ジョン・レノン、新たな伝記映画が制作されていることが明らかに

HBOの『KIZU-傷』や『ビッグ・リトル・ライズ』を手掛けた監督のジャン=マルク・ヴァレはジョン・レノンとオノ・ヨーコの伝記映画を監督すると報じられている。

ジャン=マルク・ヴァレは映画『ソーシャル・ネットワーク』を手掛けたプロデューサーのマイケル・デ・ルカ、『博士と彼女のセオリー』を手掛けた脚本家のアンソニー・マッカーテンと共に昨年からこの映画の制作に取り組んでいるという。マイケル・デ・ルカによれば、ジャン=マルク・ヴァレが参加する前は「アメリカでの恋愛や勇敢さ、社会運動といった、過去でありながら現在に通じるテーマを扱う」ものだったという。

今回、ジャン=マルク・ヴァレは監督でだけでなく、アンソニー・マッカーテンによる脚本も書き直すとされている。ジャン=マルク・ヴァレが2人の関係をどのように描くかは明らかになっていないが、彼のこれまでの作品のようによりダークなテーマを扱うことが示唆されており、美化されてきたドラッグの使用といったジョン・レノンや夫妻の華やかな側面はそれほど扱わないものになりうるという。

現時点で出演者や映画の公開時期は明らかにされていない。

一方、オノ・ヨーコは通算20作目のアルバムとなるニュー・アルバム『ウォーゾーン』がリリースされており、ジョン・レノンの78回目の誕生日となった10月9日に“Imagine”のニュー・バージョンが公開されている。

“Imagine”のニュー・バージョンについてオノ・ヨーコは次のように語っている。「この曲をやるのは怖かった。トム(プロデューサーのトーマス・バートレット)も少し怖がっていたんじゃないかと思います。世界中の人が知っている曲ですから。でも、今回のアルバムのテーマに合うと思ったから、やるべきだと決心しました」

関連NEWS

  1. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE出演の映画『ラビリンス』、続編の監督候補が明らかに

  2. Dave Grohl

    Dave Grohl、キアヌ・リーブス主演シリーズの映画に出演していることが明らかに

  3. Queen

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』、海外での映像商品の発売が決定

  4. Alan-McGee

    Alan McGeeの伝記映画『クリエイション・ストーリーズ』より最初のメイキング写真が公開

  5. ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンの妻、事件の2ヶ月前に計画を明かされていたと語る

  6. Sigur Ros

    Sigur Rosのヨンシーとトロイ・シヴァンが挿入歌を手掛けた映画『ある少年の告白』の日本公開が決定

  7. Bono&Halsey&Pharrell Williams

    Bono&Halsey&Pharrell Williamsら、映画『SING/シング2』への出演が決定

  8. ベル・エポックでもう一度

    『ベル・エポックでもう一度』ポスター&場面写真が解禁

  9. ブルーノート・レコードを描いたドキュメンタリー映画の日本公開が決定

  10. Beatles

    The Beatlesを知らない世界を描いた映画『イエスタデイ』、サントラの日本盤ジャケットが解禁

  11. DAVID BOWIE

    DAVID BOWIE、制作中の伝記映画から主演俳優の写真が初めて公開

  12. アメリカン・ユートピア

    デイヴィッド・バーン×スパイク・リー「アメリカン・ユートピア」<Once In A Lifetime>演奏シーン解禁

  13. Boy George

    Boy George、Culture Clubで成功を収めるまでを描いた伝記映画が制作されることに

  14. 寛解の連続

    光永惇監督『寛解の連続』、劇場公開版の本予告編を解禁。曽我部恵一よりコメントも到着

  15. ジョン・レノンやカート・コバーン、デヴィッド・ボウイの手書き文字がフォントに