清春、東京&大阪ホール公演『Covers』ファイナルでみせた、自由で麗しき美学

清春が8月13日、メルパルクホール東京にて<東京・大阪ホール公演「Covers」>の最終夜を美しく締め括った。6月27日のヒューリックホール東京公演から始まった計4本というコンパクトなシリーズながらも、各公演で清春が紡いだ至福の物語にオーディエンスは強く共鳴。制作進行の遅延により発売延期となっていた清春初のカバーアルバム『Covers』のリリース日も決定し、この夜、メルパルクホール東京に集まった観客は、清春の歌唱を全身で受け止めるように楽しんでいた。

午後7時を10分ほど過ぎた頃、開演を告げるSEが鳴り、清春がゆっくりとステージ中央に歩み出る。その眩いばかりのシルエットに早くも大きな歓声と拍手が注がれている。中村佳嗣(G)、大橋英之(G)、YUTARO(B)、FUYU(Dr)といった彼自身が信頼を寄せるミュージシャン達を従え、ショウの準備は万端だ。

時に狂おしく、時に包み込むような「UNDER THE SUN」で幕を開けると、清春の歌声がホールの隅々をも照らしていく。続くカバーアルバム『Covers』からの「悲しみジョニー」でみせた退廃美と情念にも、たまらないものがあった。

清春のライヴは、毎回その場でしか味わえないようなスリルに満ちている。この日はたとえば、『Covers』からの甘く切ない「SAKURA」や浮遊感と包容力を宿した「シャレード」などが絶品で、客席のあちこちから、声にならないような感嘆の声が聞こえてくる。

本編中盤の「影絵」や「loved」などの感情の高まりも特筆に値する場面だろう。ライヴが進行するにつれて、ますます歌が強靭になっていくのが清春という稀有なシンガーなのだ。いずれの曲にも、25年の活動を経てきた彼の現在の境地が感じられ、まぎれもない美が宿っていた。特に、本編を締め括る「輪廻」と「MELODIES」は、清春がいついかなる時も詩情に富んだ歌を作り出してきたことを再認識するハイライトだった。

1

2