ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ラトビアの映画に新曲を提供

ダフト・パンクのトーマ・バンガルテルによるソロのテクノ・トラックの一部がオンラインで公開されている。

“Riga (Take 5)”と題されたこの楽曲は今年公開されるラトビアの映画『Riga (Take 1)』のために作曲されたものとなっている。映画の音楽はラトビア映画賞の最優秀音楽賞にノミネートされている。

楽曲は14分の長さがあるとのことだが、映画が公開間近であるにもかかわらず、オンラインでは公開されていない。今回、ダフト・パンクの元マネージャーで、エド・バンガーの主宰者であるビジー・Pは楽曲の一部をエド・バンガーのインスタグラムで公開している。

先日、トーマ・バンガルテルは映画『クライマックス(原題)』に楽曲を提供していることも明らかになっている。ギャスパー・ノエが監督を務めた本作ではダフト・パンクによる“Rollin’ & Scratchin”も使用されている。

ダフト・パンクは2013年の『ランダム・アクセス・メモリーズ』以来、新曲を発表していないものの、2016年にザ・ウィークエンドとコラボーレーションによる“Starboy”と“I Feel It Coming”の2曲が発表されている。

また、トーマ・バンガルテルはアーケイド・ファイアの最新作『エヴリシング・ナウ』で数曲をプロデュースしており、ウィン・バトラーはトーマ・バンガルテルについて「実はそれほどエレクトロニック・ミュージックが好きなわけではない」と語っていた。

関連NEWS

  1. ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ラトビアの映画に提供した14分の楽曲が全編公開

  2. ダフト・パンクのトーマ・バンガルテル、ギャスパー・ノエ監督の新作に楽曲を提供

  3. Daft Punk

    Daft Punk、映画『トロン: レガシー』の続編に参加すると報道

  4. Daft Punk

    Daft Punk、Dario Argento監督の新作のスコアを手掛けるという噂が否定されることに

  5. Daft Punk

    Daft Punk、『Discovery』20周年を記念してスポティファイで拡張プレイリストが公開

  6. Daft Punk

    Daft Punk、その歩みや影響をまとめた書籍が刊行されることが明らかに

  7. Daft Punk

    Daft Punk、『Tron: Legacy』のサントラが完全盤でストリーミング・サービスで公開

  8. Julian Casablancas

    Julian Casablancas、Daft Punkともう一度コラボしようとしていたことを明かす

  9. Daft Punk

    Daft Punk、解散の発表を受けてデジタルのセールスが急増

  10. Kevin Parker

    Tame ImpalaのKevin Parker、Daft Punkの解散への思いを語る

  11. Daft Punk

    Daft Punk、解散を受けて最後のパフォーマンス映像に注目が集まることに

  12. Daft Punk

    Daft Punk、28年に及ぶ活動を経て解散したことが明らかに

  13. Daft Punk

    Daft Punkが解散を発表。新映像「Epilogue」を公式YouTubeチャンネルで公開

  14. Thomas Bangalter

    Daft PunkのThomas Bangalter、バレエ作品の音楽を手掛けることが明らかに

  15. Daft Punk

    Daft Punkのトーマ・バンガルテルらによるスターダスト、“Music Sounds Better With You”のデジタル配信が決定