星野源 映画ナレーションに初挑戦、細野晴臣から「あとは、よろしく」

星野源
11月1日(金)にシネスイッチ銀座、ユーロスペース他全国順次公開される、細野晴臣デビュー50周年記念ドキュメンタリー映画『NO SMOKING』のナレーションが、これが映画ナレーション初挑戦となる星野源に決定した。 1969年のデビューから、今年で50年を迎えた音楽家・細野晴臣。近年ではカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『万引き家族』の音楽を担当し、国内だけでなく世界中のアーティストからリスペクトされる生けるレジェンド。そんな細野の半生を振り返りながら、50年に及ぶ音楽活動の軌跡を追体験できる唯一無二のドキュメンタリー『NO SMOKING』。 音楽好きなモダンガールだった母親、英語が堪能でダンサーになりたかったという父親のもと、海外のポピュラー音楽に親しんでいた幼少期。大瀧詠一、松本隆、鈴木茂との出会いとはっぴいえんどの結成秘話。ソロ第1作『HOSONO HOUSE』からエキゾチック音楽への移行、そして『ライディーン』のヒットをきっかけにしたYMO(イエロー・マジック・オーケストラ)の爆発的なブレイク。さらにアンビエントからワールドミュージックまでを網羅する幅広い音楽性、80年代には松田聖子、中森明菜などのヒット曲を数多く生み出した作曲家としてのキャリア、映画『銀河鉄道の夜』などの劇伴作家としての側面などを、それぞれの時期の記録映像と細野のインタビューとともに辿っている。 決まったスタイルに拘らず、常に新しいサウンドを求め、その音楽性を大きく広げてきた細野。そのキャリアを追えば、日本のポップスの歴史がわかると言っても過言ではないほどの、日本の音楽史を代表するミュージシャンであり、他アーティストに与えた影響は計り知れない。 気さくな一面も伺える、コメディやお笑いが好きで、本作でも水原希子などの親しい仲間たちとコントに挑戦したりと、茶目っ気たっぷりの表情も見せている。どこまでも軽やかで、いつまでも自由。音楽と煙草と珈琲と散歩を愛する細野。その誰からも愛される魅力が伝わってくる。 本作には星野のラジオ番組に細野が出演した際の様子や、2人の共演が実現した横浜・中華街でのライブ『細野晴臣 A Night in Chinatown』の映像も収められている。本編映像の中で、細野が星野に「音楽的に受け継がれていることがある。これからは、星野君、よろしくね。あとは、よろしく」と、伝えたことを明かしている。 今回映画初ナレーションに挑戦した星野は、その細野の魅力を「ずっと細野さんが大好き。偉大な人ながらチャーミングで、信じられないぐらいアーティスティック」と尊敬の念を込めつつ人間的な魅力を語っており、本作の見どころも「普段何気なく僕たちが聞いている音楽のルーツが細野さんにあることを知ることもできます。」とコメントを寄せた。 <星野源 コメント> 細野さんは、定食で言うと、「特製ランチ」みたいな人です。豪華で楽しむところが多すぎて、どこから手を付けていいか悩んじゃう。生み出してきた音楽の多様性があると同時に、職人としての一本気な部分が共存している方だと思います。この映画を観ると、普段何気なく僕たちが聞いている音楽のルーツが細野さんにあることを知ることもできます。そして同時に、偉大だけどチャーミングで、信じられないくらいアーティスティックな人なんだと触れていただける映画です。

1

2

関連NEWS

  1. 星野源、スタジオライブ&創作密着ドキュメンタリー収録の最新アルバム詳細発表

  2. 星野源 また大記録、5大ドームツアーも全会場即日完売

  3. Mac DeMarco

    Mac DeMarco、4月の来日公演で細野晴臣との2マンによる追加公演が決定

  4. Mark Ronson

    Mark Ronson、星野源との来日公演が12月に決定

  5. 星野源 anan

    星野源 癒しの日常をポップに表現、「anan」表紙&グラビアに登場

  6. 星野源

    星野源『ドラえもん』のテレビアニメシリーズOPに決定「嬉しくて飛び上がりました」

  7. 星野源 一夜限りのダブル・ヘッドライナー・ショー、相手はマーク・ロンソン

  8. 星野源新曲、アメリカ・ビルボードがその革新的な映像に大注目

  9. 星野源

    星野源 アルバムチャート2週連続完全制覇、紅白では視聴率43%

  10. 星野源

    星野源、EP『Same Thing』収録曲にトム・ミッシュがプロデュース参加

  11. 星野源 ニューアルバム収録曲に山下達郎がコーラス参加

  12. 星野源

    星野源「Ain’t Nobody Know」MVをYouTubeプレミア公開 インスタライブも決定

  13. 星野源 話題のニューアルバム、収録曲試聴動画が完成

  14. Mark Ronsonと星野源の貴重なセッションも披露 音楽の楽しさ届けたダブルヘッドライナーショー

  15. 星野源

    星野源、「Same Thing (feat. Superorganism)」MVをYouTubeプレミア公開

  1. Foals

    Foals、来日公演を前にレーベル・サイトにロング・インタヴュー掲載

    2020.02.26

  2. Matthew Healy

    The 1975のMatthew Healy、13歳の時にGreen Dayにステージに上げら…

    2020.02.26

  3. Oscar Lang

    Oscar Lang、最新シングル“Flowers”のMVが公開

    2020.02.26

  4. Neil Young

    Neil Young、自身のサイトに公開した公開書簡の中でドナルド・トラ…

    2020.02.26

  5. The Avalanches

    The Avalanches、Blood Orangeを迎えた新曲“We Will Always Love Yo…

    2020.02.26

  6. Bon Jovi

    Bon Jovi、5月リリースの新作より新曲“Limitless”が公開

    2020.02.26

  7. THE KEBABS

    THE KEBABSライブアルバム本日リリース!&アルバム収録曲「オーロ…

    2020.02.26

  8. Arca

    Arca、62分に及ぶ新曲“@@@@@”を公開

    2020.02.26

  9. Ozzy Osbourne

    Ozzy Osbourne、今週リリースの新作よりPost Malone参加の“It’s A R…

    2020.02.26

  10. Jordan Rakei

    Jordan Rakei、Commonとのコラボレーションとなる“Signs”の新バージ…

    2020.02.26

  1. オハラ☆ブレイク

    オハラ☆ブレイク ’20夏 開催決定

    2020.02.21

  2. ACO CHiLL CAMP

    「ACO CHiLL CAMP」に氣志團、RAG FAIR、やなわらばー、EXILE USAら…

    2020.02.18

  3. GREENROOM

    GREENROOM FESTIVAL ’20、第2弾出演アーティストを発表

    2020.02.18

  4. Rocks Forchile

    Rocks Forchile、第二弾アーティストにACIDMAN、和田唱、うじきつよ…

    2020.02.13

  5. ARABAKI ROCK FEST.20

    ARABAKI ROCK FEST.20 第3弾出演アーティストにアジカン、 [Alexand…

    2020.02.12

  6. PACIFIC BEACH FESTIVAL

    PACIFIC BEACH FESTIVAL’20 第3弾アーティスト発表

    2020.02.10

  7. ビクターロック祭り2020

    『ビクターロック祭り2020』タイムテーブル公開&チケット一般発売…

    2020.02.08

  8. 『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』

    『SONG OF THE EARTH 311 FUKUSHIMA 2020』新たに清春らの出演が決定

    2020.02.07

  9. METROCK

    METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2020、INABA / SALAS、WANIMAが出演

    2020.02.06

  10. JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島

    長崎・壱岐島の初開催フェス「JAPAN ISLAND FES. vol.1 壱岐島」 出…

    2020.01.29