真心ブラザーズ、マゴーソニック

真心ブラザーズ30周年の「マゴーソニック」大団円で終了! アルバムに豪華アーティストの参加も発表

真心ブラザーズ結成30周年を記念して、『マゴーソニック2019 30周年スペシャル!』が大阪の服部緑地野外音楽堂で開催された。

初の野外となった『マゴーソニック』。まず、真心ブラザーズによる前説が行われたが、登場SEのトラブルをゆる~くイジるというふたりらしい始まり。

心配された雨も始まる頃には止んでいた。また、全ての出演者出番の前にも、ふたりは登場して紹介をしていった。

真心ブラザーズ、マゴーソニック

トップバッターは、真心と同じ事務所で実の姉妹ももと小春によるチャラン・ポ・ランタン。

ももの唄と小春のアコーディオンで「進め、たまに逃げても」、「ムスタファ」と続けて披露していく。

新曲「置行堀行進曲」も初披露された。ふたりの素敵な衣装が実のお母様とお祖母様によって制作されている事も明かされ、そこから夏にピッタリな曲と紹介されての「ソトデナイ」へ。

海外の大名曲が「ひきこもり!」というコール&レスポンスで歌われるのは誠に愉快だった。「愛の讃歌」ではマイクのシールドがギリギリいけるとこまで、ももは客席へ飛び出し、撮影もOKのサービスタイム!

スタッフと肩組んで踊って歌ったり、凄く自由な雰囲気での素晴らしい幕開けだった。

真心ブラザーズ、マゴーソニック

二番手は、藤巻亮太。

勢いよく「五月雨」からスタート。

CMソングでもお馴染みの「ウィスキーがお好きでしょ」では、あまりの美声に観客もウットリしながら聴き惚れる。

20代はレミオロメンで活動して、30代になってからソロになり世界を旅するようになったことをきっかけに、「幸せ」について考えるようになったというMCの流れから「マスターキー」へ。

「南風」、「雨上がり」というアップビートな楽曲では、自然に手拍子も起きて盛り上がっていく。自身が地元の山梨で開催しているフェスについても話され、最後は代表曲でもある「3月9日」へ。曲間で思わず拍手が起きるくらい、その場にいる全員に沁みているのがわかった。

真心ブラザーズ、マゴーソニック

三番手は、真心のふたりから「いい男!」と紹介されたMy Hair is Badの椎木知仁。

静かに現れて、椅子に座り、ゆっくりと歌っていく。「明るい歌を歌います!」と「大人になってこそ」を披露。

バンドマンたるもの女に食わせてもらうものと想っていた20歳の頃、そして実際はヒモになりきれなかったという実話から、「ヒモと女」、「元ヒモとして」へ。今年初めてひとり暮しして出来た歌、ツアーを追いかける女性客の気持ちになった歌など、ひとつひとつのエピソードが面白い。

この日、バンドの楽曲ではなく、全曲ソロの楽曲で勝負したのも潔くて、かっこよかった。

真心ブラザーズ、マゴーソニック

四番手は、銀杏BOYZ峯田和伸 。

真心とFM COCOLOのDJマーキから「怪物!」紹介された峯田だが、1曲目「SKOOL KILL」から上半身裸になり、途中でギターを捨てて、観客席へ乗り込み、その怪物っぷりを発揮する。

2曲目「人間」では雨も降り出し、「どうせならザーザー降りがいい!」と峯田が話すと、本当にザーザー降りに! そんな中でも照れながら真心への想いを明かす一面も素敵であった。

「夢で逢えたら」、「BABY BABY」という人気曲では、観客たちから喜びの歓声が飛び交う。高校時代の甘酸っぱい想い出や、もう固有名詞を曲名にしないなどと明かされた後は、ギターを持たず、オケで歌う「ぽあだむ」。一番雨が激しい時間は、一番ライブも激しかった。

1

2