ノエル・ギャラガー、新作について「70年代のディスコ風」サウンドだと明かす

ノエル・ギャラガーは現在取り組んでいる新作の進捗状況に言及して、アルバムのサウンドは「70年代のディスコ風」であり、来年のリリースを目指していることを明かしている。

ノエル・ギャラガーは『エニー・ロード・ウィル・ゲット・アス・ゼアー(イフ・ウィー・ドント・ノウ・ホエア・ウィーアー・ゴーイング)(原題)』と題された自身初となる書籍を11月に刊行することを記念して、現地時間10月23日にロンドンのキングス・プレイスでQ&Aセッションを行っており、『NME』もこれに参加している。

ノエル・ギャラガーは聴衆に対し、ここ数週間の間ロンドンのアビイ・ロード・スタジオに入っていたことに言及した上で、来たる南米ツアーが終わった後に再びプロデューサーのデヴィッド・ホルムズとともにアルバム制作に取り組み始めることを明かしている。

ノエル・ギャラガーは曲のインスピレーションについて、アーティストとして成功したことでオーディエンスとの距離が広がり続けていることへの懸念を語っている。「(ロンドンの高級住宅地である)プリムローズ・ヒルに住んでいるロックスターについての面白いアルバムなんて誰も作れないわけでね」とノエル・ギャラガーは語り、曲を書くために幼少期の友人や当時の記憶を振り返っていることを明かしている。

「雨のことだったり、“shine”っていう言葉を使った曲はたくさん書けるわけでね。俺もそういうのを何度も使ってしのいできたわけだけどさ」とノエル・ギャラガーは冗談混じりに語っている。「俺はこれまでに“Wonderwall”と同じコードを6回も使っているんだよ。そして実を言うと、まだ枯渇してないっていうね」

ノエル・ギャラガーは続けて、新作では前作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』でデヴィッド・ホルムズと取り組んでいたような「実験的なこと」に取り組みたいとして、よりスタジオの中で曲を書き、オアシスやこれまでのソロ作品で繰り返し使っていたような「トリック」は使わないようにしたいと語っている。

これまでに書いている楽曲のサウンドについて訊かれると「70年代のディスコ風」であるとした上で、「この世の始まり」のようなサウンドだと答えている。ノエル・ギャラガーは新作について、来年のリリースを目指していることを明かしている。

同じインタヴューの中で、ノエル・ギャラガーはハイ・フライング・バーズとのツアーについても語っている。「俺はよくバンドの連中にこう言うんだよ。『ここには何かで世界で一番になっている奴はいない』ってね」と彼は語っている。「言ってること分かるかい? 俺たちはグループなんだ。全員で音を鳴らして、それをみんなが気に入ってくれるんだ。俺についても、最高のシンガーじゃないし、最高のギタリストでもないからね。けど、俺自身でいるっていうことについて言えば、世界で一番だね。たくさんの奴が金を払ってまで俺になろうとしてるんだからね。まあ、それは楽勝だよ」

ノエル・ギャラガーは先日、2枚のニュー・アルバムに取り掛かる可能性を示唆しているほか、『NME』とのインタヴューで新作について「ポリスとザ・キュアーが一緒にバンドを組んだようなもの」になると語っている。

ノエル・ギャラガーは『NME』に次のように語っている。「13歳以来、初めて家にギターがないんだよ。それでベースで曲を書いていたんだ。信じられないよな。あらゆる感情を排して、よりグルーヴが得られるんだよ。でも、それが気に入ってるんだ。だから、それがここのところやってたことだね。だから、今のところ書いているものはどれもポリスとか、ザ・キュアーとか、ポリスとザ・キュアーが一緒にバンドを組んだようなものになっているんだ」

夢のコラボレーションについて訊かれると、ノエル・ギャラガーは次のように語っている。「ニール・ヤング&クレイジー・ホースは言っておきたいよな。彼らと曲を書いてレコーディングしたら、とんでもないものになるよ。モリッシーともやりたいよな。俺の10代の大きな部分を占めているからね。ショーン・ライダーとも曲を書いてみたいな。素晴らしいものになるはずだよ」

ノエル・ギャラガーはこの日のQ&Aセッションでハイ・フライング・バーズとのツアーをオアシス時代を引き合いに出して語っているほか、弟のリアム・ギャラガーはプリティーグリーンで稼いでいるのでオアシスを再結成する必要などないはずだと疑問を呈している。

著書『エニー・ロード・ウィル・ゲット・アス・ゼアー(イフ・ウィー・ドント・ノウ・ホエア・ウィーアー・ゴーイング)』は11月1日に刊行される。

関連NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、10年後もまだツアーをやっているはずと語る

  2. ノエル・ギャラガー、お蔵入りにしていたアルバムの音源を最近見つけたと明かす

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、Liam Gallagherのライヴを観るくらいならクソでも食ったほうがマシと語る

  4. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、6月にリリースされるEPの他に今年2枚のEPをリリースすると明かす

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、Oasisの再結成について自分が言わない限り実現しないと発言

  6. LEWIS CAPALDI

    LEWIS CAPALDI、自身をチャートから追い出したければoasisを再結成するべきだと語る

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、刃物を使った事件が相次ぎロンドンからの引っ越しを考えていると語る

  8. ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす

  9. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Noel GallagherとLEWIS CAPALDIの一連の論争に言及

  10. イングランド代表、W杯での敗退を受けてサポーターが“Don’t Look Back In Anger”を熱唱

  11. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、oasis時代のマスター音源を最高額を提示した入札者に売りたいと語る

  12. ノエル・ギャラガー、ガンズ・アンド・ローゼズの再結成について語る

  13. Noel Gallagher、Liam Gallagher

    Noel Gallagher、Liam GallagherにドキュメンタリーでOasisの曲を使わせなかった理由を明かす

  14. Liam Gallagher、Noel Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherが自分と会いたがっているとツイート

  15. ノエル・ギャラガー、『Q』アウォーズの授賞式で弟のリアム・ギャラガーへの感謝を語る

  1. Doja Cat

    Doja Cat、『ホット・ピンク』の世界初CD化が決定

    2020.10.27

  2. マキシマム ザ ホルモン

    マキシマム ザ ホルモン、ライブイベントの開催を公式YouTubeにて突…

    2020.10.26

  3. TOTALFAT

    TOTALFAT主催「PUNISHER’S NIGHT 2021」開催決定

    2020.10.26

  4. ARABAKI ROCK FEST.

    ARABAKI ROCK FEST.ダイジェスト映像が無料配信!

    2020.10.26

  5. 小西真奈美

    小西真奈美、新作『Cure』からの先行SG「君とはもう逢えなくても」…

    2020.10.26

  6. カルメン・マキ&OZ、43年ぶりの東京追加公演決定!

    2020.10.26

  7. Corey Taylor

    Corey Taylor、「Black Eyes Blue」のアコースティック音源が公開

    2020.10.26

  8. Eddie Van Halen

    Eddie Van Halen、追悼のためにオランダの教会が鐘で彼の楽曲を演奏

    2020.10.26

  9. Spencer Davis

    The Spencer Davis GroupのSpencer Davisが享年81歳で逝去

    2020.10.26

  10. Kendrick Lamar

    Kendrick Lamar、アルバムの間が空いてしまう理由について語る

    2020.10.26

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01