U2「ヨシュア・トゥリー・ツアー」が自身初のインド公演で閉幕、全66公演で約300万人を動員。公演を記念したインド人プロデューサーによる名曲のリミックスも配信

U2

12月4日(水)と5日(木)にさいたまスーパーアリーナで行われた13年ぶりの来日公演の興奮も冷めやらぬ中、12月15日(日)U2初のインド公演となるムンバイで「ヨシュア・トゥリー・ツアー」は幕を閉じた。2017年5月に開始した「ヨシュア・トゥリー・ツアー」は、ヨーロッパ、北米、南米、メキシコ、ニュージーランド、オーストラリア、日本、そしてU2初の公演となったインド、シンガポール、韓国、フィリピンを訪れ、全66公演で約300万人の観客を動員した。

ムンバイ公演には、インドの伝説的な作曲家 A.R.ラフマーンがステージに登場し、この公演を前にリリースされた新曲U2 & A.R.ラフマーン「アヒンサー(Ahimsa)」を演奏した。このパフォーマンスには、A.R.ラフマーンの娘カティージャ・ラフマーンとカティージャ・ラフマーン、シンガー・ソングライターのRianjali Bhowmickも参加した。
演奏シーンの映像が公開されている:

A.R. ラフマーンは語った。「ムンバイ公演でU2とステージに立てたことは、偉大なるマハトマ・ガンジーと彼の信念である“アヒンサー” を祝福することを意味していました。世の中の不正に立ち向かい、女性のエンパワーメントのため、世界の良心に訴えるU2 の姿勢が私たちに与えた感銘は深く大きなものです。“アヒンサー”でのU2とのコラボレーションは、ガンジー生誕150周年という、祝うべき記念の年に実現しました。今こそ、アヒンサーのメッセージは世界のあらゆる地のあらゆる人々に届けられるべきです。私の二人の娘、カティージャとラヒーマにとっては、これがロックコンサートでの初パフォーマンスとなりました。コンサートにいらした皆さんに、パフォーマンスを楽しんでいただけたことを祈ります」

ガンジーがかつて住んだ家マニバワンをコンサート前に訪問したことを、ボノは観客にこう語った。「インドに僕らは巡礼者としてやってきている。何世紀にもわたり、多くの者がそうだったように。偉大なるガンジーの魂を求めて僕らはここにいる。僕らは生徒、あなたたちは僕らの先生なのです…」

曲タイトルの「アヒンサー」は、サンスクリット語で“非暴力”を意味する。この曲は、インドの多様なる精神性を祝福するメッセージを誇る、まさにU2の思想とA.R.ラフマーンの熟達の結集によって生まれた1曲だ。

また、U2初のインド公演を記念して、インド人アーティスト/プロデューサーがU2の過去の名曲を大胆にリミックスした4曲入りのEP「The Eternal Remix」も配信でリリースされている。

U2 & A.R. ラフマーン「Ahimsa」

 U2

配信中
試聴・購入:https://umj.lnk.to/U2_Ahimsa

関連NEWS

  1. Noel Gallagher

    Noel Gallagher、もしも死体を棄てるとしたら声をかける助っ人ミュージシャンを明かす

  2. Bob GeldofとMidge Ure、Band Aidの収益を手にしたという噂を強く否定

  3. U2

    U2、13年ぶりの来日公演で名作『ヨシュア・トゥリー』を完全再現。迫力の巨大スクリーンとポジティブなメッセージ。

  4. U2

    U2のBono、60歳の誕生日を迎えて人生を救った60曲のプレイリストを公開

  5. U2、「サタデー・ナイト・ライヴ」の映像を自身のYouTubeチャンネルで公開

  6. RSD

    U2、DAVID BOWIE、Manic Street Preachers、RSDの売上をウォー・チャイルドに寄付

  7. U2『No-Line-On-The-Horizon

    U2『No Line On The Horizon』がLPで再発。限定盤ウルトラ・クリア・ヴィニールも同時発売

  8. Bono

    U2のBono、自国にマスクなどを確保するために韓国の文在寅大統領やアップルのティム・クックに連絡

  9. U2

    U2、フランスでバラク・オバマ一家とバカンスを過ごしたことが明らかに

  10. U2、第60回グラミー賞授賞式でのパフォーマンス映像が公開

  11. ノエル・ギャラガー、U2に向けられている批判について語る

  12. U2

    U2 12/4公演のセットリスト

  13. U2、ボノの声が出なくなって数曲で公演を中断してしまうことに

  14. U2

    U2、12月4日に行われるさいたまスーパーアリーナ公演のステージからニュースを発表すると予告

  15. U2のボノの息子が結成したバンド、同じ名前のバンドとトラブルに

  1. Liam Gallagher

    Liam Gallagher、ドキュメンタリー『As It Was』よりライヴ本編映像…

    2020.09.24

  2. Avril Lavigne

    Avril Lavigne、ライム病の認知向上を目的とした生配信ライヴを行う…

    2020.09.24

  3. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  4. Thom Yorke

    Thom Yorke、Clarkの“Isolation Theme”をリミックス

    2020.09.24

  5. Blood Orange

    Blood Orange、Park Hye jinの楽曲とコラボレーションした“CALL ME …

    2020.09.24

  6. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  7. Puma Blue

    Puma Blue、デビュー・アルバムのリリースを発表&新曲“Velvet Leav…

    2020.09.24

  8. The Hunna

    The Hunna、ニュー・シングル“Young & Faded”の音…

    2020.09.24

  9. Taylor Swift

    Taylor Swift、ACMの授賞式で“Betty”をライヴで初披露

    2020.09.24

  10. Matt HealyやGrimes

    The 1975のMatt HealyやGrimesら、アートについて語る動画が公開

    2020.09.24

  1. Rocks ForChile 2020 in TOYONAKA、各日1000名限定 & オンライン配…

    2020.09.24

  2. Slow LIVE

    “大人のミニフェス”Slow LIVE、好評だった日比谷野音公演に続き、今…

    2020.09.24

  3. THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェス 最終アーティストとして…

    2020.09.23

  4. オハラ☆ブレイク

    「オハラ☆ブレイク‘20秋 –北のまほろばを行く-」にLOVE PSYCHEDELIC…

    2020.09.07

  5. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  6. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  7. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL’20 開催中止を発表

    2020.08.01

  8. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏が開催を見合わせ

    2020.06.19

  9. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  10. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01