Metallica、2019年もメジャーリーグのジャイアンツ戦でメタリカ・ナイトを開催

Metallica

メタリカは現地時間4月26日にメジャーリーグのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で今年で7年目となるメタリカ・ナイトを開催している。

オラクル・パークで開催されたこの日の試合で、ギタリストのカーク・ハメットとジェイムズ・ヘットフィールドは国家を演奏し、ドラマーのラーズ・ウルリッヒが始球式を務め、ロバート・トゥルージロを含むバンド・メンバー4人でサンフランシスコ・ジャイアンツのマスコットであるルー・シールと写真撮影に応じている。

試合は7対3でサンフランシスコ・ジャイアンツはニューヨーク・ヤンキースに敗北している。

国家演奏の模様はこちらから。

一方、メタリカのドラマーであるラーズ・ウルリッヒは先日、クイーンのフレディ・マーキュリーの追悼コンサートに出演した時のことを振り返っている。

ラーズ・ウルリッヒはインスタグラムで追悼コンサートの会場で撮影された写真を投稿しており、キャプションで次のように述べている。「27年前の今日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたエイズに対する意識向上のためのフレディ・マーキュリーの追悼コンサートに参加したことはすごく興奮したし、恐縮だったね。俺たちが”Enter Sandman”、”Sad But True”、”Nothing Else Matters”でコンサートを始めて、その後ジェイムズ・ヘットフィールドはクイーンとトニー・アイオミと”Stone Cold Crazy”を演奏したんだ!」

「ガンズ・アンド・ローゼス、デフ・レパード、エクストリームといった幅広いバンドと、ジョージ・マイケル、リサ・スタンスフィールド、デヴィッド・ボウイ、アニー・レノックス、ロバート・プラント、エルトン・ジョン、ロジャー・ダルトリーといった多くのゲスト・シンガーによるフレディへのとてつもないトリビュートのとてつもない日だったんだ! この特別なコンサートのそこかしこに、信じられないような雰囲気があったよ」

関連NEWS

  1. Lars Ulrich

    MetallicaのLars Ulrich、ライヴの本格復活は来年の秋になるかもしれないと語る

  2. Beatallica

    Beatallica、8年ぶりとなるアルバムをリリースする予定であることが明らかに

  3. Metallica

    Metallica、米TV番組で『ブラック・アルバム』の一つ星のレヴューを読み上げる

  4. Lars Ulrich

    MetallicaのLars Ulrich、リハビリに入るJames Hetfieldについて語る

  5. Metallica

    MetallicaのKirk Hammett、ナップスターとの訴訟で何も変化をもたらせなかったと語る

  6. Metallica

    Metallica、Cliff Burtonの父が亡くなったことを受けて追悼の意を表明

  7. メタリカ、『メタル・ジャスティス』30周年記念盤を11月にリリースすることを発表

  8. METALLICA

    Metallica、6年ぶりの新作がリリースされることを記念して「メタリカ川柳」という企画がスタート

  9. Metallica

    MetallicaのKirk Hammett、Motorheadがロックの殿堂入りをしていないことに持論

  10. Kirk Hammett

    Kirk Hammett、Kurt CobainはGuns N’ Rosesの体現するものが好きではなかったと語る

  11. Metallica

    元Metallicaのベーシスト、バンドが初期に使っていた名刺の写真を公開

  12. Slipknot、Metallica

    Slipknot、Metallicaとのツアーが延期になったことを受けて声明を発表

  13. Metallica

    Metallica、米TV番組で来たる新作より「Lux Æterna」を披露したパフォーマンス映像が公開

  14. Lars Ulrich、Charlie Watts

    Lars Ulrich、Charlie Wattsに追悼の意を表明

  15. Metallica

    Metallica、リモートでレコーディングした“Blackened”の映像が公開