人間椅子二十五周年記念ツアー〜無頼豊饒〜|恵比寿リキッドルーム

大歓声に迎えられて、アンコールに応えたメンバー。同日、誕生日であるドラムのナカジマノブを会場全体で祝し、メンバーより和嶋からドラムのチューニングキー、鈴木から笑点のオープニング効果音でお馴染みのタクシーホーンがプレゼントされた。
アンコールナンバーは”無頼豊饒”から「リジイア」。エドガー・アラン・ポーの小説で”いろんな美しいものにリジイアの美しさを見る”という、「無頼豊饒」のコンセプトを象徴するかのように見事に表現されている。”怪人二十面相”より「地獄風景」でアンコールは終了した。

ダブルアンコールに応えたメンバーは、さらにサプライズを用意していた。それは来年1月24日、23年振りの渋谷公会堂でのライヴ。12月3日には、新曲を含めた25周年記念ベスト盤(2枚組)の発売。同日、「人間失格」(1990年発売)以来となる、バンドスコアの発売を発表すると、会場からは大歓声に包まれた。

ラストを飾ったのは”無頼豊饒”から「なまはげ」。ツアー〜無頼豊饒〜のファイナルは大歓声で幕を閉じたが、自由のロック的な表現になるという「無頼」と、状態の豊かさを表す「豊饒」という意味を持ったこのツアーの未来に通じる世界が、来年の渋谷公会堂でまた繰り広げられることになるだろう。

■和嶋慎治 コメント
前回渋公に出たのは、20数年前だったでしょうか。
ゲストの方を呼んだり、様々な趣向を凝らしたように記憶しています。
(ゲスト出演があったのは他のライヴだったかな…でも演出は凝っていたはず。満員とはいかなかったと思います)
そんな渋公に戻るまでに20年掛かりました。
今回は一歩一歩踏みしめてたどり着いた観があるだけに、喜びもひとしお、感無量です。
皆さんと喜びを分かち合いつつ、現在の人間椅子を楽しんでもらえたらと思っています。

■セットリスト
1.新調きゅらきゅきゅ節
2.りんごの泪
3.悉有仏性
4.蟲
5.地獄の料理人
6.幻色の孤島
7.隷従の叫び
8.太陽黒点
9.結婚狂想曲
10.死神の饗宴
11.深淵
12.宇宙船弥勒号
13.地獄
14.迷信
15.針の山
<Encore 1>
1.リジイア
2.地獄風景
<Encore 2>
1.なまはげ


撮影:KASSAI(3PO DESIGN WORKSHOP)
テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330

1

2

  1. Neil Young

    Neil Young、歴史ある会場で数ヶ月のうちにツアーをやりたい自身の…

    2020.02.29

  2. Justin Bieber

    Justin Bieber、最新作でElvis Presleyが59年間保持したチャート記…

    2020.02.29

  3. Andrew Weatherall

    Andrew Weatherall、900時間にも及ぶミックス音源がファンによって…

    2020.02.29

  4. PET SHOP BOYSとNew Order

    PET SHOP BOYSとNew Order、共同ヘッドライナーで北米ツアーを行う…

    2020.02.29

  5. The Waterboys

    The Waterboys、4月に一夜限りの来日公演が決定

    2020.02.29

  6. Soccer Mommy

    Soccer Mommy、来たる新作より“Bloodstream”のMVが公開

    2020.02.29

  7. BEN HARPER & THE INNOCENT CRIMINALS

    BEN HARPER & THE INNOCENT CRIMINALS、3月の来日公演が中止に

    2020.02.28

  8. Friday Night Plans

    Friday Night Plansのスタジオライブ映像・第3弾「UU」を公開

    2020.02.28

  9. Foals

    Foals、来日公演が予定通り開催

    2020.02.28

  10. Selena Gomez

    Selena Gomez、“Rare”のスタジオ・ライヴ映像が公開

    2020.02.28