アルバート・ハモンド・ジュニア、アナログ盤に直接レコーディングするセッション映像が公開

アルバート・ハモンド・ジュニアはアナログ盤に直接レコーディングするセッション映像が公開されている。

これは所属レーベルであるレッドブル・レコーズによって公開されたもので、アルバート・ハモンド・ジュニアはウィーンでこのセッションを行っている。

公開された映像はこちらから。

アルバート・ハモンド・ジュニアは今年3月に通算4作目となるソロ・アルバム『フランシス・トラブル』をリリースしている。

新作のタイトルにあるフランシスは死産となった双子の兄妹の名前で、アルバムは「死産となった双子の兄妹であるフランシスという非常にパーソナルなトピックや、その出来事が彼の人生や音楽に与えた長きにわたる影響を掘り下げた」ものになっているという。

リリースの詳細は以下の通り。

アーティスト名:Albert Hammond Jr (アルバート・ハモンド・ジュニア)
アルバム・タイトル『Francis Trouble』(フランシス・トラブル)
レーベル:Red Bull Records(輸入盤のみ)
オープン価格
1. DvsL
2. Far Away Truths
3. Muted Beatings
4. Set to Attack
5. Tea for Two
6. Stop and Go
7. ScreaMER
8. Rocky’s Late Night
9. Strangers
10. Harder, Harder, Harder

RECOMMEND NEWS

  1. ジュリアン・カサブランカスによるザ・ヴォイズ、新曲“Pointlessness”の音源を公開

  2. ジュリアン・カサブランカスのザ・ヴォイズ、“Pyramid of Bones”のビデオを公開