フー・ファイターズのデイヴ・グロール、死ぬまでに共演したいアーティストを明かす

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは新たなインタヴューでドラマーとして死ぬまでに共演したいバンドを明かしている。

デイヴ・グロールはこれまでのキャリアで幅広いアーティストとコラボレーションしており、メルヴィンズやトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、テネイシャスD、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、デヴィッド・ボウイらと共演している。

デイヴ・グロールは『フォーブス』誌とのインタヴューの中で、死ぬまでに共演したいアーティストとしてAC/DCだけが残っていることを明かしている。

「彼らが最後の1組だね。これしかないよ」とデイヴ・グロールは語り、一方でオリジナル・ドラマーのフィル・ラッドがAC/DCに復帰したとする噂に言及して、自身の役目はないかもしれないとしている。

「フィル・ラッドが戻ってきたみたいだけどね。彼らのカタログを聴くと、初期の頃は少し大胆な感じで、その後にグルーヴが加わることになるんだ。まさにそこなんだよ。フィル・ラッドのおかげなんだよね。AC/DCの鍵はフィル・ラッドが握っているんだ」

デイヴ・グロールは先日、多くの著名人らが参加した中間選挙に先駆けた政治集会でオーディエンスに投票を呼びかけている。「ザ・ラスト・ウィークエンド」と題されたイベントの中で、デイヴ・グロールはヤー・ヤー・ヤーズのヒット曲“Heads Will Roll”のパフォーマンスにドラマーとして参加しているほか、ベックのパフォーマンスにも参加して“Where It’s At”を披露している。

一方、デイヴ・グロールは先日、バンドメイトのテイラー・ホーキンスとメタリカのライヴを訪れて観客を驚かせている。デイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスは、コメディアンのジム・ブルワーがバックステージの様子を中継する映像に登場しており、映像は会場となるアリーナの大スクリーンに映されている。

RECOMMEND NEWS

  1. Foo Fighters

    Foo Fightersのデイヴ・グロール、米テレビ番組で悪魔に扮して出演した映像が公開

  2. デイヴ・グロールやビリー・コーガンら、最もハッピーになれる楽曲は何かという質問に答える

  3. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  4. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセルとスラッシュとダフ、フー・ファイターズの公演に飛び入りで参加

  5. フー・ファイターズ、イーグルスのジョー・ウォルシュと共演して“Rocky Mountain Way”を披露

  6. デイヴ・グロール、ニルヴァーナの楽曲を元メンバーたちと演奏した時の心境を振り返る

  7. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、1人で全パートをレコーディングした23分の楽曲“Play”のビデオが公開

  8. リック・アストリー、フー・ファイターズとのサマソニでのコラボについて舞台裏を語る

  9. Foo Fighters

    フー・ファイターズのデイヴ・グロール、フード・バンクによるチャリティ・イベントでバーベキューを振る舞う

  10. Dave-Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、再びステージから落下した映像がオンラインに

  11. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ホワイト・ストライプスのメグの素晴らしさについて語る

  12. フー・ファイターズ、自身のフェスティバル「CAL JAM」の今年のラインナップを発表

  13. デイヴ・グロール、カート・コバーンの死後2度目となる“In Bloom”のパフォーマンスを披露

  14. フー・ファイターズ、ブリット・アウォーズ2018授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  15. フー・ファイターズ、主催フェス「CAL JAM」の日本特使にマキシマムザ亮君が就任