人間椅子二十五周年記念ツアー〜無頼豊饒〜|恵比寿リキッドルーム

9月20日、恵比寿リキッドルームにて二十五周年記念ツアー〜無頼豊饒〜ファイナル公演が開催された。
バンド生活25周年の人間椅子としても、初となる本会場での公演はソールドアウトとなっており、6月にリリースした最新アルバム「無頼豊饒」の勢いが感じられる。

前作”萬燈籠”に収録されている「新調きゅらきゅきゅ節」からスタートした本編は、会場中で拳が突きあがり”人間失格”に収められた名曲「りんごの泪」まで、一気にその世界観を魅せつける。
当日はドラムのナカジマノブの誕生日でもあり、鈴木から「奇しくも、無頼豊饒ツアー最終日はナカジマノブ君の誕生日に当たりました」に、会場から大きな歓声が沸き起こる。
「25周年ですから、新旧取り入れた構成を楽しんで下さい」と和嶋のMCより披露されたのは”無頼豊饒”から「悉有仏性」、”二十世紀葬送曲”に収められている「蟲」では、鈴木がボーカルを取り、和嶋のギターパフォーマンスに会場もヒートアップする。
「いつもより長く歯で引いていた、ギター和嶋慎治です」と鈴木からのMCに答える和嶋から「歯が痛いです、知覚過敏です」と笑いを誘う。

「今、和嶋くんがね、曲の終盤でこっちを見てニッコリしたんですよ。良い演奏したときにそれがあるんですけど、お客さんを抜いて演ったとしても、今日のライヴを演って良かったです」という鈴木に和嶋は「こう見えて素直な人間ですから。良い演奏出来たのはお客さんのお陰ですよ」と、会場を一瞬にしてひとつにしてしまう。
鈴木が”無頼豊饒”で唯一作詞した「地獄の料理人」、和嶋の妖しいアルペジオが響く”瘋痴狂”から「幻色の孤島」と、正に”新旧取り入れた構成”が繰り広げられる。
ジョージ・オーウェルの小説『1984年』に登場する「ビッグ・ブラザー」を引用し、「○○論」を話す中演奏されたのは”無頼豊饒”のラストを飾る「隷従の叫び」。続いても”桜の森の満開の下”のラストナンバー「太陽黒点」と、どの時代の人間椅子の楽曲だとしても、ライヴでスタンダード・ナンバーがあり、新曲と交じり合えることが出来る。

「結婚の話題を全国各地で話して来ましたが、その日1番の盛り下がりをしてしまいました」と和嶋が話しながら放ったのは”無頼豊饒”より「結婚狂想曲」。ブラック・サバス風にアレンジしたとされる楽曲は、そのラウドさと歌詞の世界感こそが人間椅子のオリジナリティだと言える。
そして”見知らぬ世界”より「死神の饗宴」、”未来浪漫派”より「深淵」と一気に叩き込む。

「リキッドみんな、楽しんでますかー?俺もすっげー盛り上がってるぜー!」と盛り立てるナカジマノブに「兄貴ー!」と返すファン。「人間椅子は25周年だけど、俺は10周年だぜー!10年間、楽しいことがいっぱいありましたが…なんと今日が1番楽しいぜ!」に会場からは歓喜の拍手が惜しみなく送られ、如何に近年の人間椅子・ファンにとって、ナカジマノブという人間性が大きな作用しているかが伺える。
そんなナカジマノブがボーカルを務める、”無頼豊饒”から「宇宙船弥勒号」が演奏され、”無限の住人”から「地獄」では鈴木がボーカルを務める。そう、人間椅子の世界はこの3人誰が欠けても成立しないということを改めて感じさせてくれる。

“無頼豊饒”から「迷信」、古くからのファンにとっては嬉しい”人間失格”から「針の山」と続き、熱狂に湧く会場を後にし本編が終了した。

1

2