クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、ライヴ・エイドの全編シーンが存在することが明らかに

クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』の出演者は「ライヴ・エイド」でのパフォーマンスを全編通しで撮影していたことを明らかにして、フル・バージョンの映像が公開される可能性に言及している。

10月24日にイギリスで公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、1970年のクイーンの結成から1985年の7月13日に出演した「ライヴ・エイド」まで、彼らがスターとして歴史に名を刻む歩みを描いたものとなっている。クイーンは「ライヴ・エイド」で、“Bohemian Rhapsody”、“Radio Ga Ga”、“Hammer to Fall”、“Crazy Little Thing Called Love”、“We Will Rock You”、“‘We Are the Champions”の6曲を披露している。

キャストは映画を編集しやすいように「ライヴ・エイド」の6曲のパフォーマンスを通しで撮影しており、フル・バージョンの映像が公開される可能性に言及している。

映画に出演しているラミ・マレック、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョゼフ・マゼロはエンタテインメント・サイト「コライダー」によるインタヴューの中で、ライヴ・シーンのフル・バージョンの映像が存在していることを明かし、DVDなどがリリースされるタイミングで特典映像として収録される可能性を示唆している。

「僕たちはコンサートを全編通しで撮影したんだ」とラミ・マレックは語っている。「あの時は、自分たちのベストだと思ったね。同じ量のアドレナリンを出し続けるために、次々と曲をやっていく必要があったんだよ。観客としてクイーンのファンも参加していて、あの象徴的なコンサートを再現したんだ。想像していた以上にアドレナリンが出ていたね」

「撮影に臨む前に、映像を何度も観て勉強していたんだ」とブライアン・メイ役を演じるグウィリム・リーは語っている。「映像を観る度に、そのすべてに魅了されていたことを覚えているよ。とりわけ、7万人の人々を一度に惹きつけられるフレディの才能は圧巻だったね」

「研究している時にコンピューターの小さいスクリーンで観た、その時の興奮を覚えているよ。それをステージの上で完璧にコピーすることができたんだ。周囲を見渡すと、衣装もすべて揃っていて、メイクもし終えていた人たちがいて、細部まで再現されていたんだ…….すごくシュールな時間だったよ」

ラミ・マレックはコンサート全編の模様については「カットされた」として、次のように続けている。「僕らももうすぐ観られることになるはずだよ。そして、みんなもね」

RECOMMEND NEWS

  1. イギー・ポップがナレーションを務める映画『バンクシーを盗んだ男』、日本公開が決定

  2. クインシー・ジョーンズ、ネットフリックスで配信されるドキュメンタリーのトレイラー映像が公開

  3. ジョン・レノン、新たな伝記映画が制作されていることが明らかに

  4. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、マレーシアで大幅にカットされていることが明らかに

  5. フレディ・マーキュリーの伝記映画、マイク・マイヤーズが出演交渉中と報道

  6. クイーンの映画、フレディ・マーキュリーの誕生日を記念して特別映像が公開

  7. クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』、主演のラミ・マレックについてのメイキング映像が公開

  8. レディオヘッドのトム・ヨーク、映画『ファイト・クラブ』の音楽を依頼されていたことを明かす

  9. 映画『ジャスティス・リーグ』のサウンドトラック、12/6に日本盤のリリースが決定

  10. クイーンの“Bohemian Rhapsody”、3度目となる全米シングル・チャート入りを果たしたことが明らかに

  11. スヌープ・ドッグ&メソッド・マン、映画『フューチャーワールド』の場面写真が解禁

  12. 映画『スパイナル・タップ』、公式Tシャツ第2弾の発売が決定

  13. モーターヘッド、最後の公式ライヴ映像『クリーン・ユア・クロック』よりキーアート第2弾が公開

  14. ビヨンセ主演『ドリームガールズ』、Zepp上映でトークショーの開催が決定

  15. フレディ・マーキュリーの伝記映画、公開が前倒しされることに