BeatlesとBrian Epsteinによる最初の契約書がオークションに

beatles

ザ・ビートルズとブライアン・エプスタインが交わした最初の契約書がオークションにかけられる見込みとなっている。

この契約書はザ・ビートルズとブライアン・エプスタインの間で1962年1月24日、デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』がリリースされる14ヶ月前に交わされたものだという。

契約書にはポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、そしてオリジナル・ドラマーだったピート・ベストのサインが入ったもので、30万ポンド(約4100万円)の落札額が見込まれている。この契約書はピート・ベストの母親の家でサインされたものとされており、ブライアン・エプスタインとザ・ビートルズが交わした2つの契約書のうち、最初のものとなっている。2つ目の契約書は1962年10月1日、リンゴ・スターが加入した後に交わされている。

ブライアン・エプスタインは「もしザ・ビートルズがもっといい状態になるとしたら、彼らが契約に縛られないように」契約書にサインしていなかったという。「すべての契約書の条項を守ることは分かっていたけれど、ザ・ビートルズのことを手助けできる自信が100%はなかったんだ」とブライアン・エプスタインは語っていたと言われている。

契約書によれば、ザ・ビートルズの収入のうち10%がブライアン・エプスタインの収入となり、週120ポンドを超えた場合は15%になるというものだった。マネージャーの仕事としてはバンドに仕事を見つけてくること、スケジュールや宣伝を管理すること、「衣装やメイク、アーティストとしての振る舞いや演奏する音楽のプレゼンテーションや企画」を管理することが挙げられている。

オークション・ハウス「サザビー」の専門家であるガブリエル・ヒートンはBBCに次のように語っている。「(ブライアン・エプスタインは)彼らにステージでの食事をやめさせました。彼はバンドにきっちりしっかりと演奏させ、ステージの最後にはお辞儀させるようにしました」

「彼はステージ上での情熱やエネルギー、生々しいセクシャリティに感銘を受けたわけですが、ザ・ビートルズはそうしたエネルギーは持っていたものの、ブライアン・エプスタインはそこにプロフェッショナリズムを叩き込んだのです」

この契約書はブライアン・エプスタインの広報担当だったアーネスト・ヘクトによって出品されたもので、オークションは来月行われる予定となっている。

関連NEWS

  1. ジョン・レノンの『イマジン:アルティメイト・コレクション』に寄せた安田顕のコメントが公開に

  2. The Beatlesを知らない世界を描いた映画『YESTERDAY(原題)』、10月に日本公開が決定

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、絵本の刊行を記念してロンドンの書店でサイン会を行うことが明らかに

  4. ポール・マッカートニー、“Come On To Me”の3つ目となるミュージック・ビデオが公開

  5. ポール・マッカートニー、ビートルズ再結成の夢を度々見ると語る

  6. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  7. The Beatles

    The Beatles、『アビイ・ロード』のジャケット撮影から50周年となった現場の公式動画が公開

  8. Paul McCartney

    Paul McCartney、『エジプト・ステーション』のトラヴェラーズ・エディションのリリースが決定

  9. Beatles

    Beatles、ダニー・ボイル監督による彼らが存在しなかった世界を描いた映画の予告編が公開

  10. ポール・マッカートニー、いかにジョージの強気な態度がビートルズを助けてくれていたかを語る

  11. ポール・マッカートニー、今週ロンドンでシークレット・ライヴを行うことが明らかに

  12. Oasis/RideのAndrew Bell

    Oasis/RideのAndrew Bell、ビートルズの『ホワイト・アルバム』について語る

  13. Ringo Starr

    Ringo Starr、7/7の誕生日に日本で3回目となるピース&ラヴのイベントが開催決定

  14. Paul McCartneyとJohn Lennon

    Paul McCartneyとJohn Lennon、定職に就くために音楽をやめることを迫られていた逸話が明らかに

  15. ポール・マッカートニー、羽田空港到着時の動画も公開に