Brian WilsonやRingo Starrら、亡くなったHal Blaineに追悼の意を表明

Hal Blaine

ハル・ブレインが亡くなったことを受けて、ブライアン・ウィルソンやザ・ビートルズのドラマーであるリンゴ・スターを初めとした多くの著名人たちが追悼の意を表明している。

ハル・ブレインはハリウッドのスタジオ・ミュージシャンによる屈指の集団であるレッキング・クルーの一員で、ザ・ロネッツの“Be My Baby”、“Good Vibrations”を含むザ・ビーチ・ボーイズの数々の作品、フランク・シナトラの“Strangers in the Night”、サイモン&ガーファンクルの“Mrs. Robinson”や“Bridge Over Troubled Water”、ザ・カーペンターズの“Close to You”などでドラムを担当している。

訃報はハル・ブレインのフェイスブックで発表されており、「永遠に2ビートと4ビートの間で眠らんことを」と記されている。「世界中からハルに向けて寄せられる皆さんからのサポートやお祈りに感謝しています。悲しみに暮れるこの時にプライバシーを尊重していただくようお願いします。現時点でこれ以上お伝えすることはありません」死因については現時点で明らかになっていない。

https://www.facebook.com/HalBlaine/posts/2372154496162525

ハル・ブレインの訃報を受けてブライアン・ウィルソンやリンゴ・スターら多くの大御所ミュージシャンらが追悼の意を表明している。

「とても悲しいよ。言うべき言葉が見当たらない」とブライアン・ウィルソンは述べている。「ハル・ブレインはミュージシャンや友人としてあまりに素晴らしく、言葉では言い表すことができない。ハルは僕にたくさんのことを教えてくれ、僕たちの成功に大きく貢献してくれたんだ。彼は最も偉大なドラマーだった。一緒にたくさん笑い合ったよ。愛を。ブライアン」

「ハル・ブレインに神のご加護を。彼の家族にピースと愛を送るよ。さようなら、ハル。偉大なミュージシャンだった」とリンゴ・スターは述べている。

ザ・ロネッツのシンガーであるロニー・スペクターは次のようにハル・ブレインに追悼の意を表している。「25ヶ月前、ハル・ブレインと私はNAMMの会場で一緒に最後の音楽を作ったの」とロニー・スペクターは記している。「今日は残念ながらハルにさよならを言わなければいけないわ。彼がロネッツの作品に注ぎ込んでくれた魔法のすべてに感謝している……偉大なるキャリアを通じて、彼は他にも多くの人たちの音楽に魔法を注いできた。ありがとう、ハル。永遠に愛しているわ」

https://www.facebook.com/ronniespector/posts/10158153344162786

本名をハロルド・サイモン・ベルスキーというハル・ブレインは1929年の2月5日にマサチューセッツ州のホルヨークで生まれている。ハル・ブレインはその後、フィル・スペクターのスタジオ・バンドであるレッキング・クルーに参加して、ザ・ロネッツの1963年のヒット曲“Be My Baby”に参加して、フィル・スペクターが「ウォール・オブ・サウンド」を確立させるのに一役買っている。

ハル・ブレインはドラマーとしてキャリアを通じて数多の名曲に参加しており、ザ・バーズによるボブ・ディランの“Mr. Tambourine Man”や、フィフス・ディメンションの“Aquarius/Let the Sunshine In”、バーブラ・ストライサンドの“The Way We Were”などに参加している。

レッキング・クルーの貢献は当時は見過ごされており、数年が経って自伝やドキュメンタリーが発表された後でようやく評価が高まることとなっている。ハル・ブレインはセッション・ミュージシャンとして2000年にロックの殿堂入りを果たしている。

関連NEWS

  1. Paul McCartney

    Paul McCartney、新作より「Find My Way」のMV公開

  2. Thw Beatles、『ホワイト・アルバム』50周年盤に寄せた安田顕のコメントが公開

  3. Linda McCartney

    Paul McCartney、Linda McCartneyが亡くなった時のことを振り返る

  4. The Beatles

    Paul McCartney、The Beatlesは全盛期にメンタル・ヘルスの問題を抱えていたと語る

  5. Paul McCartney

    Paul McCartney、犬の動物実験を行っているテキサスの大学を批判

  6. Paul McCartney

    Paul McCartney、気候変動への抗議活動に対する自身の見解を語る

  7. リンゴ・スター、イギリスのEU離脱についてどんどん進めるべきだと語る

  8. John Lennon

    John Lennon、Bob Gruenの写真90点のオリジナル・プリントが販売開始

  9. Ringo Starr and His All-Starr Band

    Ringo Starr and His All-Starr Band 東京追加公演が決定

  10. ポール・マッカートニー、羽田空港到着時の動画も公開に

  11. The Beatles

    The Beatles、“Ob-La-Di, Ob-La-Da”を最も完璧なポップ・ソングとする研究結果が明らかに

  12. Ringo Starr

    Ringo Starr、来日公演に向けて福岡空港に到着した映像が公開

  13. Brian Samuel Epstein

    The Beatles、Brian Epsteinとの最初の契約書が3700万円で落札されたことが明らかに

  14. Paul McCartney

    Paul McCartney、14歳の時に買ったギター・アンプを長年使っていた逸話が話題に

  15. DOUBLE FANTASY -John & Yoko

    DOUBLE FANTASY -John & Yoko -、展覧会の特集番組の予告映像が公開

  1. 沢田研二

    沢田研二ソロ・デビュー50周年記念! 1973年から1990年のTBSテレビ…

    2021.02.26

  2. THE YELLOW MONKEY

    THE YELLOW MONKEY『30th Anniversary THE YELLOW MONKEY SUPER DOM…

    2021.02.25

  3. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys、町内春のファン祭り 4月FCツアー開催決定

    2021.02.25

  4. SPiCYSOL

    SPiCYSOLがメジャーデビュー!「繋がり」をテーマに1stEP「ONE-EP」…

    2021.02.25

  5. 斉藤和義

    斉藤和義、映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』主題歌「…

    2021.02.25

  6. yonawo

    yonawo、1stフルアルバム「明日は当然来ないでしょ」がマーブルヴァ…

    2021.02.25

  7. Motorhead

    Motorhead、2012年のベルリン公演を収録したライヴ作品がリリースさ…

    2021.02.25

  8. The White Stripes

    The White Stripes、『フロム・ザ・ベースメント』の全編映像が公開

    2021.02.25

  9. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、30歳の誕生日に際してニュー・アルバムを今年リリース…

    2021.02.25

  10. Shura

    Shura、最新作のデラックス盤より新曲「Obsession」が公開

    2021.02.25

  1. KEEP ON FUJI ROCKIN’ II

    「KEEP ON FUJI ROCKIN’ II ~ On The Road To Naeba 2021 ~」大晦…

    2020.11.20

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    Keep On Fuji Rockin’~FUJI ROCK FESTIVAL’20 LIVE ON…

    2020.08.14

  3. ARABAKI ROCK FEST

    ARABAKI ROCK FEST.20×21 第2弾出演アーティスト発表

    2020.08.05

  4. RISING SUN

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2021 in EZO 開催決定

    2020.06.01

  5. I ROCKS 20&21

    LACCO TOWER主催 『I ROCKS 20&21』 26組の第一弾出演アーティ…

    2020.06.01

  6. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2020 開催中止を発表

    2020.04.14