人間椅子「苦しみも喜びも夢なればこそ『現世は夢~バンド生活二十五年~』渋谷公会堂ワンマン」

1月24日、人間椅子ワンマンツアー「現世は夢~バンド生活二十五年~」の最終公演として、約23年ぶりとなる渋谷公会堂でのライブが開催された。

25周年となるアニバーサリー・イヤーに併せてリリースされた「現世は夢~25周年記念ベストアルバム~」を中心とした選曲は、会場に集まった約1800名ものファンを熱狂させるものとなった。

大歓声に迎えられ、和嶋のギターアルペジオから始まったのは新曲「宇宙からの色」、続けて地獄シリーズとも言うべき「地獄への招待状」とヘッドバンギングで会場が揺れる。
「25周年の締めの日に、ようこそおいでくださいました。25年間、人間椅子を応援してくれてどうもありがとうございます。」と鈴木から感謝の言葉が投げられると、和嶋からも「苦しみも喜びも夢なればこそ『現世は夢~バンド生活二十五年~』渋谷公会堂にお越しいただきありがとうございます。」と続ける。「今まで2度ほど出たことがあるんですけど、この渋公に再び戻ってくるまでに20年かかりました。そして、今までの2回はそれほどチケットが売れなかったんですが、初めてソールド・アウトしました!」と告げられると、大歓声が沸き起こり「和嶋くんが一生懸命ラジオに出た甲斐がありますね。」と鈴木が笑いを誘う。

そして「萬燈籠」に収録された「新調きゅらきゅきゅ節」「ねぷたのもんどりこ」に続き、「腐女子と愛すべきオタクたちに捧げます!」という紹介と共に披露されたのは、インディーズ盤の名曲「神経症I LOVE YOU」。鈴木が歌う「桜の森の満開の下」では、圧巻のパフォーマンスに会場も揺れる。

「ここだけの話、鈴木くんは当時長髪でビジュアル系だったんですよ。」と和嶋が当時を振り返ると、「和嶋くんだってジャニーズ系だった。」と鈴木が会場を笑いで包む。
「冥土喫茶」では、袈裟を脱いだ鈴木がファンを煽り、「オイ!オイ!」と会場からコールが沸き起こる。

兄貴こと、ナカジマノブから「渋谷のみんな、声を聴かせてくれるか?俺のこと兄貴って呼んでくれ!」の煽りに会場中から「兄貴!」コールが沸き起こる。加入10周年でもあるナカジマノブから「2人(和嶋・鈴木)がビジュアル系だったりジャニーズ系だったりしたとき、僕はガテン系だった。」と会場を盛り立てる。そして歌われたのは、名曲「蜘蛛の糸」。

1

2