The 1975のマット・ヒーリー、幼少期に受けたマイケル・ジャクソンからの影響について語る

The 1975

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーは、幼少期にマイケル・ジャクソンのミュージック・ビデオを観たことで当時囲まれていたロックスターたちとは「異なる存在」になることを決意したことを明かしている。

マット・ヒーリーは『ザ・タイムズ』紙とのインタヴューの中で、TVドラマ『アウフ・ヴィーダーゼーエン、ペット』に出演していた父親のティム・ヒーリーのおかげで、幼少期にリンゴ・スターやブライアン・ジョンソン、ダイアー・ストレイツの マーク・ノップラー、リック・ウェイクマンらと会うことができたことを明かしている。

「父親が出演していた番組はすごく政治的でとてもクールなものだったから、彼が何かを代弁しているように見えたんだよね。それで、誰もが父親に会いたいと望んでいたんだ」

マット・ヒーリーは続けて、デヴィッド・ボウイの“Life On Mars?”などで知られるピアニストのリック・ウェイクマンからロックスターになるために必要なことを教えてもらったとした上で、自身はそれ以上にマイケル・ジャクソンの存在感に惹かれていたことを明かしている。

「みんなが、彼はすごく変わっていて、他の惑星から来たみたいだっていうことを言っていてね」とマット・ヒーリーはマイケル・ジャクソンのミュージック・ビデオを観た父親の友人らの反応について語っている。「『俺はこの人たちよりも彼に近いな』って思ったことを覚えているよ」

「(彼らとは)異なる存在になるっていう考えを怖いと思ったことはなかったよ」とマット・ヒーリーは語っている。「僕はミュージシャンになるつもりなんてなかったんだ。そういう類のミュージシャンにはね」

ザ・1975は11月30日に最新作『ネット上の人間関係についての簡単な調査』をリリースしており、前日には同作のリリースに先駆けてキングストン・アポン・テムズで小規模な公演を行っている。

一方、マット・ヒーリーは先日、『ネット上の人間関係についての簡単な調査』に続けてリリースされる新作『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』について語っている。

マット・ヒーリーは同作に“Frail State of Mind”と題された楽曲が収録されていることを明かしており、同曲についてUKガレージに乗せて社会的な不安について歌ったものであると説明している。

関連NEWS

  1. Lauv、The 1975

    Lauv、The 1975のMVとの類似性を指摘されてMatt Healyに謝罪

  2. The 1975

    The 1975、新曲“If You’re Too Shy (Let Me Know)”をリリースすることに

  3. The 1975

    The 1975、新曲“The 1975”を発表

  4. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新型コロナウイルスは大きなリセットだと語る

  5. Matty Healy

    The 1975のMatty Healy、新作に参加した父親に賛辞を寄せる

  6. The 1975

    The 1975、ロンドンのフィンズベリー・パーク公演が延期される可能性が浮上

  7. ザ・1975、大御所には自分たちほど興味深いことをやっているバンドはいないと語る

  8. matty healy

    The 1975のMatty Healy、Taylor Swiftのアコースティック作を手掛けたいと語る

  9. Matt Healy

    The 1975のMatt Healy、Drive Like I Doの作品を仕上げていると投稿

  10. The 1975

    The 1975、別プロジェクトのDrive Like I Doのウェブサイトが公開

  11. ザ・1975、現地時間5/31放送のラジオ番組で新曲を公開することを示唆

  12. The 1975

    The 1975のマット・ヒーリー、バンドの来たる新作について3作目とはまったく違う作品になると語る

  13. BBCによるフェス、ビッグ・ウィークエンドの第1弾出演者が発表に

  14. The 1975

    The 1975、通算4作目となる『仮定形に関する注釈』がリリース

  15. The 1975

    The 1975、2020年にUK/アイルランドでアリーナ・ツアーを行うことを発表