BeatlesとBrian Epsteinによる最初の契約書がオークションに

beatles

ザ・ビートルズとブライアン・エプスタインが交わした最初の契約書がオークションにかけられる見込みとなっている。

この契約書はザ・ビートルズとブライアン・エプスタインの間で1962年1月24日、デビュー・アルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』がリリースされる14ヶ月前に交わされたものだという。

契約書にはポール・マッカートニー、ジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、そしてオリジナル・ドラマーだったピート・ベストのサインが入ったもので、30万ポンド(約4100万円)の落札額が見込まれている。この契約書はピート・ベストの母親の家でサインされたものとされており、ブライアン・エプスタインとザ・ビートルズが交わした2つの契約書のうち、最初のものとなっている。2つ目の契約書は1962年10月1日、リンゴ・スターが加入した後に交わされている。

ブライアン・エプスタインは「もしザ・ビートルズがもっといい状態になるとしたら、彼らが契約に縛られないように」契約書にサインしていなかったという。「すべての契約書の条項を守ることは分かっていたけれど、ザ・ビートルズのことを手助けできる自信が100%はなかったんだ」とブライアン・エプスタインは語っていたと言われている。

契約書によれば、ザ・ビートルズの収入のうち10%がブライアン・エプスタインの収入となり、週120ポンドを超えた場合は15%になるというものだった。マネージャーの仕事としてはバンドに仕事を見つけてくること、スケジュールや宣伝を管理すること、「衣装やメイク、アーティストとしての振る舞いや演奏する音楽のプレゼンテーションや企画」を管理することが挙げられている。

オークション・ハウス「サザビー」の専門家であるガブリエル・ヒートンはBBCに次のように語っている。「(ブライアン・エプスタインは)彼らにステージでの食事をやめさせました。彼はバンドにきっちりしっかりと演奏させ、ステージの最後にはお辞儀させるようにしました」

「彼はステージ上での情熱やエネルギー、生々しいセクシャリティに感銘を受けたわけですが、ザ・ビートルズはそうしたエネルギーは持っていたものの、ブライアン・エプスタインはそこにプロフェッショナリズムを叩き込んだのです」

この契約書はブライアン・エプスタインの広報担当だったアーネスト・ヘクトによって出品されたもので、オークションは来月行われる予定となっている。

関連NEWS

  1. ビートルズ、当時10代の男性が撮影した写真が約3700万円の値をつけることに

  2. McCartney

    Stella McCartney、The Beatlesに着想を得たコレクションを初めて発表

  3. Paul McCartney

    Paul McCartney、“Beautiful Night”でのRingo Starrとの共演について振り返る

  4. Paul McCartney

    Paul McCartney、今もJohn Lennonが夢に出てくると語る

  5. John Lennon

    John Lennon、イギリスでポップアップのTVチャンネルが立ち上げられることに

  6. Damon Albarn

    Damon Albarn、GorillazでPaul McCartneyとコラボする可能性を示唆

  7. Paul McCartney

    Paul McCartney、Gerry and the PacemakersのGerry Marsdenに追悼の意を表明

  8. Paul McCartneyやThe Weeknd

    Paul McCartneyやThe Weekndら、音楽教育のチャリティのためにマイクを寄付

  9. レディオヘッドのフィル・セルウェイとリンゴ・スター、ニューヨークの公演で共演

  10. The Beatles

    The Beatles、初期のレコーディング音源の所有権をめぐって裁判が行われることに

  11. Elton John

    Elton John、1974年にJohn Lennonと共演したマディソン・スクウェア・ガーデン公演を振り返る

  12. Paul McCartney

    Paul McCartney、英国政府の過ちで自身の設立した教育機関が資金を受け取れなかったと批判

  13. ポール・マッカートニー、日本の留置所で過ごした9日間について語る

  14. ポール・マッカートニー、11/5に行われた両国国技館公演のセットリストが明らかに

  15. John Lennon

    John Lennon殺害のマーク・チャップマン、Ono Yokoへの謝罪の意志を語る

  1. Kanye West

    Kanye West、20年以上の活動を追ったドキュメンタリーをNetflixが購…

    2021.04.16

  2. Queen

    Queen、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が6月4日に日本テレビで放送…

    2021.04.16

  3. Billie Eilish

    Billie Eilish、ドキュメンタリー作品の劇場公開が決定

    2021.04.15

  4. John Lennon

    John Lennon、「Give Peace A Chance」の未発表の新ビデオが公開

    2021.04.15

  5. ジェントルメン

    ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』、Fワード連発の特別映…

    2021.04.15

  6. Pharrell Williams

    Pharrell Williams、射殺された従兄弟の死について連邦当局の捜査を…

    2021.04.15

  7. 眉村ちあき

    眉村ちあき、ストリーミングライブツアー「飛び出せ!日本元気女歌…

    2021.04.15

  8. 沢田研二

    沢田研二の 『夜のヒットスタジオ』出演回をフジテレビTWOで放送決定

    2021.04.15

  9. RSD

    RECORD STORE DAY、War Childへの資金を募る4作の限定リリースが決定

    2021.04.15

  10. The XX

    The XX、FKA Twigsらの所属レーベルが名前を変更したことが明らかに

    2021.04.15

  1. JOIN ALIVE

    2021年「JOIN ALIVE」の開催が決定

    2021.04.13

  2. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20th×21、GTR祭2021 ゲストアーティスト発表

    2021.04.02

  3. GREENROOM FESTIVAL

    GREENROOM FESTIVAL ’21、第2弾出演アーティストにASIAN KUNG-FU GE…

    2021.04.01

  4. METROCK

    大阪「METROCK」にMAN WITH A MISSION、WANIMA、[Alexandros]、King…

    2021.04.01

  5. FRF

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、「コロナ禍で開催する特別なフジロッ…

    2021.03.26

  6. OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL

    OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL vol.11、出演アーティスト20組発表

    2021.03.22

  7. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  8. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  9. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14