Bring Me The Horizon「amo」に寄せたLiSAやCrossfaithのKoieらのコメントを公開

Bring-Me-The-Horizon
ブリング・ミー・ザ・ホライズンは1月25日にリリースされた新作『アモ』に寄せられた日本人アーティストからのコメントが公開されている。 今回公開されたコメントは以下の通り(五十音順)。

彼らほどアルバムを出すたびに、進化していき数多くのフォロワーを生み出してきたロックバンドはいないだろう。それと同時に肥大した大衆的なメッセージを繕う腐ったアーティストとは違い、変わらないアティテュードを押し通してきたバンドがブリング・ミー・ザ・ホライズンだ。今回の『amo|アモ』は前作『ザッツ・ザ・スピリット』で得た大きな成功、ロックバンドとしての器を自ら投げ割り、今のロックバンドの多くの人が心のどこかに隠していた不安に真っ向から挑戦とも挑発ともとれる姿勢で創りあげた、真の意味でのロックアルバムなのだと思う。 Koie (Crossfaith)

18歳の頃に聴いた『Suicide Season』から彼らはとにかく「尖ってる」という印象があって。「自分たちは型にはまらない」という信念を持って発信してるんだなぁと思いながら、その後のアルバムも聴いてました。『amo|アモ』は「今回はこうきましたか!」っていうのと、ラウドな要素はありつつ、音の歪み方が意外と優しい。でも決して物足りないわけではなく、やっぱり尖ってるんですよね。あと僕はグライムスがめちゃくちゃ好きなんで、コラボしてるのはアガりました。 HIROSHI (FIVE NEW OLD)

僕は職業上、様々な音楽をダンス・ミュージックのように聴いてしまうんですが、ドリーミーな声ネタがあったり、ドロップ的なアプローチでヴォーカルを使ったり、バンドの楽器の演奏とは別に遠めのところでサンプリングを入れたり、今のダンス・ミュージックに雰囲気が近くて。バンドがダンス・ミュージックに接近していくことはよくあるけど、これはクロスオーバーがすごく上手くいってるアルバムだなと思いました。 Masayoshi Iimori (TREKKIE TRAX)

ブリング・ミーは初期のデスコアのような路線が一番好きで、4thや5thからバンドの方向性が大きく変わってきてるのも見てましたが、『amo|アモ』は更に今っぽいポップミュージックとしてアップデートされた印象です。普段はヒップホップ、ポップス、ダンス・ミュージックをよく聴いていますが、そんな僕が聴いても違和感なく入ってくるアルバム。昔好きだったブリング・ミーの要素もあるし新鮮です。また、いろんな音楽が混ざり合っているこの時代ならではの最新型バンドサウンドなのかなとも思いました。 futatsuki (TREKKIE TRAX)

デジタルな要素が多くなって、ブリング・ミー・ザ・ホライズンにしかできないサウンドの変化があるけど、入口はちゃんとバンド・サウンドなんですよね。いろんな挑戦はしつつ、「お前らのことは置いていかないよ」っていうメッセージを最初に示してくれている。だからファンは付いていくんだろうなって思います LiSA

また、ブリング・ミー・ザ・ホライズンは新たに2曲のスタジオ・ライヴ映像も公開されている。
さらにブリング・ミー・ザ・ホライズンはアルバムのリリースを記念したオフィシャル・リリース・パーティーが開催されることも決定している。 オフィシャル・リリース・パーティーの概要は以下の通り。
BRING ME THE HORIZON『amo』OFFICIAL RELEASE PARTY
開催日時: 2/1(金) 19:00~23:00 会場: Music Bar ROCKAHOLIC-Shibuya- イベント詳細はこちら: https://gekirock.com/news/2019/01/bmth_release_party.php

リリースの詳細は以下の通り。

Bring Me The Horizon | ブリング・ミー・ザ・ホライズン 『amo | アモ』 国内盤CD 2019年1月30日(水)発売予定

1

2

関連NEWS

  1. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC2019、特典BOX付き1DAYチケット完売を受けてマグカップ付き1DAYチケットの販売が決定

  2. Warp Records

    Warp Records、30周年を記念してアーティストや著名人による第3弾プレイリストが公開

  3. GLAY 結婚式サプライズに会場中が感動、新郎新婦は号泣

  4. 中島美嘉 一人二役演じたストーリー仕立てのMVが完成

  5. The Chemical Brothers

    The Chemical Brothers、『Surrender』の20周年盤の日本盤に99年フジロックより11曲が収録決定

  6. ナイル・ホーラン、ソロ・デビュー・アルバム『フリッカー』が10/20にリリースされることが決定

  7. キティー・デイジー&ルイス、2018年1月に来日公演が決定

  8. 山下達郎『クリスマス・イブ』が32年連続オリコンTOP100入り

  9. ベック、新作より“Colors”のミュージック・ビデオが公開に

  10. 英俳優、娘がベスティバルの会場で亡くなったことを受けて心境を明かす

  11. レモン・ツイッグス、今月リリースの新EPより新曲“Why Didn’t You Say That?”を公開

  12. ビヨンセ、『レモネード』のアナログ盤に過ってカナダのパンク・バンドの音源が収録されることに

  13. ジャスティン・ビーバー、『パーパス』ツアーのグッズがZOZOTOWN限定企画で販売

  14. GLAY『聖者のいない町』がドラマ「マクガイバー」ED曲に決定

  15. テイラー・スウィフト、新作『レピュテーション』のストリーミング配信を発売当初は見送りか

  1. The CarsのRic Ocasek

    The CarsのRic Ocasek、遺書から妻の名前を外していたことが明らかに

    2019.11.14

  2. Aphex Twin

    Aphex Twin、来週リリースのセッション作品より“Slo Bird Whistle”…

    2019.11.14

  3. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ホームレスの援助のためにパーカーを寄付するよう…

    2019.11.14

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、前所属レーベルを購入したScooter Brownを批判した理…

    2019.11.14

  5. Billie Eilish、Jack White

    Billie Eilish、Jack Whiteのスタジオでライヴ・アルバムをレコーデ…

    2019.11.14

  6. Beck

    Beck、来たる新作より新曲“Everlasting Nothing”の音源が公開

    2019.11.14

  7. Robbie Williams

    Robbie Williams、口論を繰り広げているLiam Gallagherを再び挑発

    2019.11.14

  8. Frank Ocean、Justice

    Frank Ocean、Justiceとのコラボレーション曲がリリースされる可能…

    2019.11.14

  9. KISS

    KISS、明日11/15放送のNHK総合「おはよう日本」でジーン・シモンズ…

    2019.11.14

  10. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、今年3作目の来たるEPに収録される新曲の一部が公開

    2019.11.14

  1. PACIFIC BEACH FESTIVAL presents FESTIVAL SAUCE

    PACIFIC BEACH FESTIVAL presents FESTIVAL SAUCE開催、第1弾アー…

    2019.10.10

  2. ラジオパーソナリティ・中村貴子主催『貴ちゃんナイト vol.12』 来…

    2019.10.07

  3. N’s60 - YOSHITOMO NARA 60th BIRTHDAY PARTY-

    「N’s60 – YOSHITOMO NARA 60th BIRTHDAY PARTY-」開催決定

    2019.10.05

  4. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 開催決定! ティザーサイトオープン!!

    2019.10.05

  5. VIVA LA ROCK

    『VIVA LA ROCK』2020年は4日間開催 埼玉県限定超先行チケット受付…

    2019.09.30