筋肉少女帯、ソールドアウトの中野サンプラザで30周年イヤーファイナル&31年目突入

筋肉少女帯、ソールドアウトの中野サンプラザで30周年イヤーファイナル&31年目突入

6月30日、東京・中野サンプラザにて、筋肉少女帯が〈メジャーデビュー 30th Anniversary FINAL LIVE「ザ・サン」突入 31st!〉と銘打ったライヴで観客を魅了した。

2006年の再結成の舞台でもある聖地・中野サンプラザはソールドアウトの超満員。SE「オーディエンス・イズ・ゴッド」が高らかに鳴り、開演を今か今かと待ち構えるオーディエンスの前に、大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が登場する。客席に背を向けた状態でガツンと一発轟音を鳴らせば、そこから先はめくるめく筋少の世界となった。なお、本公演の模様はMUSIC ON! TV(エムオン!)にて独占生中継されている。

この記念すべき夜に彼らが放った1曲目は「サンフランシスコ」。メジャー・デビュー・アルバム『仏陀L』収録の華々しいナンバーに観客はさっそく大盛り上がり。続く「オカルト」は現時点での最新作『ザ・シサ』の核となる楽曲。いつの時代も名曲を生み出してきた筋少の巧みな技が序盤から炸裂する。

橘高、本城、内田ら楽器隊の構築美はもちろん、フロントマン大槻の扇動力は今夜も健在だ。「ロック・バンドは常に現在進行形じゃなきゃいけないのよ! 今日のライヴもただの通過点に過ぎないのさ!」と叫ぶ一方で、この日特別にステージ中央に設置されたソファーで寝そべるなど、やりたい放題。ラウドかつタイトな演奏とおもしろトークが融合するこの底知れなさは、一度体験してみないとわからないだろう。

筋少のアンセムの一つ「日本印度化計画」で中野をインドにしてしまうと、狂おしい美を誇る「衝撃のアウトサイダー・アート」、甘酸っぱい名曲「香菜、頭をよくしてあげよう」と続く、なんとも目頭の熱くなる展開。この晴れの舞台に彼らがどんな曲を披露するのかと興味津々だったが、さすがの試合巧者ぶり。ファンのツボを心得た激烈チューンあり、ホロリとさせられる楽曲ありの、さながらオール・タイム・ベストのような構成である。

メンバー4人に加えて、サポート・メンバーの三柴理(pf)と長谷川浩二(Dr)を交えた計6人が超絶技巧で魅せる「エニグマ」なども圧巻。「新人バンドのテーマ」「宇宙の法則」「Guru最終形」と続いたブロックにも筋少独特の癒しが感じられ、このライヴを奥深いものにしていたように思う。
瞬く間に本編は終盤へと突入。誰もが両手をクロスして踊りたくなる「踊るダメ人間」を皮切りに「イワンのばか」「ディオネア・フューチャー」といった劇的でアグレッシヴな楽曲が連発されると、客席の興奮は最高潮に達する。ラストはエモーショナルな「機械」で宴を締め括った。

1

2