよ。まさしくそれがテロリストの望んでいることだから。恐れを見せてしまったら、向こうの勝ちなのよ」

「でも、正直に言うと、怖いと思っているわ」とアリアナ・グランデは語っている。「どこへ行くのにも恐ろしくなってしまうの。その場所を違ったふうに見てしまうのよ」

アリアナ・グランデのインタヴューの動画はこちらから。

一方、アリアナ・グランデは先日、アメリカのTV番組「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」でアレサ・フランクリンに追悼の意を評して“Natural Woman”のカヴァーを披露している。

RECOMMEND NEWS

  1. マリリン・マンソン、舞台装置が倒れてきた事故で搬送。ツアー日程も延期に

  2. ギブソン、破産を申請したことが明らかに

  3. Superfly「ドクターX」主題歌がドラマとともに好調なスタート

  4. 桑田佳祐が「ちびまる子ちゃん」本編に登場、ED曲はこの日で見納め

  5. m-flo LISA復帰発表早々ミュージックシーンの歴史塗り替える

  6. ザ・ストラッツ、“One Night Only”のミュージック・ビデオを公開

  7. Ariana Grande

    Ariana Grande、自身に代わって全米シングル・チャートの首位に立ったHalseyを祝福

  8. アリアナ・グランデ、新作『スウィートナー』のモザイク・アートが公開

  9. 清春 TRIAD/日本コロムビアに移籍。移籍第一弾としてニューアルバム2タイトル連続リリース!来春2年振り全国ツアー

  10. U2、“Get Out Of Your Own Way”のビデオ撮影をトラファルガー広場で敢行

  11. バニラビーンズが10周年、12月に記念ベストアルバム発売

  12. エミネム、“Walk On Water”のミュージック・ビデオが公開

  13. アット・ザ・ドライヴ・イン、新曲3曲を収録したEPを10インチ限定でリリース

  14. アリアナ・グランデら、MTVビデオ・ミュージック・アウォーズのパフォーマンス映像が公開

  15. マリリン・マンソン、新作より新曲“KILL4ME”の音源を公開