フー・ファイターズのデイヴ・グロール、死ぬまでに共演したいアーティストを明かす

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは新たなインタヴューでドラマーとして死ぬまでに共演したいバンドを明かしている。

デイヴ・グロールはこれまでのキャリアで幅広いアーティストとコラボレーションしており、メルヴィンズやトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、テネイシャスD、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、デヴィッド・ボウイらと共演している。

デイヴ・グロールは『フォーブス』誌とのインタヴューの中で、死ぬまでに共演したいアーティストとしてAC/DCだけが残っていることを明かしている。

「彼らが最後の1組だね。これしかないよ」とデイヴ・グロールは語り、一方でオリジナル・ドラマーのフィル・ラッドがAC/DCに復帰したとする噂に言及して、自身の役目はないかもしれないとしている。

「フィル・ラッドが戻ってきたみたいだけどね。彼らのカタログを聴くと、初期の頃は少し大胆な感じで、その後にグルーヴが加わることになるんだ。まさにそこなんだよ。フィル・ラッドのおかげなんだよね。AC/DCの鍵はフィル・ラッドが握っているんだ」

デイヴ・グロールは先日、多くの著名人らが参加した中間選挙に先駆けた政治集会でオーディエンスに投票を呼びかけている。「ザ・ラスト・ウィークエンド」と題されたイベントの中で、デイヴ・グロールはヤー・ヤー・ヤーズのヒット曲“Heads Will Roll”のパフォーマンスにドラマーとして参加しているほか、ベックのパフォーマンスにも参加して“Where It’s At”を披露している。

一方、デイヴ・グロールは先日、バンドメイトのテイラー・ホーキンスとメタリカのライヴを訪れて観客を驚かせている。デイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスは、コメディアンのジム・ブルワーがバックステージの様子を中継する映像に登場しており、映像は会場となるアリーナの大スクリーンに映されている。

関連NEWS

  1. Dave-Grohl

    Foo FightersのDave Grohl、再びステージから落下した映像がオンラインに

  2. Nirvana

    Nirvana、Scentless Apprenticeの初期バージョンのデモ音源が公開

  3. フー・ファイターズ、最新作のレコーディングでのスタジオ開放主義について語る

  4. フー・ファイターズ、本日リリースの新作のメイキング・アニメーション映像が公開に

  5. デイヴ・グロールの23分の楽曲“Play”に合わせてドラムを叩く赤ちゃんの映像に本人が反応

  6. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ライヴで再び足を骨折しかける

  7. フー・ファイターズ、イーグルスのジョー・ウォルシュと共演して“Rocky Mountain Way”を披露

  8. フー・ファイターズ、俳優のジョン・トラヴォルタと共演

  9. David Grohl

    David Grohl、Chris Cornellの追悼公演でMetallicaやAudioslaveのメンバーと共演した映像が公開

  10. フー・ファイターズ、自身のフェスでニルヴァーナのロックの殿堂入りパフォーマンスを再現か

  11. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、娘と共にアデルの“When We Were Young”をカヴァー

  12. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、1人で全パートをレコーディングした23分の楽曲“Play”のビデオが公開

  13. デイヴ・グロール、フー・ファイターズを映画化する際に自身を演じてほしい俳優を明かす

  14. フー・ファイターズ、キッスのメイクをしたファンが圧巻のギター・ソロを披露する映像がオンラインに

  15. レディング&リーズ・フェスティバル、ヘッドライナー以外の第1弾ラインナップも発表に