ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、新曲“Gun To The Head”が公開

ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンは来たるニュー・アルバムより新曲“Gun To The Head”が公開されている。

ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンは11月16日に待望のセカンド・アルバム『メリー・ランド』をリリースすることが決定している。ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンはデーモン・アルバーンとザ・クラッシュのポール・シムノン、ザ・ヴァーヴのサイモン・トング、ドラマーのトニー・アレンというメンバーで、2007年1月にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースしている。

新曲“Gun To The Head”はこちらから。

アルバムからはタイトル曲である“Merrie Land”の音源が公開されている。

新作は「UKがEUを離脱しようとしている現代に、気が乗らないながらもお別れの手紙として書かれたもので、2018年のイギリス情勢を観察し、それを反映したものとなっている」という。

説明は次のように続けられている。「『メリー・ランド』では、ロンドンをテーマにしていたザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンのファースト・アルバムよりも幅広い場所に焦点が当てられており、EUとの関係が切れつつある中で、アングロサクソン優位主義の危機に瀕している今日のイギリスを救う術を模索する、美しい希望に満ちた賛歌となっている」

「過去と現在を共存させる彼らの創造性や、一人一人のこれまでの功績を鑑みれば、現代の生活における期待感や不透明感、混乱を彼らほど完璧に描写できるバンドは存在しないかもしれません」

『メリー・ランド』のトラックリストは以下の通り。

Merrie Land
Gun to the Head
Nineteen Seventeen
The Great Fire
Lady Boston
Drifters & Trawlers
The Truce of Twilight
Ribbons
The Last Man to Leave
The Poison Tree

RECOMMEND NEWS

  1. ゴリラズ、6月に単独来日公演が決定

  2. blurの『シンク・タンク』のジャケットを含むbanksyの作品に類似疑惑が持ち上がる

  3. デーモン・アルバーン、プリンスとのコラボレーションを断った理由を明かす

  4. ゴリラズ、新たな作品を6/29にリリースか

  5. ブラーのグレアム・コクソン、ブラーのニュー・アルバムが実現する可能性について語る

  6. ゴリラズ、ドイツ公演で4曲の新曲を初披露

  7. レッチリ、ゴリラズら、明日10/7午前4時よりオースティン・シティ・リミッツの模様が生中継

  8. デーモン・アルバーン、カニエ・ウェストによるポール・マッカートニーとの共作を批判

  9. デーモン・アルバーン、ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーンの新作が大詰めに入っていると語る

  10. ゴリラズ、新作『ザ・ナウ・ナウ』を全曲演奏するワールド・プレミアとなる追加公演が決定

  11. リアム・ギャラガー、「俺がブラーと問題があったことはない」と語る

  12. デーモン・アルバーン、ブリット・アウォーズ授賞式でEU離脱を批判

  13. リチャード・アシュクロフト、新作より“Born To Be Strangers”のビデオが公開

  14. ゴリラズ、来週リリースの新作より“Hollywood”が公開

  15. ザ・グッド、ザ・バッド・アンド・ザ・クイーン、新作のタイトル・トラックが公開