Taylor Swift、かつてマイクロソフトを訴えようとしていた逸話が明らかに

Taylor Swift

テイラー・スウィフトは人種差別的な一連の投稿を行ったチャットボットをめぐってマイクロソフトを提訴しようとしていたことがマイクロソフトの取締役によって明かされている。

取締役のブラッド・スミスは新たな伝記本のなかで2016年にテイラー・スウィフトの弁護士たちがマイクロソフトを相手取ろうとしていたことを明かしている。

報道によれば、テイラー・スウィフトは自身に名前の似ているテイ(Tay)という18歳から24歳向けのチャットボットに気分を害していたという。

マイクロソフトによるこのAIボットは2016年に公開されたもので、ソーシャル・メディアの会話を学習するものとして作られていた。

しかし、皮肉なことにテイは大量の人種差別的なメッセージをツイートすることとなり、そのなかには大量虐殺を支持し、ホロコーストを否定するものも含まれていた。

テイはわずか18時間でオンラインから取り下げられたものの、マイクロソフトは当時謝罪を迫られている。

『ガーディアン』紙によれば、テイラー・スウィフトによる法的な動きは自身の名前に似ていることを中心にしたものだったという。

新刊『トゥールズ・アンド・ウェポンズ』からの抜粋の中でブラッド・スミスは次のように述べている。「休暇中だったにもかかわらず、私は夕食中に携帯電話を見るという過ちを犯してしまった」

「ビヴァリー・ヒルズの法律事務所からのメールが届いていて、彼らは自己紹介で次のように言ってきたんだ。『私たちはテイラー・スウィフトの代理人です。彼女に代わって、あなたにお伝えします』とね」

「『あなたは分かっていると思いますが、テイという名前は私たちの依頼人と密接に関係するものです』」とそこには書かれていたという。

「私は実際には知らなかったのだが、にもかかわらずEメールは私の関心を捉えることとなった」

テイラー・スウィフトの弁護士はテイという名前が法律違反であり、「人気のシンガーとチャットボットについて虚実の誤解を孕んだ関係を生み出す」ものだと主張していたという。

テイラー・スウィフトは知的財産権に厳しいことで知られており、2015年には“Blank Space”や“1989”といった作品名や彼女が執筆した児童本のタイトルなども商標登録しようとしていた。

テイラー・スウィフトは昨日、パリで世界のファンを集めた貴重なライヴを行っている。

関連NEWS

  1. Taylor Swift

    Taylor Swift、「You All Over Me」のレコーディングが極秘の作業だったことが明らかに

  2. Taylor Swift

    Taylor Swift、サッカー・クラブのコリンチャンスがアルバムの発売前後に負けたことがないことが明らかに

  3. Olivia Rodrigo

    Olivia Rodrigo、デビュー作にTaylor Swiftがクレジットされていることが明らかに

  4. Taylor Swift

    Taylor Swift、友人たちとのパーティーで酔って自身の曲を歌う姿が話題に

  5. Taylor Swift

    Scooter Brown、Taylor Swiftとの騒動について自身の思いを語る

  6. Taylor Swift

    Taylor Swiftの父親、自宅で強盗犯と出くわす

  7. Taylor Swift

    Taylor Swift、ユニバーサルと新たな音楽出版契約を結んだことが明らかに

  8. Taylor Swift

    Taylor Swift、新作『folklore』をリリース&“Cardigan”のビデオが公開

  9. Taylor Swift、Kanye West

    Taylor Swift、Kanye Westとの電話の内容が明らかになったことに言及

  10. Charli XCX、Taylor Swift

    Charli XCX、Taylor Swiftのツアーについて語った発言について真意を説明

  11. Taylor Swift

    Taylor Swift、新型コロナウイルスで経済的に困窮するファンに寄付

  12. Taylor Swift

    Taylor Swift、新作のリリースに気づかなかったファンに反応

  13. Taylor Swift

    Taylor Swift、Beyonceから届いた手書きの手紙を公開

  14. Billie Eilish

    Billie EilishやTaylor Swiftら、有権者登録を促す運動に参加

  15. Olivia Rodrigo

    Taylor Swiftら、Olivia Rodrigoの「Deja Vu」の作詞者に追加されることに

  1. 眉村ちあき、「#7日後に完成する新曲」をスタート

    2021.07.25

  2. あいみょん

    あいみょん、弾き語りツアー”傷と悪魔と恋をした!” 追加公演が11月…

    2021.07.25

  3. John Mayer

    John Mayer、「Shot in the Dark」のMV公開

    2021.07.25

  4. サマー・オブ・ソウル

    映画『サマー・オブ・ソウル』、クエストラヴ監督による日本に向け…

    2021.07.25

  5. Ed O'Brien

    Ed OBrien、ストリーミング・ビジネスについての政府の報告書に言及

    2021.07.25

  6. Ed Sheeran

    Ed Sheeran、「Shape of You」について元々アルバムに入るはずじゃ…

    2021.07.25

  7. Bruce Springsteen

    Bruce Springsteen、来年はツアーを再開させたいと語る

    2021.07.25

  8. Koreless

    Koreless、最新作よりFKA twigs監修の「White Picket Fence」のMV公…

    2021.07.25

  9. 平井 大

    平井 大、ABEMA新作ドキュメンタリー番組『普通の女子高生だったは…

    2021.07.25

  10. Lorde

    Bobby Gillespie、Lordeに影響を与えた心境を語る

    2021.07.25

  1. FUJI ROCK

    FUJI ROCK FESTIVAL’21、 最終ラインナップ、タイムテーブル…

    2021.07.16

  2. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2021、出演ステージ&タイムテーブル発表!

    2021.07.14

  3. ROCK CIRCUIT 2021 in EZO、全出演者・詳細発表!

    2021.07.14

  4. Slow LIVE

    大人のミニフェス「Slow LIVE」 、今年は恵比寿The Garden Hall & …

    2021.07.01

  5. Local Green Festival

    Local Green Festival’21、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、佐藤…

    2021.06.30

  6. GREENROOM BEACH

    GREENROOM BEACH、第2弾出演アーティストを発表

    2021.06.30

  7. SUPERSONIC 2021

    SUPERSONIC 2021、ZEDD、KYGO、DIGITALISMら出演アーティストを発表

    2021.06.18