WANIMA

WANIMA 集まった2万人に100万リットルの大放水!!「WANIMA× S2O JAPAN Good Job!! Release Party〜カオス!!ギネス!?日本初!!〜」終了

札幌2デイズ、KENTAとKO-SHINの地元・天草での公演を経て、ついに首都圏での開催となったWANMA『Good Job!! Release Party』。

県立幕張海浜公園のビーチでのライブは、「世界一ずぶ濡れになる音楽フェス」こと「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL 2019」とのコラボレーションとして実現した前代未聞のずぶ濡れワンマンライブとなった。

特設サイトにも「めっちゃ水かかります」という意味の注意事項が繰り返し記載されているとおり、この日幕張に集まった2万人ものお客さんを待ち受けるのはとてつもない量の放水(どのくらいかというと、何と総水量100万リットル!!)。

始まるまではいったいどんなことになるのか想像もつかなかったが、一言でいえば、楽しさも、切なさも、つまりWANIMAというバンドのもつ両面が思いっきりブーストされた最高の夜となった。

そこに集まった全員が、降り注ぐ水を浴びてびしょ濡れになりながら笑顔で歌っている、その光景はどこからどうみてもWANIMAだったのだ。

砂浜にどんと鎮座する巨大なステージ。

観客エリアのいたるところに配置された放水器。いつものライブとは一味もふた味も違う雰囲気だが、幕張に集結した2万人のWANIMAファンはそんなちょっと不思議な状況もとことん貪欲に楽しもうとしていた。

場内にはフードやドリンクの出店はもちろん、WANIMAの3人をかたどった柱に輪っかをかけるその名も「輪にま投げ!!」や「WANIMAビーチフラッグ」などのブースも設置されていて、会場に入ってきたお客さんはそれぞれ思い思いの過ごし方でライブに向けて気持ちを高めている。

もともとフェスとのコラボなので当たり前だが、その雰囲気はまるでWANIMAだけのフェスみたいだ。

WANIMA

そうこうしているうちに開演時間。

「JUICE UP!!のテーマ」に合わせて手拍子の嵐が吹き荒れるなか、アロハシャツを着たKENTA、KO-SHIN、FUJIの3人がステージに現れ、ステージの端から端まで走りながらお客さんを煽っていき、「WANIMA x S2O JAPAN Good Job!! Release Party開催しまーす!!」と宣言。

そこまではいつものWANIMAのライブ……だが、そこからがやはりとんでもなかった。とにかく、水、水、水。

1曲目の“オドルヨル”から大量の水が降ってくる。あっという間に全員ずぶ濡れ。

KENTAも「みんな、1曲目からヤバいって!!」と笑顔だ。その後も要所要所で撒かれる水が、お客さんの熱量を冷ますどころかますます高めていく。

そう、一度濡れてしまえばみんな一緒。

あとは怖いものなしで盛り上がればいいだけなのだ。「とうとうWANIMAとみなさんのとんでもない1日が始まります。今日はもうタダでは帰れんからね!!」。そんなKENTAの言葉に大歓声が応える。

WANIMA

恥ずかしいとか、照れくさいとか、ちょっとスカしてみがちとか、そういういろんな人のいろんな性格を、空から降ってくる水が文字通り洗い流していく。

客席から上がる歌声も、MCに対するリアクションも、曲を追うごとに大きくなっていくようだ。

大合唱が巻き起こった“昨日の歌”に“サブマリン”、もはやファンには恒例となったモノマネの「ご本人」に会ったときのエピソードを開陳したFUJIに向けられた盛大な拍手。

7月17日リリースのニューシングル『Summer Trap!!』からの新曲“夏のどこかへ”ですら(三ツ矢サイダー2019 CMソングとしてCMで流れて、先行配信されていたとはいえ)、まるで長年親しんだ曲のように歌われ、愛されている。

KENTAは水をかぶったお客さんに「寒くない?」と訊くが、客席からはむしろ「暑い!!」という声が返ってくるほどだ。

この日の天気は夏らしい晴天というわけにはいかなかったが、だからこそ、WANIMAの音楽に込められた「熱さ」がより一層ヴィヴィッドに感じられるような気すらする。

1

2