ZIGZO LIVE TOUR 2014 “FOREVER YOUNG”

10月20日、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにてZIGZO LIVE TOUR 2014 “FOREVER YOUNG”の初日が開催された。
「血と汗と涙の裏側のハッピー」でのメジャーデビューから、15周年の同日にリリースされた渾身のニューアルバム「FOREVER YOUNG」に伴う本ツアーはアニバーサリー公演でもあり、2デイズとも即日ソールドアウトとなった。

「今回のアルバムの楽曲は劇場スタイルの会場であえて演奏してみたい」というメンバーの意向によってセレクトされた会場では、SEが鳴り響くと椅子があるにも関わらず総立ちになったオーディエンスに迎えられ、「渦」でスタートした。ライトが照らされたステージでは赤い絨毯が敷かれ、”40代のロック”と話す高野 哲の言葉通りの演出が見られる。

「少年の足跡」「炎は青く揺れる」まで立て続けに演奏され、”ZIGZOが放つロック”が、その演奏力と共に会場中に響く。
「ソールドアウトって”おかわり自由””飲み放題”に続く良い言葉だね(笑)」と、集まったオーディエンスと喜びを分かち合いながら「B型ゆえのLOVE SONG」に続く。
岡本竜治のギターが掻き鳴らす旋律に踊り、「血と汗と涙の裏側のハッピー」でのリフ・ギターソロは力強く、一気に会場がヒートアップする。

「I CULT YOU」では大西 啓之のベースが妖しくもグルーヴを奏で、「君をいつまでも」のアコースティックギターと絡む重低音が、シングルライクな楽曲であるにも関わらず勢いを感じさせるのは、バンドとしての熱量がパフォーマンスに込められているからだろう。
「言葉である以上、気持ちを込めないと伝わらないから、歌は全部ラブソングだと思う。」と話す高野 哲に、会場からは暖かい拍手が起こる。

「My Sweet Shame」で刻まれる櫻澤 泰徳のリズムは、ミドルテンポの楽曲に激しく刻まれ、「my problems」での緩急は圧巻で、楽曲の表情をビートでここまで表現できるドラマーは中々いないだろう。「ファッションモンスター2」はファーストシングルに収められている楽曲なのだが、”色褪せない”という言葉は正しくこの楽曲に当てはまる。初期衝動だけではない、今のZIGZOから放たれる音は、せめぎ合いの中にもメンバー同士の信頼からなせるグルーヴがあるからだ。

「FOREVER YOUNG」に収録された「空飛ぶピアニスト」「しわくちゃな夢」では、歌と演奏を聴かせ届けるという、本ツアーのコンセプトが味わえる。それは、卓越した演奏力と心に届けられる楽曲があるからこそである。ギターを置いた高野 哲は、「Dancing in the chains」「Beyond the moment」とボーカルに徹し、ステージ中を動き回り表現する。

岡本竜治のギター・リフから始まる「裸ピストル」が始まると歓声が起こり、彼のシャウトにホール中に拳が突きあがる。「笑う月」の後、ZIGZO 15th Anniversary Live Vol.2 “We Are Beautiful Tonight!”の発表を行うと歓声が起こり、「オレンジ」では会場中にその喜びを包み込む。再び、高野 哲がギターを手にし「ひまわり」を演奏する。「FOREVER YOUNG」にも収録された名曲は、大西 啓之と櫻澤 泰徳の鉄壁のリズムがその進化を魅せる。

「衝動」「I’m in love」と復活後のアルバムリード曲を披露し、ラストの「FOREVER YOUNG」で幕を閉じた。ラスト3曲に復活後の楽曲をセレクト出来るのは、ZIGZOが未だ進化を続けているからだろう。過去にすがることなく、”今”のZIGZOだから表現出来ることを追い求めているからこそのロックであり、彼らの「FOREVER YOUNG」である。
“All Those Years Ago”、そして発表された“We Are Beautiful Tonight!”と、ZIGZOの進化は止まることはない。その進化をその目で焼き付けて欲しい。


01. 渦
02. 少年の足跡
03. 炎は青く揺れる
04. B型ゆえのLOVE SONG
05. 血と汗と涙の裏側のハッピー
06. I CULT YOU
07. 君をいつまでも
08. My Sweet Shame
09. my problems
10. ファッションモンスター2
11. 空飛ぶピアニスト
12. しわくちゃな夢
13. Dancing in the chains
14. Beyond the moment
15. 裸ピストル
16. 笑う月
17. オレンジ
18. ひまわり
19. 衝動
20. I’m in love
21. FOREVER YOUNG

photo:大参久人
テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330