The Cheserasera

The Cheserasera、超満員の会場で仲間たちと迎えた始まりの日

11月9日(土)、東京・新宿LOFT および LOFT BARにて、The Cheserasera 主催の2会場往来自由イベント「over the fence」が開催された。

当日はBentham、KAKASHI、Copernix、Amelie、This is LAST、WOMCADOLE、POETASTER、ユアネス、The Songbards、the quiet room、ofulover、ircle、No Buses、そしてThe Cheseraseraの全14組が出演。北は北海道、南は九州まで、全国各地出身のバンドが集い、LOFTステージとLOFT BARステージで交互に白熱したライヴが繰り広げられた。この被りなしのタイムテーブルには、全バンドを観てほしいという思いが込められたもので、開場から開演までの間に行われたThe Cheseraseraの宍戸翼(Vo / Gt)による弾き語りのオープニングアクトを含めると、イベントは9時間近くにも及んだ。

The Cheserasera

 The Cheseraseraの楽曲のワンフレーズを演奏したり、MCで馴れ初めや思い出を語ったりと、出演者がそれぞれの「ケセラ愛」を披露しながら、イベントのラストを飾るThe Cheseraseraへとバトンリレーをしていく。その都度、観客たちが右に左に、2つのステージを行き来する。ソールドアウトで超満員のフロアは、決して動きやすい状況ではなかったが、イベントに集まったひとりひとりが音楽を求め、楽しんでいる様子が伝わってきた。また、この会場作りについてもCD制作と同じく彼らの手作り精神が踏襲されており、フロア図や過ごし方のポイントなどを事前にSNSや公式サイトで伝えたり、仲間のバンドマンの協力を得てフードの提供をしたり、少しでも過ごしやすいように、とメンバー自身が知恵を出し合った結晶だったのだ。

The Cheserasera

そしてイベントスタートから8時間が経とうとする頃、満を持してこの日の主催者The Cheseraseraのステージが幕を開けた。1曲目は「東京タワー」。溢れ出す歓びがビートを弾けさせ、颯爽と走り出すメロディーと共に会場を駆け抜けると、彼らの登場を待ちわびた観客たちの手が一斉に上がる。「今日は僕たちにとって大事な始まりの日です」と宍戸が告げてスタートした「ファンファーレ」は、まるでこの日を祝福するために誕生したのかと錯覚するほどに、迷いを捨てて前へ進もうとするメッセージも、祝祭感たっぷりの曲調も、会場の空気にピタリとはまっていた。「始まりの日」と宍戸が口にしたとおり、彼らはこのイベントを一回限りのものにするつもりはないらしい。この日の目的は、心から愛せる音楽を、SNSではなく直接触れられる距離で届けること。言い換えれば、自分たちが良いと思った音楽だけをごまかしのきかない生のステージで届けること、である。つまり彼らがずっと貫いてきた「嘘をつかない」という信念が、多くの人を惹き付けて、この一大イベントとして実を結んだということだ。

それが強く伝わってきたのが、「No.8」の前のMCだった。「答えが出るような歌は、一生歌えないと思う。だって答えなんて出ないから」と宍戸。物事に、白黒をつけてしまうのは簡単だ。適当に落としどころを作って自分を納得させてしまえばいいから。けれど宍戸翼という人間は、絶対にそれを良しとしない。その葛藤や苦悩とどこまでも向き合って歌にする。だから彼らの楽曲には、1曲の中にも様々な感情が詰まっている。悲しいだけでも、前向きなだけでもなく、ただ人間らしい歌をずっと歌ってきたのだ。

The Cheserasera

1

2