怒髪天とウルフルズが、思い出の十三ファンダンゴで対バン

7月11日、怒髪天による4都市ツアーが大阪・十三ファンダンゴで完遂した。東京でのワンマンを皮切りに、各地でワンマンと対バンイベントを繰り広げ、大阪は10日のTHE NEATBEATS、ほろほろ鳥、ROCA’66との「青春データ補完計画(大阪編)」と、この日の「青春データ補完計画(SPデータ追加編)」を開催。

「青春データ補完計画」とは、「取り残したものをもう1回、拾い直しに行く」という意味が込められている。間もなく十三での営業の歴史に幕を閉じるファンダンゴ。30年近く前、アマチュア時代のウルフルズと北海道から上京直後の怒髪天は、ここでしのぎを削ってきた。

彼らの胸にはさぞかし、去来する思いがあるのだろう…と開演を待った。

脇の階段をウルフルズの3人が降りてくると、大歓声が沸き起こり、人の影が一斉にステージへと押し寄せた。

『バカサバイバー』で始まり『バンザイ~好きでよかった~』『センチメンタルフィーバー 〜あなたが好きだから〜』など新旧織り交ぜた楽曲で沸かせつつ、時おり会場内を眺めるトータス松本(Vo&G)。

だが、「思っていたより粛々とやっている」と自身も言っていたとおり、さらに武骨になったサウンドをひたすらに響かせる。

最後は「ありがとう、ファンダンゴ!」とトータスが絶叫し、『ええねん』で締め。

ライブハウスでウルフルズを観るというタダゴトではない時間はあっという間に過ぎていった。

続いて怒髪天が登場。

その様を階段で見ていた増子直純(Vo)は「俺たちを殺しにかかっている!!」と、対バン相手への十分すぎる手ごたえを吐露しつつも、『情熱のストレート』『HONKAI』など十八番をぶち込んでくる。男の友情を歌った『オレとオマエ』でファンダンゴへのありったけの愛を語り、『NINKYO BEAT』『GREAT NUMBER』というザ・怒髪節ではコブシをうならせる。

1

2