Johnston、追悼のために壁画に数々のファンが集まっていることが明らかに

Daniel Johnston

ダニエル・ジョンストンは彼を追悼するためにオースティンにある壁画に数々のファンが集まっていることが明らかになっている。

これはオースティンにあるレストラン「タイ、ハウ・アー・ユー」でウェイターとして働くウィル・レハーディによって明かされたもので、ダニエル・ジョンストンの1983年のアルバム『ハイ、ハウ・アー・ユー』からその店名が付けられている同レストランの壁には同作の象徴的なアートワークが描かれている。

「現時点でも、6人か7人の人たちが集まっています」とウィル・レハーディは現地時間9月12日に『NME』に語っている。「午前中はひっきりなしに人が集まっていましたし、彼を追悼するために昨日も多くの人たちが集まっていました」とウィル・レハーディは続けている。

この投稿をInstagramで見る

daniel johnston, truly, thank you for everything .

Lauren Lafleurさん(@laurenmlafleur)がシェアした投稿 –

80年代のオルタナティヴ/アンダーグラウンド・シーンで頭角を現したダニエル・ジョンストンは、現地時間の9月10日に心臓発作となって亡くなっている。

そのアウトサイダーな人物像はカート・コバーンやトム・ウェイツから称賛を受け、子どものようなイノセンスとアヴァンギャルドさとエキセントリックさを掛け合わせたスタイルは多くのファンの間でカルト的な支持を集めることになり、インディ界に多大な影響を与えている。

「彼が亡くなったと聞いてとても驚きました。この壁画は単なる私たちのレストランの象徴ではなく、壁画そのものが象徴的なランドマークですから」とウィル・レハーディは述べている。

「私たちがパッタイを提供し続けることには変わりありませんが、ここ一帯のコミュニティやオースティンというコミュニティにおけるダニエル・ジョンストンの存在の大きさを考えれば、彼が亡くなってしまったことは本当に悲しいことです」

この壁画は「タイ、ハウ・アー・ユー」のオーナーであるデヴィッド・ロバーツが2018年にお店を開業する前からこの地にあったもので、ダニエル・ジョンストンは1993年にレコード店「サウンド・エクスチェンジ」の従業員からの依頼を受けてこの壁画を描いている。「サウンド・エクスチェンジ」は「タイ、ハウ・アー・ユー」の敷地に2003年までオープンしていた。

デヴィッド・ロバーツは1日に50人以上の人々が壁画の写真を撮影しに訪れることについて「迷惑なことではない」として次のように続けている。

「本当に素晴らしいことだと思います。ここ数日間、私自身は訪れていませんが、写真を撮るための人だかりができたとしても驚きではありません」とデヴィッド・ロバーツは述べている。

ソーシャル・メディアには多くの人々によって壁画の写真が投稿されており、壁画の足元に献花が手向けられていることが明らかになっている。壁画の近郊で追悼集会などが催されるかについては現時点で明らかになっていない。

この投稿をInstagramで見る

RIP Dan, We miss you

Brian Gardnerさん(@bsgardneppl)がシェアした投稿 –

ダニエル・ジョンストンは2011年に、自身の50歳の誕生日を記念して壁画の前でパフォーマンスを行っている。

当時の映像はこちらから。

『NME』の記者であるジェイムス・マクマホンは追悼原稿の最後の段落で「唯一無二の天才であるダニエル・ジョンストン」について次のように記している。

「ダニエルは亡くなってしまったが、(『ハイ、ハウ・アー・ユー』のアートワークのタイトルである)『ジェレミー・ザ・イノセント』はオースティンでこれからも生き続ける。オースティンにあった『サウンド・エクスチェンジ』の跡地には、お店から依頼されてダニエルが描いた壁画が今も残っているのだ。すっかりオースティンの名物の一つとなったこの壁画も、2004年には一度失われかけたことがあり、メキシコ料理のチェーン店である『バハ・フレッシュ』が建物を買収した際、この壁を取り壊そうとしたことがあった。結果として、住民の抗議もあって壁画は残されることとなった。その敷地には今、タイ料理のレストランがオープンしている。その名も『タイ、ハウ・アー・ユー』、見事だ。オースティンの他の地域もまた、いつもとは様子が異なっている。悲しみに包まれているのだ。オースティンの人々、そして世界中の人々は今週、特別な人物を失ってしまったのである」

関連NEWS

  1. Manny Charlton

    Nazarethの結成メンバーであるManny Charltonが逝去

  2. Loretta Lynn

    Loretta Lynnが享年90歳で逝去

  3. Daniel Ek

    Spotifyの創業者のDaniel Ek、アーセナル買収案に元選手も賛同

  4. 向井太一

    向井太一、新曲「Special Seat」を3月16日に配信リリース

  5. ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』のトラックリストをツイッターで発表

  6. Maneskin

    ユーロヴィジョン優勝のManeskin、6月21日に日本向けにライヴを配信することが決定

  7. Spotify

    Spotify、全世界で最も再生された2021年のランキングが明らかに

  8. Hank von Hell

    Turbonegroの元ヴォーカリストのHank von Hellが享年49歳で逝去

  9. Wayne Kramer

    MC5のWayne Kramerが享年75歳で逝去

  10. LEGO

    LEGO、フェンダーのストラトキャスターを製品化することが明らかに

  11. Bunny Wailer

    レゲエの伝説的ミュージシャンであるBunny Wailerが享年73歳で逝去

  12. Kodaline

    Kodaline、最新作より“Say Something”のMV公開

  13. Village People

    Village PeopleのプロデューサーだったHenri Beloloが逝去。享年82歳

  14. KEN ISHII

    KEN ISHII、13年ぶりとなる新作の詳細が明らかに&Jeff Millsとのコラボ曲も収録

  15. Moses Sumney

    Moses Sumney、最新作より“Keeps Me Alive”のパフォーマンス映像が公開

  1. トノバン

    音楽ドキュメンタリー『トノバン』松山猛、小原礼、高野寛、高田漣…

    2024.05.23

  2. Peggy Gou

    Peggy Gou、来たるデビュー・アルバムより「Lobster Telephone」の…

    2024.05.23

  3. London Grammar

    London Grammar、来たる新作より新曲「Kind Of Man」の音源が公開

    2024.05.23

  4. Chicago

    Chicago、9月に大阪で単独来日公演の開催が決定

    2024.05.23

  5. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  6. Lady Gaga

    Lady Gagaのコンサートフィルム「GAGA CHROMATICA BALL」がU-NEXTに…

    2024.05.23

  7. 歴代級ヒット!ファン・ジョンミン×チョン・ウソン『ソウルの春』ポ…

    2024.05.23

  8. Katy Perry

    Katy Perry、ソーシャル・メディアのプロフィール画像を変更して新…

    2024.05.23

  9. Slash

    Slash、ブルース作『Orgy Of The Damned』の全曲解説が公開

    2024.05.23

  10. Bon Jovi

    Bon Jovi、来たる新作よりニュー・シングル「Living Proof」の音源…

    2024.05.23

  1. SUMMER SONIC 2024、第7弾追加アーティストを発表

    2024.05.23

  2. FUJI ROCK FESTIVAL

    FUJI ROCK FESTIVAL ’24、第6弾ラインナップを発表

    2024.05.17

  3. JOIN ALIVE

    JOIN ALIVE 2024、出演アーティスト最終発表

    2024.05.09

  4. RISING SUN ROCK FESTIVAL

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2024 in EZO 第2弾出演アーティスト発表

    2024.05.02

  5. Talking Rock! FES

    Talking Rock! FES.2024、第2弾出演アーティスト9組を発表

    2024.04.27

  6. 山人音楽祭

    山人音楽祭2024、第2弾出演アーティストにThe BONEZ、おとぼけビ〜…

    2024.04.18

  7. SiM主催フェス「DEAD POP FESTiVAL 2024」、出演アーティスト第二弾…

    2024.04.01

  8. Slow LIVE

    「大人のミニフェス」Slow LIVE、今年も東京・池上本門寺にて8/30(…

    2024.03.22

  9. 04 Limited Sazabys

    04 Limited Sazabys主催の野外フェス<YON FES 2024> 第1弾出演アー…

    2024.03.13