フー・ファイターズのデイヴ・グロール、死ぬまでに共演したいアーティストを明かす

フー・ファイターズのフロントマンであるデイヴ・グロールは新たなインタヴューでドラマーとして死ぬまでに共演したいバンドを明かしている。

デイヴ・グロールはこれまでのキャリアで幅広いアーティストとコラボレーションしており、メルヴィンズやトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、テネイシャスD、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、デヴィッド・ボウイらと共演している。

デイヴ・グロールは『フォーブス』誌とのインタヴューの中で、死ぬまでに共演したいアーティストとしてAC/DCだけが残っていることを明かしている。

「彼らが最後の1組だね。これしかないよ」とデイヴ・グロールは語り、一方でオリジナル・ドラマーのフィル・ラッドがAC/DCに復帰したとする噂に言及して、自身の役目はないかもしれないとしている。

「フィル・ラッドが戻ってきたみたいだけどね。彼らのカタログを聴くと、初期の頃は少し大胆な感じで、その後にグルーヴが加わることになるんだ。まさにそこなんだよ。フィル・ラッドのおかげなんだよね。AC/DCの鍵はフィル・ラッドが握っているんだ」

デイヴ・グロールは先日、多くの著名人らが参加した中間選挙に先駆けた政治集会でオーディエンスに投票を呼びかけている。「ザ・ラスト・ウィークエンド」と題されたイベントの中で、デイヴ・グロールはヤー・ヤー・ヤーズのヒット曲“Heads Will Roll”のパフォーマンスにドラマーとして参加しているほか、ベックのパフォーマンスにも参加して“Where It’s At”を披露している。

一方、デイヴ・グロールは先日、バンドメイトのテイラー・ホーキンスとメタリカのライヴを訪れて観客を驚かせている。デイヴ・グロールとテイラー・ホーキンスは、コメディアンのジム・ブルワーがバックステージの様子を中継する映像に登場しており、映像は会場となるアリーナの大スクリーンに映されている。

RECOMMEND NEWS

  1. 725個のルービック・キューブで作られたデイヴ・グロールの肖像が公開

  2. デイヴ・グロールやパット・スメアら、カルジャムでニルヴァーナの楽曲を6曲披露

  3. ウィーザー、フー・ファイターズとのジョイント・ツアーを行うことになった理由を語る

  4. クリス・コーネル、メタリカやフーファイらが出演する追悼コンサートが開催されることに

  5. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、『ソニック・ハイウェイズ』の続編の可能性に言及

  6. ガンズ・アンド・ローゼズのアクセルとスラッシュとダフ、フー・ファイターズの公演に飛び入りで参加

  7. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、ホワイト・ストライプスのメグの素晴らしさについて語る

  8. デイヴ・グロールの23分の楽曲“Play”に合わせてドラムを叩く赤ちゃんの映像に本人が反応

  9. デイヴ・グロール、カート・コバーンが亡くなった時期の自身を振り返る

  10. デイヴ・グロール、ニルヴァーナでソングライティングを担当しなかった理由を明かす

  11. ベック、フー・ファイターズのデイヴ・グロールをドラマーに迎えたコラボレーションが実現

  12. フー・ファイターズ、自身のフェスティバル「CAL JAM」の今年のラインナップを発表

  13. フー・ファイターズのデイヴ・グロール、バンドのサウンドが変わり映えしないという批判に答える

  14. フー・ファイターズ、LAで展開しているポップアップ・ショップの会場でサプライズ・ライヴを披露

  15. フー・ファイターズ、米TV番組「エレンの部屋」でパフォーマンスを披露