THE MAN with チャーリー・コーセイ「ルパン THE 3rd 殺しの唄」

夏の終わりを迎える8月31日、THE MAN with チャーリー・コーセイ「ルパン THE 3rd 殺しの唄」が、ビルボードライブ東京にて開催された。
先にリリースされた、メジャー2枚目となる最新コンセプトアルバム『Taboo 殺しの唄』(THE MAN with チャーリー・コーセイ)は、ルパン三世のTVファースト・シリーズをこよなく愛す、冷牟田 竜之プロデュースによるアルバムで、そのシリーズの楽曲カバーが多数収録されている。このコンセプトアルバムの再現が目撃出来る、貴重な機会ということもあり、多くのファンが駆けつけた。

薄暗い会場にSEが響き渡り、黒のライダースを纏ったメンバーが、次々とステージに上がる。赤い照明に照らされたステージから、加藤 洋平(Key)の妖しい音色と共に始まりが告げられた。空気を一瞬で変え、”殺しの唄”の世界へ誘うかのように、引き込んで行く。続いて冷牟田 竜之(alto sax / agitate-man)がステージに現れ、「Let Me Burn」が始まる。ここがビルボードであることを忘れるくらいに、客席からは”Oi”コールが沸き起こり、サポートベーシストのツタヤトシヒコが奏でる轟音ベースが響く。静寂と狂気に満ちた世界を魅せる「The Man Still Standing」では、飯川 賢(trumpet)の旋律が、一瞬にして会場をスカ一色に染める。

「みなさん、ビルボードライブ東京へようこそ!外は寒くて雨が降ってるけど、ここだけは熱く熱く、爆発しよう!」と冷牟田のMCから、ソリッドな中村 和輝(Gt)のギターが歓声を裂くように「Ghost Dog」へなだれ込む。青木 ケイタ(baritone sax / flute)が客席に降り、また客席2階へ上がるパフィーマンスに、観客もスタンディングで盛り上がりをみせる。「BODYHEAT」では、拳が突きあがるほどの歓声が沸き起こり、それに反応するように中村のギター・ソロも激しさを増してゆく。最高の疾走感で演奏を終えると、突然ステージが暗転し、SE「ルパン三世 エンディングテーマ が流れる。

再びライトが照らされたステージからは「Shot In The Dark」が奏でられ、チャーリー・コーセイと武田カオリ(ゲスト・ボーカル)がステージに登場し、「Afro Lupin ’68」をアウトする。チャーリー・コーセイと武田 カオリの歌声が、「ルパン THE 3rd」の始まりを告げ、伊藤 隆郎(Dr)のフロアドラムに合わせて、手拍子が客席から沸き起こった「Year Lupin」では、歓喜と静寂が同居した物語を奏でる。転調と共に、飯川のトランペットが多彩な表現で魅了していく。
チャーリー・コーセイのMCから「闇を走る」が続き、フロアを動き回りながらソロをとる寺谷 光(trombone)は、その力強い音色を響かせた。

1

2