ザ・1975、2020年2月21日に新作の発売が決定&新曲の全文和訳を掲載

The 1975

ザ・1975は2020年2月21日に通算4作目となるニュー・アルバム『ノーツ・オン・ア・コンディショナル・フォーム(原題)』をリリースすることが決定している。

ザ・1975は本日、新曲“The 1975”を公開している。これまでもザ・1975はアルバムの冒頭に“The 1975”と題した楽曲を収録してきた。

新曲“The 1975”は5分弱の楽曲で、16歳のスウェーデン人の環境保護活動家であるグレタ・トゥーンベリによるスポークンワードを主体としたものとなっている。

スポークンワードの和訳は以下の通り。

「私たちは今、気候や環境の危機の始まりに足を踏み入れている。この状況に相応しい名前をつける必要がある。『緊急事態』ね。まだこの状況を統制できていないということを私たちは理解しなければいけないし、まだ解決策は見出せていない。単に特定のことを止めるというシンプルな解決策でない限り。私たちはこの闘いに負けそうになっていることを認めなければいけない。上の世代が失敗したという事実を知る必要がある。現状のあらゆる政策はすべて失敗に終わっている。でも、ホモ・サピエンスはまだ終わっていない。確かに私たちは失敗に向かっているけど、まだ状況を一変させるだけの時間はある。まだ修正することはできる。すべてはまだ、私たちの手の中にある。けど、今の体系が犯した失敗を全面的に認めない限り、きっとチャンスなんて回ってこない。私たちは今、大勢の人々が声も上げずに苦しんでいるという災難に直面している。今は丁寧に話したり、声に出せることと出せないことについて考えているような時間じゃない。今はハッキリと口に出すべき時よ。気候変動の問題の解決は、ホモ・サピエンスがこれまでに直面してきた中で最大の、最も複雑な問題なの。けど、その一番の解決策は至ってシンプルで、幼い子供だって理解できるようなもの。それは、温室効果ガスの排出を止めなければいけないということ。行動に移すか、移さないかのどちらかよ。人生には白黒などないって言われている。けど、それはウソよ。とっても危険なウソ。1.5度の気温上昇を防ごうとするか、防ごうとしないかのどちらかよ。人類に統制できないような連鎖反応が起きてしまうのを防ぐか、防がないかのどちらか。文明として立ち向かうか、立ち向かわないかのどちらか。それは黒になるか、白になるかのどちらか。生き残らなければいけない時に、グレーゾーンなんてない。今の私たちには選択肢がある。変化をもたらすために行動を起こして、将来の世代が生活できる環境を守ることができる。もしくは、今の手法を続けて、失敗に終わらせることもできる。あなたや私次第よ。確かに個人の変化よりも体系としての変化が必要だけれど、この2つを分けてはいけない。歴史を見てもらえれば、社会におけるあらゆる大きな変革は草の根の人々の行動から始まった。あなたや、私のような人たちよ。だからどうか、立ち上がってできる限りの変化を起こしてほしい。最善を尽くしてもやりすぎることなんてない。私たちの全員で、不可能に見えるものに立ち向かうの。私たちは今、毎日1億バレルの石油を使っている。政府にそれを変えるつもりはない。石油を地中に留めておくためのルールなんてないのだから。ルールに従っていたら、世界を救うことなんてできない。ルールも変えなければいけないものの一つだから。すべてを変える必要がある。それを今日から始めなければならない。ありとあらゆる人々に呼びかけるわ。今こそ市民として反抗すべき時よ。反逆の時がきたの」

関連NEWS

  1. ARCTICMONKEYS

    イギリスで2018年に最も売れたアナログ盤のランキングが明らかに

  2. Matt HealyとHolly Humberstone

    The 1975のMatt HealyとHolly Humberstone、共作した曲があることが明らかに

  3. The 1975

    The 1975、2023年4月に単独来日公演が決定

  4. The 1975

    The 1975、米TV番組で最新シングル“Frail State of Mind”のパフォーマンスを披露

  5. The 1975

    The 1975、8年ぶりに初期のレア曲「Anobrain」をライヴで披露

  6. The 1975

    The 1975のMatthew Healy、新作の延期を発表して新たなリリース日を明かす

  7. The 1975

    The 1975、ロンドンのフィンズベリー・パーク公演が延期される可能性が浮上

  8. The 1975

    The 1975、16歳の環境保護活動家のGreta Thunbergは機会を与えられてこなかったと語る

  9. The 1975、新作のリリースに向けて7月7日という日付を予告

  10. The 1975

    The 1975、今夏にロンドンのフィンズベリー・パークで公演を行うことを発表

  11. The 1975

    The 1975、ニュー・アルバムからの新曲“Guys”を公開

  12. The 1975

    Phoebe Bridgers、The 1975による「I’m in Love with You」のビデオの舞台裏写真を公開

  13. The 1975

    The 1975、4月に行われる来日公演の東京追加公演が決定

  14. The 1975

    The 1975ほか、2019年のアイヴァー・ ノヴェロ賞の受賞者が発表に

  15. The 1975

    The 1975のMatt Healy、今週何かが起こることを予告する画像を投稿

  1. Bleachers

    Bleachers、今年5月のライヴより3曲のパフォーマンス映像が公開

    2024.07.22

  2. Cranberries

    The Cranberries、「Linger」をChvrchesのIain Cookがリミックスし…

    2024.07.22

  3. The Beatles

    The Beatles、シルク・ドゥ・ソレイユによる『LOVE』が18年に及ぶ上…

    2024.07.22

  4. 『オッペンハイマー』8月2日(金)より全国にてアンコール上映決定 &#…

    2024.07.22

  5. 百々和宏

    百々和宏(MO’SOME TONEBENDER)主催イベント「Rock, Talk, Smoke….…

    2024.07.21

  6. Bon Jovi

    Bon Jovi、公式花火エンタテインメントが千葉と宮崎で開催されるこ…

    2024.07.21

  7. Dave Grohl

    Noel Gallagher、oasisの再結成についてはDave Grohlには黙っていて…

    2024.07.21

  8. Motley Crue

    Nikki Sixx、最新シングル「Dogs of War」に寄せられた批判に反論

    2024.07.21

  9. Madonna

    Madonna、病院から退院して1年となることを振り返る

    2024.07.21

  10. Taylor Swift

    イギリスで2024年の上半期に最も売れたシングルとアルバムのランキ…

    2024.07.21

  1. Slow LIVE

    Slow LIVE’24 in 金沢公演 土岐麻子の出演が決定

    2024.07.19

  2. THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI

    『THE DROP FESTIVAL 2024 in MIYAZAKI』期間限定再結成を発表したA…

    2024.07.19

  3. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL、第4弾出演アーティスト・出演ステージ・…

    2024.07.12

  4. FUJI ROCK FESTIVAL ’24、Amazonにて無料配信が決定

    2024.07.11

  5. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク’24 愛でぬりつぶせ、出演アーティストを発表

    2024.07.10

  6. SUMMER SONIC

    SUMMER SONIC&SONIC MANIA2024、タイムテーブルを公開&追加アーテ…

    2024.07.10

  7. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、最終出演アーティストにザ・クロマニヨンズ・MAN W…

    2024.07.07

  8. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、最終ラインナップ&タイムテーブルを発表

    2024.07.05

  9. ASAGIRI JAM ’24、第1弾ラインナップ発表

    2024.06.24

  10. 「Slow LIVE」第二弾出演者発表!金沢・軽井沢公演もあわせて解禁

    2024.05.31