ゴリラズ、ブラーのグレアム・コクソンと共演して“Song 2”を披露

ゴリラズは、現地時間10月20日に開催されたバンド主催のフェスティバル「ディーモン・デイズ・フェスティバル」で、ブラーのギタリストであるグレアム・コクソンと共演してブラーの“Song 2”を披露している。

ゴリラズは最新作『ザ・ナウ・ナウ』を6月29日にリリースしている。『ザ・ナウ・ナウ』は、2017年にリリースした『ヒューマンズ』に続く作品となっている。

ゴリラズは現地時間10月20日に、ロサンゼルスのピコ・リベラ・スポーツ・アリーナ&グラウンズで自身がキュレーションを手掛けるディーモン・デイズ・フェスティバルを開催している。フェスティバルにはヘッドライナーを務めたゴリラズのほかに、ヒプノティック・ブラス・アンサンブルやリトル・シムズ、ジ・インターネットらが出演している。

デーモン・アルバーン率いるゴリラズは“Dirty Harry”や“Feel Good Inc.”を含むキャリア全体に及ぶセットの中で、ブラーのバンドメイトであるグレアム・コクソンと共演している。

「異花受粉的なものを試してみようと思うんだ」とデーモン・アルバーンはグレアム・コクソンが登場する前に観客に語っている。その後、デーモン・アルバーンがエレクトロでアレンジした“Song 2”のイントロを披露した後で、グレアム・コクソンが登場していつものイントロが披露されている。

“Song 2”のパフォーマンスの模様はこちらから。

グレアム・コクソンは現地時間10月21日に次のようにツイートしている。「ゴリラズの連中と素晴らしい夜を過ごしたよ」

また、ジョージ・ベンソンもスペシャル・ゲストとしてゴリラズのライヴに出演しており、コラボ曲である“Humility”をライヴで初めてパフォーマンスしている。

“Humility”のパフォーマンスはこちらから。

ゴリラズは昨年、マーゲイトのドリームランドでディーモン・デイズ・フェスティバルを開催しており、デ・ラ・ソウル、カノ、ダニー・ブラウン、ヴィンス・ステイプルズらが出演している。

今年のディーモン・デイズ・フェスティバルでのゴリラズのセットリストは以下の通り。

M1 A1 (with “Lil’ Dub Chefin” Outro)
Tranz
Last Living Souls
Rhinestone Eyes
Tomorrow Comes Today
Every Planet We Reach Is Dead
19-2000
Humility (with George Benson)
Superfast Jellyfish (with De La Soul)
On Melancholy Hill
El Mañana
Fire Flies
Broken (with Hypnotic Brass Ensemble)
Strobelite (with Peven Everett)
Andromeda (with DRAM)
Hollywood (with Jamie Principle)
Garage Palace (with Little Simz)
Stylo (with Peven Everett) (and Bootie Brown)
Dirty Harry (with Bootie Brown)
Feel Good Inc. (with De La Soul)
Souk Eye
Plastic Beach

Encore:
Lake Zurich
Sweepstakes (with Hypnotic Brass Ensemble)
Latin Simone (¿Qué Pasa Contigo?) (with Leider Chapotin)
Kids With Guns
Song 2 (Blur cover) (with Graham Coxon)
Clint Eastwood
Don’t Get Lost in Heaven
Demon Days

関連NEWS

  1. Gorillaz

    Gorillaz、「ソング・マシーン」プロジェクト第2弾の新曲“Désolé”が公開

  2. Bastille

    Bastille、Graham Coxonが参加した新曲“What You Gonna Do???”が公開

  3. ゴリラズ、ニュー・アルバムからの新曲“Sorcererz”が公開

  4. Damon Albarn

    Damon Albarn、GorillazでPaul McCartneyとコラボする可能性を示唆

  5. ゴリラズ、来週リリースの新作より“Hollywood”が公開

  6. ゴリラズのヌードル、聴くと怒りがこみ上げてくるアルバムについて語る

  7. ブラーのグレアム・コクソン、ブラーのニュー・アルバムが実現する可能性について語る

  8. デーモン・アルバーン、シリア人オーケストラとスペシャル・パフォーマンスを行うことが決定

  9. Blur

    Blur、『PARKLIFE』の25周年を記念したライヴ音源のリリースやマーチャンダイズの発売を発表

  10. blurの『シンク・タンク』のジャケットを含むbanksyの作品に類似疑惑が持ち上がる

  11. Noel Gallagher、Liam Gallagher

    Liam Gallagher、oasisとblurの対立は女性が原因だったとするNoel Gallagherの説に反論

  12. ブラーのグレアム・コクソン、ブラーとしてニュー・アルバムを制作する可能性について語る

  13. デーモン・アルバーン、ブリット・アウォーズ授賞式でEU離脱を批判

  14. ゴリラズ、ニュー・アルバムをサプライズでリリースか?

  15. Gorillaz

    Gorillaz、Schoolboy Qとの新曲となる“PAC-MAN”が公開

  1. The Kingsmen

    The KingsmenのMike Mitchellが逝去

    2021.04.19

  2. Moby

    Moby、オーケストラとの共演盤より「The Lonely Night」の音源が公開

    2021.04.19

  3. Surfaces

    Surfaces、ニュー・シングル「Wave of You」のMV公開

    2021.04.19

  4. マカロニえんぴつ

    マカロニえんぴつ、「はしりがき」EPリリースを記念した特番生配信…

    2021.04.19

  5. アメリカン・ユートピア

    デイヴィッド・バーン×スパイク・リー「アメリカン・ユートピア」<…

    2021.04.19

  6. Kid Cudi

    Kid Cudi、『サタデー・ナイト・ライヴ』のパフォーマンス映像が公開

    2021.04.19

  7. WANIMA

    WANIMA、東京 2020 NIPPON フェスティバル主催プログラム「わっさい…

    2021.04.19

  8. Guns N’ Roses、2016年のブラジル公演から35分を超える映像が…

    2021.04.19

  9. SHAED、ニュー・シングル「Osaka」がMVと共に公開

    2021.04.19

  10. Judas PriestのRob Halford、新型コロナのワクチンを摂取するようフ…

    2021.04.19

  1. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、出演日別ラインナップ第1弾発表

    2021.04.16

  2. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  4. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  5. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  6. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  7. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  8. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  9. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  10. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14