Courtney Love、今若者だったらロック・バンドをやってないかもしれないと語る

Courtney Love

コートニー・ラヴは21世紀にキャリアをスタートさせていたらロック・バンドをやっていたかは分からないと語っている。

コートニー・ラヴは1989年に、2人のギタリストであるエリック・アーランドソンとマイク・ジーズブレット、ベーシストのリサ・ロバーツ、ドラマーのキャロライン・ルーというラインナップでホールを結成している。

コートニー・ラヴは『インタヴュー・マガジン』誌による新たなインタヴューの中で、マリリン・マンソンやマイケル・コース、ラナ・デル・レイら音楽業界やファッション業界に身を置く20人の著名人からの質問に答えている。元ホールのベーシストであるメリッサ・オフ・ダ・マーはコートニー・ラヴに次のように質問している。「もし今25歳だったとして、バンドを始めたとしたら、歌詞の内容や言及の仕方はどのように変化していると思いますか? 21世紀のコートニー・ラヴがどんな人で、彼女はどんな歌を歌うのかにすごく興味があるわ」

コートニー・ラヴは次のように答えている。「今だったら、やれているかどうか分からないわ。ロック・バンドはそれに見合う対価を得られていないような気がするの」

コートニー・ラヴは自身の夫であるカート・コバーンとの過去の会話に言及して、続けて次のように語っている。「車の中で、カートとこういう話をしたことを覚えている。『もし今が1968年だったら、どんな仕事をしていたと思う?』って訊いてみたの」とコートニー・ラヴは語っている。「『ザ・ソニックスのようなパンク・バンドをやっていただろうね』ってカートは答えたわ。納得したわね。私は自分が制約を取っ払ったと思ってるの。というのも、1968年に女性がザ・ソニックスのようなバンドにいるなんて成立しないと思うからね。当時の女性たちはギターを弾いたり、そういう音楽を歌ったりすることがなかったわけでね。ザ・ローリング・ストーンズやザ・ビートルズの真似をすることなんてなかったのよ」

彼女は次のように続けている。「今はすごく難しいと思うわ。アリアナ・グランデのようなことをしない限り、今はすごく難しいと思う。ロック・バンドをやることが簡単だったことなんてないけど、今はそんなにいいところがないわね」

一方、コートニー・ラヴは先日、ホールの再結成について「まさに話し合っている」ことを明かしている。ホールは1998年を最後に、コートニー・ラヴ、ドラマーのパッティー・シェメル、ギタリストのエリック・アーランドソン、ベーシストのメリッサ・オフ・ダ・マーというクラシックなラインナップでの公演を行っていない。

コートニー・ラヴはホールのアルバム『リヴ・スルー・ディス』が今年でリリースから25周年を迎えることを記念した再結成ツアーを行う可能性に言及して、次のように語っている。「それについてはまさに話し合っているわ。自分たちの過去に名誉を与えることは、間違ったことではないものね。私にもそれが分かったという感じなの。そうでもしないと人々に歴史を書き換えられて、迷惑な女になってしまいかねないものね」

関連NEWS

  1. コートニー・ラヴ、「ル・ポールのドラァグ・レース」出演時の画像が公開

  2. tommy-lee-courtney-love

    Motley CrueのTommy Lee、バンドの伝記映像作品を批判したCourtney Loveに反論

  3. Courtney Love

    Courtney Love、映画『J.T.リロイ』よりクリステン・スチュワートと対峙するシーンが公開

  4. Courtney Love

    Courtney Love、かつてカート・コバーンの幽霊に話しかけられたことがあると語る

  5. コートニー・ラヴ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドをカヴァーした映像がオンラインに

  6. Nirvana

    Courtney Love、Kurt Cobainのよく知られたTシャツを盗用したファッション・ブランドを批判

  7. コートニー・ラヴ、フー・ファイターズを1000人でカヴァーした団体とコラボ

  8. コートニー・ラヴ、アパレルのカプセル・コレクションが販売されることが明らかに

  9. Courtney Love

    Courtney Love、HOLEの再結成について話し合っていることを明かす

  10. コートニー・ラヴ、1500人のバンドとホールの“Celebrity Skin”を演奏した映像が公開

  11. Marilyn Manson

    Marilyn Manson、Courtney LoveやYOSHIKIが参加した50歳の誕生日パーティーの模様が公開

  12. lagerfeld

    Karl Lagerfeldの訃報を受けて音楽業界などから追悼の声