ノエル・ギャラガー、オアシスの最盛期は自分がすべてを掌握していたからと語る

ノエル・ギャラガーは新たなインタヴューの中で、オアシスの絶頂期は自分が覇権を握っていたことがその素晴らしい作品に繋がったと述べている。

ノエル・ギャラガーは現在、初となる著書『エニー・ロード・ウィル・ゲット・アス・ゼアー(イフ・ウィー・ドント・ノウ・ホエア・ウィーアー・ゴーイング)(原題)』のプロモーションを行っている。本書は彼の最新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?』の制作過程やその後のツアーを追ったものとなっている。ソロ・アーティストとしての生活を満喫するなかで、オアシスの最盛期においてもクリエイティヴ面での主導権を握ることは重要なことだったとノエル・ギャラガーは述べている。

「俺がすべてを掌握していた時のオアシスがよかったというのは偶然じゃないんだよ」とノエル・ギャラガーはアルゼンチン版『ローリング・ストーン』誌に語っている。「みんな成長して、自分の意見を主張する必要を感じるわけだけど、それは俺にとっても悪くないかもと思ったんだ。俺の歌うことや着るもの、なにをするかについて指図するなっていうアティテュードを持ったロックスターだったわけだからね」

彼は次のように続けている。「俺がバックシートで過ごすというアイディアもいいなと思ったんだよね。でも、そうじゃない時が俺たちの最盛期だったというのは偶然じゃないんだよ。今はハイ・フライング・バーズで、すべてをコントロールしていて、元に戻ることになったわけだけどさ」

このインタヴューでノエル・ギャラガーはオアシスにいない今は「見た目もいい感じだし、いいバンドも」いると語っている。

「10年後もまだツアーをやっているはずだよ。若くなっているし、見た目もいい感じだし、いいバンドもいて、いい曲を書いている。俺は幸せだし、マンチェスター・シティもプレミア・リーグも3度優勝したし、これ以上何を求めるっていうんだよ」

ノエル・ギャラガーは先日、2枚のニュー・アルバムに取り掛かる可能性を示唆しているほか、『NME』とのインタヴューで新作について「ポリスとザ・キュアーが一緒にバンドを組んだようなもの」になると語っている。

RECOMMEND NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、ロックスターが生まれなくなってしまった原因について語る

  2. デーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーについて同志のような存在と語る

  3. ノエル・ギャラガー、“She Taught Me How To Fly”のリリック・ビデオが公開

  4. ベルセバのスチュアート・マードック、ノエルによる90年代のほうが自由だったという意見に反論

  5. ノエル・ギャラガー、最も窓から眺めていたい景色は日本にあることを明かす

  6. オアシス、ADAM ET ROPÉより別注Tシャツコレクションが発売決定

  7. ノエル・ギャラガー、オアシス脱退翌日にメタリカのラーズ・ウルリッヒからもらったメールを明かす

  8. オアシス、メンバー同士を最初に引き合わせた人物がバンドの再結成の可能性に言及

  9. ノエル・ギャラガー、“Live Forever”がイギリス史上最高の楽曲に選ばれたことにコメント

  10. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ノエル&リアム・ギャラガーについて語る

  11. ノエル・ギャラガー、U2とのツアーでボノから逃げ出そうとした体験について語る

  12. リアム・ギャラガー、オアシスの再結成が実現しない原因として再びノエルの妻を批判

  13. ノエル・ギャラガー、プレミア・リーグ優勝を決めたマンチェスター・シティを祝福

  14. リアム・ギャラガー、兄のノエル・ギャラガーにオアシスの再結成を持ちかける

  15. ノエル・ギャラガー、“God Help Us All (Demo)”のリリック・ビデオが公開に