アリアナ・グランデ、マンチェスター公演を襲ったテロについて涙ながらに語る

アリアナ・グランデはインタヴューの中で自身のマンチェスター公演を襲ったテロ事件について語っている。

アリアナ・グランデは昨年5月22日にマンチェスター・アリーナでの公演を終えた直後に会場が自爆テロに襲われ、22名が亡くなっている。

アリアナ・グランデは8月17日に通算4作目となる新作『スウィートナー』をリリースしている。アルバムの最後に収録されている“Get Well Soon”は、40秒間の何も流れない時間の後に5分22秒で締め括られるというものになっており、ファンらはこの数字がテロ事件の5月22日に言及しているとして、アリアナ・グランデがテロ事件の犠牲者にトリビュートを捧げていると指摘している。

現在25歳のアリアナ・グランデは今回、「Beats 1」で“Get Well Soon”に込めた思いについて、「恐ろしい時や不安な時期を過ごしている時に、お互いに寄り添って助け合う」ことについて歌っていると説明している。

「みんなに安心してもらえるようなものを作りたかったの。孤独がやわらぐようなものをね」とアリアナ・グランデは語り、「音楽でみんなにハグしたいと思ったの」と続けている。

「ハグしたかったって言うとありきたりな歌詞に聞こえてしまうかもしれないけど、本当にそう思っているの」とアリアナ・グランデは続けて語っている。

アリアナ・グランデはテロ事件後もツアーを続けた理由についても言及しており、次のように語っている。「恐怖に屈してはいけないと思ったの。それこそが私が今ここにいる理由だし、ツアーを最後までやり遂げた意味もそこにあるわ。恐れてはいけないのよ。まさしくそれがテロリストの望んでいることだから。恐れを見せてしまったら、向こうの勝ちなのよ」

「でも、正直に言うと、怖いと思っているわ」とアリアナ・グランデは語っている。「どこへ行くのにも恐ろしくなってしまうの。その場所を違ったふうに見てしまうのよ」

アリアナ・グランデのインタヴューの動画はこちらから。

一方、アリアナ・グランデは先日、アメリカのTV番組「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」でアレサ・フランクリンに追悼の意を評して“Natural Woman”のカヴァーを披露している。

関連NEWS

  1. フィフス・ハーモニー、米TV番組での“He Like That”のパフォーマンス映像が公開

  2. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  3. ジャック・ホワイト、突如新曲“Servings and Portions from my Boarding House Reach”を公開

  4. ニール・ヤング、“Powderfinger”のミュージック・ビデオを公開

  5. DEAN FUJIOKA「今からあなたを脅迫します」主題歌を書き下ろし

  6. Ariana Grande

    Ariana Grande Thank U, NextのMVが公開

  7. non-no史上初!渋谷限定版の発売が決定、表紙にTWICEが登場!

  8. 安室奈美恵 ベストアルバムは全52曲収録、ドームツアーも開催

  9. 安室奈美恵と過ごす最後のクリスマス セブン-イレブン新CM開始

  10. ボブ・モールド、亡くなったハスカー・ドゥのグラント・ハートへの追悼メッセージを公開

  11. ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也による【風人雷人】が東北 3 県で開催

  12. リンキン・パークのマイク・シノダ、チェスターの追悼公演を行う理由について語る

  13. ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のレコーディングで使われたマイクが競売に

  14. レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、今後の活動予定について語る

  15. シール、11/10発売の『スタンダーズ』の日本盤ボーナストラックがJ-WAVEで世界初オンエア