Alan McGee、アーヴィン・ウェルシュやダニー・ボイルが手がける自伝映画について語る

LiamGallagherAlanMcGee
アラン・マッギーは『トレインスポッティング』の著者であるアーヴィン・ウェルシュと手がけた自伝『クリエイション・ストーリーズ(原題)』の映画版にダニー・ボイルをエグゼクティヴ・プロデューサーとして迎えたことが発表されている。 アラン・マッギーは1983年にクリエイション・レコーズを設立しており、以来、1999年に倒産するまでオアシスやプライマル・スクリーム、ティーンエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなどのアーティストを輩出している。また、最近はマネージメント業にも乗り出しており、ジーザス&メリー・チェインやハッピー・マンデーズらのマネージメントを担当している。 映画『クリエイション・ストーリーズ』は同名のアラン・マッギーの自伝をもとにアーヴィン・ウェルシュとディーン・キャバナが脚本を手がけたものとなっている。映画にはルパート・エヴェレットやスキ・ウォーターハウス、ジェイソン・フレミングらが出演することが発表されている。また、ダニー・ボイルが監督した映画『トレインスポッティング』でスパッド役を演じたユエン・ブレムナーがアラン・マッギー役を演じることも明らかになっている。「ハリウッド・レポーター」の報道によれば、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』で知られるニック・モランが監督を務めるという。 「『トレインスポッティング』がクリエイションを手がけるようなものだね。コンセプトを理解してもらえればさ」とアラン・マッギーは『NME』に語っている。「ソニーの2人の重役が盛大にやり合っているのを僕が見ているというシーンがあるんだけどね。すごく面白いものになると思うよ」 1990年代の音楽業界を描いた小説『キル・ユア・フレンズ』を基にした映画『マッド・ドライヴ』で描かれているような当時の騒乱も見ることができるのかと訊かれると、アラン・マッギーは次のように答えている。「(『キル・ユア・フレンズ』の著者である)ジョン・ニヴェンは本当に才能があると思うよ。彼は彼自身のものを作り上げたわけだけど、僕の本は内容のほとんどが実際に起きたことだからね。映画はまさにそのアーヴィン版という感じなんだ」 「僕と父親が夕日に向かって歩いているシーンがあるんだけど、父親とは30年話していないわけでね。だからそれほど現実に忠実なものではないんだ」 彼は次のように続けている。「僕はダニー(・ボイル)やニック(・モラン)と何年にもわたって仕事ができていることを幸運に思っているし、このプロジェクトに2人やユエンに参加してもらえるというのは宝くじが当たったような気分だね」 『クリエイション・ストーリーズ』は2019年5月の後半よりロンドンで撮影が開始される予定となっている。 アラン・マッギーは昨年、7インチ盤とストリーミング・サービスでの流通を専門としたレコーディング・レーベルとなるクリエイション23を設立して音楽業界に復帰を果たしている。アラン・マッギーはレーベルを設立した理由について次のように語っている。「新しいギター・ミュージックは素晴らしくて、僕はまた駆り立てられてしまったんだ」 「重要なのは、ギター・ミュージックがまた素晴らしいものになっているのに、メインストリームのメディアがいいギター・バンドを紹介したがらないということでね」とアラン・マッギーは『NME』に語っている。「こんな時代が来るなんて思ってもみなかった。それで、僕が自分でリリースすることにしたんだ。僕はロックンロールを愛しているからね」 彼は次のように続けている。「音楽は素晴らしいよ。クリエイションはもう一度注目を集めようとしているんだ。ゲームに戻りたいとか、そういうのじゃない。シングルをリリースするのには2500ポンドのリスクがあるのかもしれないけど、僕たちはそれでもリリースして、どうなるかを見てみたいんだ。音楽に改めて興奮しているよ。アティテュードを持ったバンドがたくさんいるからね」

関連NEWS

  1. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、メルトダウン・フェスティバルで新曲を披露

  2. Primal Scream、新ベスト盤の日本盤が独自豪華仕様でリリースされることが決定

  3. レッド・ツェッペリン、『狂熱のライヴ』を9月に東名阪のZeppで上映することが決定

  4. ノエル・ギャラガー、10年後もまだツアーをやっているはずと語る

  5. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、Noel Gallagherとの確執について疎遠だった娘が原因だとする報道に言及

  6. 『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト、お気に入りの映画のサントラによるプレイリストを公開

  7. ジャニス・ジョプリン、映画『ジャニス』が東阪のZeppで上映されることが決定

  8. マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、『イズント・エニシング』の別バージョンを秘密裏に発送

  9. The National

    The National、新作に合わせて制作された短編映画が東京で上映されることに

  10. 映画『スパイナル・タップ』、日本劇場初公開に寄せて著名人からの応援コメントが到着

  11. Morrissey

    Morrisseyを描いた伝記映画『イングランド・イズ・マイン』、監督の来日が決定&プレミア先行上映会が開催

  12. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、『ディフィニトリー・メイビー』が25周年を迎えることについて語る

  13. Queen

    Queenのブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の成功でまだ1ポンドも受け取ってないと語る

  14. Coolio

    Coolioの“Gangsta’s Paradise”、映画『ソニック・ザ・ムービー』がきっかけで再生回数が急上昇

  15. ボブ・ディラン、『君の名前で僕を呼んで』の監督によって『血の轍』が映画化されることに

  1. あいみょん

    あいみょん、「AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-」国立代々木競…

    2019.08.18

  2. Billie Eilish

    Billie Eilish、カプセル・コレクションにイラストの盗用があったこ…

    2019.08.18

  3. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、疎遠になっている父親と和解するつもりはないと語る

    2019.08.18

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、友人たちとのパーティーで酔って自身の曲を歌う姿が…

    2019.08.18

  5. Tommy Lee

    Motley CrueのTommy Lee、トランプ大統領の支持者を批判する長文を…

    2019.08.18

  6. Nicki Minaj

    Nicki Minaj、自身のラジオ番組に出演したJoe Buddenを口論の末に追…

    2019.08.18

  7. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、刃物を使った事件が相次ぎロンドンからの引っ越し…

    2019.08.18

  8. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられ…

    2019.08.18

  9. J(LUNA SEA)のサウンドを 西川貴教が高らかに歌い上げる!『仮面…

    2019.08.18

  10. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、Chris Fehnの脱退について話さないほうが…

    2019.08.18

  1. DUBFORCE

    屋敷豪太プロデュース chidoriya rocks 70th 第三弾アーティストと…

    2019.08.15

  2. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC 2019、YouTubeライブ配信アーティスト第1弾ラインナッ…

    2019.08.14

  3. 朝霧

    朝霧JAM 2019、第1弾ラインナップ発表

    2019.08.02

  4. Local Green Festival

    Local Green Festival’19注目のタイムテーブルが発表

    2019.07.30

  5. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO タイムテーブル&クロージン…

    2019.07.19

  6. Slow LIVE

    Slow LIVE ’19 東京公演の出演者日割り発表、チケット先行予…

    2019.05.24