Noel Gallagher、もしも死体を棄てるとしたら声をかける助っ人ミュージシャンを明かす

Noel Gallagher

ノエル・ギャラガーはもしも死体を遺棄しなければならないとしたら、犯罪のパートナーはU2のボノになると語っている。

ノエル・ギャラガーは「アブソリュート・ラジオ」のインタヴューで自分の車に死体があったとしたら、誰に電話するかと訊かれて、その友人関係の風変わりな様相について語っている。

最初はモッドファーザーであるポール・ウェラーの名前を挙げた後、別の理由でU2のボノのほうがいいとノエル・ギャラガーは語っている。

「ポール・ウェラーかな。いや実際はボノかな。アフリカのどっかに死体を遺棄したとしたら、誰も分からないだろ」と彼は語っている。

ノエル・ギャラガーはデイヴ・ベリーが司会を務める朝の番組でウェイン・ルーニーの21歳の誕生日にパートナーのコリーン・ルーニーから頼まれたリクエストにどう対処したかも明かしている。

リヴァプール出身のウェイン・ルーニーは当時マンチェスター・ユナイテッドの選手だったため、ギターにサインをしてくれないかという依頼にノエル・ギャラガーはそこまで親切には対応しなかったという。

「コリーン・ルーニーから長い手紙をもらってね。ウェイン・ルーニーの21歳の誕生日で、彼はあなたの大ファンだから、送られてきたギターにサインしてくれたら、最高なんだけど、って感じでさ。俺としては、あつかましくないかって感じだったね」とノエル・ギャラガーは語っている。

「それで俺はギターのパーツをすべて外して、(マンチェスター・シティのチーム・カラーである)スカイ・ブルーに友人に塗ってもらってさ。乾くのを待って、すべてのパーツを取り付けたんだ。そこにマンチェスター・シティの曲の歌詞を書いたんだ。送り返す手紙でこう言ってやったよ。『誕生日おめでとう、スポンジボブ。次になにかにサインしてもらいたかったら、お前のベントレーを送ってこい』ってね」

「まあ、そういうことなんだけどさ。まだ彼はあのギターを持ってると思うよ」

インタヴューではEPからのタイトル・トラックとなるニュー・シングル“Black Star Rising”についても語っている。

関連NEWS

  1. ノエル・ギャラガー、オアシスの最盛期は自分がすべてを掌握していたからと語る

  2. リアム・ギャラガー、オアシス解散以降のノエル・ギャラガーについて語る

  3. U2、13年ぶりの来日公演決定!

  4. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、UEFAチャンピオンズリーグで優勝してほしいチームを明かす

  5. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、U2のBONOの息子によるバンドがツアーのサポート・アクトを務めることに

  6. Oasis

    Oasis、クリエイション・レーベルの元担当者がギャラガー兄弟との出会いを振り返る

  7. noel

    LEWIS CAPALDI、グラストンベリーのステージでNoel Gallagherをからかう

  8. ノエル・ギャラガー、マンチェスターの小規模な会場で貴重な公演を行うことに

  9. U2、ドナルド・トランプ大統領に向けた“Get Out Of Your Own Way”のビデオを公開

  10. U2、ジャック・ホワイトのサード・マン・レコーズでレコーディングする映像を公開

  11. ノエル・ギャラガー、ソーシャル・メディア時代のロック・バンドについて語る

  12. U2、新作が全米1位を獲得して全米チャートにおける新記録を樹立

  13. デーモン・アルバーン、ノエル・ギャラガーについて同志のような存在と語る

  14. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のアコースティック・バージョンを公開

  15. U2、最新シングル“You’re The Best Thing About Me”のミュージック・ビデオを公開