ボブ・ディラン、『君の名前で僕を呼んで』の監督によって『血の轍』が映画化されることに

ボブ・ディランが1975年に発表した名作『血の轍』が『君の名前で僕を呼んで』や『サスペリア』を手掛けたルカ・グァダニーノによって映画化されるという。

『ニューヨーカー』誌に掲載されたインタヴューの中でルカ・グァダニーノはボブ・ディランのキャリアでも最高傑作の一つとして広く知られている『血の轍』の映画化に取り組んでいると明かしている。

脚本はリチャード・ラグラヴェネーズが手掛けているとのことで、物語は「アルバムの中心的なテーマを基にルカ・グァダニーノとリチャード・ラグラヴェネーズが考えた、70年代を舞台にした複数年にまたがる物語」になるという。

リチャード・ラグラヴェネーズも映画の登場人物について『ニューヨーカー』誌にコメントを寄せている。「登場人物が感情をこらえているとして、その耐え忍んでいることをドラマにしているんだ。あと、それがどんな影響を及ぼすかについてね。そして、感情を爆発させた時に何が起こるかを物語にしているんだよ」

『血の轍』については『モア・ブラッド、モア・トラックス』というタイトルでボックスセットがリリースされることが決定している。『モア・ブラッド、モア・トラックス』はボブ・ディランが1974年におこなった重要な6回のレコーディング・セッション、ニューヨークの4日間(9月16、17、18、19日)とミネアポリスの2日間(12月27、30日)を収録したものとなり、11月2日にリリースされる。

関連NEWS

  1. ボブ・ディランの『追憶のハイウェイ61』、ソニー自社一貫生産アナログ盤の洋楽第2弾に決定

  2. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドのシーンの撮影を出演者が振り返る

  3. エド・シーラン、ダニー・ボイルによるビートルズをテーマにした映画の撮影を行ったことが明らかに

  4. ボブ・ディラン、一言も言葉を発することなくトーク番組に出演

  5. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、本編映像が解禁

  6. モーターヘッド、最後の公式ライヴ映像『クリーン・ユア・クロック』よりキーアート第2弾が公開

  7. クイーンのブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でのラミ・マレックの演技を称賛

  8. 映画『ベイビー・ドライバー』のサウンドトラック第2弾、4/25に発売が決定

  9. アリー/スター誕生

    映画『アリー/スター誕生』、全米で12分の新たな映像を追加して劇場公開されることが決定

  10. ディプロら、映画『デッドプール2』に提供した“Welcome To The Party”のビデオが公開

  11. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック、フレディを演じるにあたっての肉体的苦労を語る

  12. 新宿ピカデリー爆音映画祭、開催期間の延長が決定

  13. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディー』、音楽伝記映画としての興行記録を樹立したことが明らかに

  14. デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズ、映画『地球に落ちて来た男』の監督に追悼の意を表明

  15. 映画『ボヘミアン・ラプソディ』ほか、お台場で5度目となる爆音映画祭の開催が決定