冷牟田竜之 presents Taboo in 神戸 THE MAN with チャーリー・コーセイ~ルパン三世 皆殺しの唄~

2月26日、神戸チキンジョージにて「冷牟田竜之 presents Taboo in 神戸 THE MAN with チャーリー・コーセイ~ルパン三世 皆殺しの唄」が開催された。
同月、新宿ReNYで開催されたTabooの続編ともいうべき公演は、チャーリー・コーセイの地元でもあり、多くのファンが駆けつけた。

まずはTHE MANからスタート。「みなさん、Tabooへようこそ!今日こそは爆発しよう!」と冷牟田からの声に、一気に会場中へ熱が帯びる。
Tabooでのラスト公演となる二本木作曲による「Ghost Dog」では、青木がフロアへ降り、踊る観客と共にフロアがステージであるかのようにパフォーマンスを繰り広げる。

中村のリフから始まる「Misirlou」では、飯川・寺谷がステージを縦横に駆け回り、狂気の世界を魅せる。
「GABBA GABBA HEY」では、加藤の鍵盤が激しく奏でられ、伊藤のドラミングは会場を揺らし続けるビートを刻む。
乗っけから圧倒的なパフォーマンスで会場を沸かせ、ステージを後にした。

続いては、新宿ReNYに続いての参戦となる、奇妙礼太郎。
「お久しぶりです。」とスタートしたのは「天王寺ガール」。「早く終わって酒が飲みたいけど、みなさん楽しんでますか?」との問いに、会場から拍手で応えられる。
「ダンスホール」「愛してるんだ」「あなたただひとり」と、次々と名曲を奏でる。会場からのリクエストで「オー・シャンゼリゼ」が演奏されると、拍手が沸き起こる。
中島らもの「いいんだぜ」では、その歌詞の世界観とTabooの世界観が交わるように奏でられた。

そして、フロアではイマイアキノブのDJセットが始まる。
オールディーズから名曲の数々、民族音楽まで幅広いセレクトに、DJブースを囲むオーディエンスが酔いしれる。
会場をさらに盛り立て、THE MAN with チャーリー・コーセイへ繋いだ。

THE MANのイントロに迎えられて、チャーリー・コーセイがゆっくりとステージ中央に立つ。
「THE MANと一緒にやって、パワーをもらってます。」とチャーリー・コーセイが語るように、現代で再演されるルパン三世の名曲たちは、全てにおいてそのパワーを放っているのがわかる。
「ルパン三世 エンディングテーマ」では、そのパワーのみならず、哀愁や妖しさをまといながら奏でられ、ルパン三世をイメージして作られたという、中村作曲による「天国のブルース」では、混沌とした現代へのレクイエムにも感じられる。
「ルパン三世’78」では、会場中で大合唱が沸き起こり、「I’m a Super hero」で”皆殺しの唄”のステージが終了した。

鳴り止まないアンコールに迎えられ、再び登場したTHE MANは、冷牟田を筆頭に管楽器隊が次々とフロアへ降り、その熱いアンコールに応えるべく、パフォーマンスをし続ける。ダブル・アンコールで演奏されたのは「Good Gravy」。イベント終了を惜しむかのように大歓声に包まれ、Tabooの幕は閉じた。
そして、THE MANより脱退が発表された、ベーシスト二本木潤のTabooラストステージは、皆殺しのベースを奏でつづけ、会場中のファンの胸に刻まれていた。

1

2