THE STARBEMS interview vol.33

ー今年6月に山下 潤一郎(Ba)が正式加入し、5人編成となったTHE STARBEMS。現体制初の音源「FIGHTING FATE」「JINGLE JANGLE SONG」を無料配信にてドロップした真意とは?【5-1+1≦5】である THE STARBEMSメンバー全員によるインタビューをお届けする。

ー今年のおさらいからですが、3月にゴスケさんの脱退がありながらも、イベントなど精力的に出演し、自主企画「Day Believe Dreamer」で山下さんの正式加入発表がありました。プラスもマイナスも含む変動の経験は、現在のバンドにとっては、心機一転”新生THE STARBEMS”なのか、それとも、地続きのTHE STARBEMSなのでしょうか?

日高 央 (以下、日高):印象としてはどっちだろう…新生ではないかな。

山下 潤一郎(以下、山下):うん、新生な感じではないですね。

越川 和磨(以下、越川):でも、潤さんが入ってからは、バンド活動の在り方が変わったところはありますね。今までは、バンドメンバーとスタッフのフォロー体制がある中でやってましたけど、今はメンバーだけで完結出来るようにしていて、そういう新しさはありますね。それは、無意識に音やメンタリティーにも表れていると思うし。

日高:まずオレ的には、脱退したペーヤン(Ba寺尾順平)とゴスケ(Gt後藤裕亮)とは、ヒダカトオル(BAND SET)からやっていて、メンバー同士のグルーヴが生まれた中、満を持してTHE STARBEMSとしたつもりだったんだけど、実際はお互いに、音楽の趣味やプライベートとか知らないこともあって、色んなズレが生じてきちゃってた。だから、潤が入ってからは、”メンバー同士のグルーヴを高めよう”というところから、メンバーだけで周るようにした部分はありますね。

菊池 篤(以下、菊池):それによって、人としてのグルーヴが合うのは早かったですね。

日高:責任の所在がハッキリした方が、より引き締まるというか。例えば「曲順表を忘れちゃった っていうのをマネージャーのせいにしないとか、「ステージドリンク忘れた。ゴメン、オレの担当だった」っていうやり取りがメンバー内で在った方が、基本に立ち帰れるし。元々は、メンバー全員がそういうスタートだったわけですしね。

ー演奏パート以外についても役割を明確にすることによって、THE STARBEMSに責任を持って参加している状態が今の体制ですね。

日高:そうです。例えば、潤は曲順表でオマエ(高地)は?

高地 広明(以下、高地):運転…

一同:(笑)。

高地:初めは「メンバーだけで周る」ってなったとき、オレが1番歳下だし扱き使われるかなって思ったけど(笑)、全然そんなことなくて。

菊池:ライブのセッティング中に、日高さんが率先してドリンクを置いたり、セットリストを貼ってくたりしてますし。

越川:敢えて自分たちでやることによって、1日の流れも把握出来るし、それをみんなで共有し合えることが、グルーヴが高まる要因だと思いますね。

ー先ほどの高地さんのお話ではないですが、メンバー同士の関係性もフラットな印象を受けます。

日高:1番歳上のオレも、2番目に歳上の潤もイジられちゃう対等さです(笑)。

ー(笑)。そう言えば、グルーヴを高める要素として「日高塾」なるやり取りがメンバー内であったかと思いますが、それは継続されているんですか?

日高:生徒3人中、2人がいなくなったので(笑)、残りは高地だけです。

高地:いよいよ廃校ですね(笑)。

ー(笑)。それでも、今お話されている雰囲気からも、元々バンドが持っていたアティチュードは失っていないというか。

菊池:みんなが地に足がついたことによって、むしろ増したかもしれないですね。

越川:「自分たちがやりたいことをやるには、自分らでケツを拭かんとダメなんや」っていうのを直接的には言って来ないですけど、日高さんが言っているように感じてて。間に人がはいると誰かのせいにしちゃうから、バンドもメンバーもやりたいことを明確にして行動することって、1番の重要なところだから。僕もヒダカトオル(BAND SET)で来たとき、色んなサポートがあった分、甘えてたところもあったんですよね。だから、バンドで完結するやり方が、新生というよりはGET BACK的な感じで、すごく良いヴァイブスがありますね。

ーもしかしたら、これまで預けてしまっていた部分をバンド自身で取り戻した?

菊池:あぁ、預けてた部分もあったかもしれないですね。そういうのを失くしていく作業だったと思います。

ー以前、日高さんから「山下さんは人生のBPMが早い」というご紹介をいただいているのですが、サポートから正式メンバーになることで変化はありましたか?

山下:ないです。それはTHE STARBEMSに関わったときから変わらないですね。

日高:通称、ポコ兄(笑)とオレは付き合いが長いんで、逆にサポート・正式っていう形が良い意味でいらないというか。お互いがいつでも言える間柄だから、嫌なら嫌って言えちゃうし。そういう意味では、オレもBPMが早いかも(笑)。

ー3月のタイミングで、ギターパートが1つ減ったことに対して、越川さん・菊池さんでアレンジの再構成もおこなわれたのですか?

越川:基本的に篤は変わってないですね。

菊池:コーラスくらい?ゴスケが弾いてたフレーズがないと成立しない曲は、僕が弾いたり西が弾いたり分担して。

越川:空いた間を自分が埋めるというか。最初は、装飾的なギターをやらなければと思ってたんですけど、賑やかなところを殺して「ゴスケのことなし!(笑)」って、吹っ切ってやったら案外すっきりしたんです。前のも良かったんだけど、この5人で成立させられる音を表現したら、自然とより男らしくなってソリッドになったというか。実際に、この5人でのライブもかなり重ねていて、色んな人の印象を聞いても「男らしくなったね」って言われるので、ゴスケはなかったことに(笑)。

日高:そんなに違和感はなくて、逆にしっくりきてるというか(笑)。

ー(笑)。いやらしい話ですが、日高さんがギターを弾くという選択肢はなかったんですか?

越川:重くて、ギターは持てないみたいです(笑)。

日高:オレと潤は腰がいっちゃってるんで(笑)。まあ、曲によってはオレがギターを持つのもありだと思いますけど、2ギターでしっくりきたし、今に手応えがあるので選択肢にはなかったですね。前から観てくれている人からも評判は良くて、例えばGASOLINEのGANちゃんとかも「なんで、人数減ってるのに音が厚くなってるの?」って言ってくれてて。パフォーマンス込みでなのかもしれないですけど、逆に良かったと思えますし、今後もこの体制で行こうと思ってます。

ーでは、この体制で臨まれた新曲の話に移らせていただいて、秋葉知伸さんの起用は日高さんからですか?

日高:そうです。Gacharic Spinのレコーディングで秋葉くんがやってくれたのもあって、ニュアンスは伝えやすかったですね。作業もすごく早くて、どメジャーなものからどインディーなものまでやっていて、小回りが利くんですよね。

ー制作にあたり、音のテーマとして依頼されたことはありますか?

日高:具体的なオーダーはしていないんですよ。早くとか(笑)。Gacharic Spinがそうだったんですけど、ドラムと歌以外は各自が家なりリハスタなりで録って、それをPro Toolsで合わせていくやり方にしました。例えばギターは、全部このスタジオ(インタビュー場所)で西くんが録ってくれましたね。

越川:人間関係がうまく出来なくて、人がいるとギター弾けないんです(笑)。

菊池:そうなのか(笑)?

越川:アーティストやからな、ナイーヴ。

日高:まぁ、そういう小回りが利くところがドンピシャでしたね。

ーなるほど(笑)。楽曲についてですが、今まで「DESTINY」が担っていた役割を「FIGHTING FATE」が受け継いで行くのかな、という印象を受けました。

日高:そうですね。最近のラウドモノとかパンクロックのシーンって、結構二極化じゃないですか。例えば、これは悪口ではなくて、SAに代表されるような、ゴリゴリの男っぽいオールドスクールを踏襲しているバンド。或いは、2010年以降の「半分以上、メタルじゃん」っていうバンド。そういう印象がすごくあって、オレたちにはポジティヴめな曲が少なかったから「明るい曲を作ろう」というテーマで取り組んで、その二極化の真ん中にいれる曲になったと思いますね。

ーある意味、それがTHE STARBEMSの王道になった感じがしますよね。

日高:今までもそうだったと思うんですけど、今回はより明るめに振り切っても良いかなと。

ー前作では、一貫したテーマがあったものの、所謂”日高節”を解放したタイミングでもあったと思いますので、この方向には行きやすかったのでは?

日高:曲自体はすんなり出てきましたね。それまでも5〜6曲作っていたんですけど、割と暗めだったんです。もう1つ、明るくフックがある曲が欲しいと思って作ったら、みんなも受け入れてくれましたね。

ーギターに関しては、越川さんが先導されたというお話でしたが、どういった工夫がされたんですか?

越川:とにかくシンプルです。僕がギターのフレーズを考えるときに思っているのが、中学生でも弾けるものじゃないとやりたくないということです。

日高:キッズ魂に火を着けるね。

越川:所謂、口ずさめるフレーズなんですよ。色んなフレーズを弾くヤツが前のメンバーにいましたけど(笑)、ギターで掻き回さんで良くて、歌がどんだけたつかっていう部分ですね。ジョン・フルシアンテとかもそうですけど、シンプルでいて印象的なプレイがライブでも出来れば良くて、特にフィジカルで表現することが多いから、それができる範疇であれば良いかなっていう。

日高:セカンドまでは、メタルの意識もあって、歌とギターが対等なイメージが強かったし、なるべくビークルから離れようっていう自分の拘りもありましたけど、もうメタルとか特定のジャンルが好き・嫌いとかじゃなくて「◯◯っぽさがなくても良いかな」っていう、自信がバンドとしても出来たんだと思いますね。あと、歌詞でも運命的な単語が出てくることで「DESTINY」から続いてるように、地続きのテーマが歌えてるかなと思います。

ー季節先取りとなる「JINGLE JANGLE SONG」ですが、これは詞先ですか?

日高:歌詞は後付けですよ。曲だけ先にあって、ドラムの高地がポップパンク好きなんで、モチベーションを上げてやろうかと。

高地:良かったっす。

一同:(笑)。

菊池:偉そうだな(笑)。

高地:曲ともポップパンクよりで、イメージとする曲を日高さんから教えてもらうんですけど、それもすごく良かったんで、これは力を発揮せねばと…。

ーモチベーションが上がったということですね(笑)。この楽曲はラウドさを一切失わないのに、どこか懐かしいメロにハンドクラップ・ベルと暖かさがもありつつ、バンドとしても新しいアプローチではありますよね。

日高:そうですね。ちょうど、マキシマム ザ ホルモンのダイスケはんとPUNKSPRING に行ってFALL OUT BOYを観たんですけど、そこで思ったのが、アメリカのパンクバンドも、二極化で言えば似たような状況でしたね…ゴリゴリかエンタメか、みたいな。お客さん側からすれば、どっちも楽しめるし、自分は両方とも好きだと言えれば、別に恥ずかしくない時代にはなっていて。 昔は、どっちかに寄ってないと敵対関係にあったけど、FALL OUT BOYみたいに”なんでもあり”なバンドもいるわけで、そこで自信を持って、ポップなことをやっても良いかなと。そういう中で、歌詞がクリスマスっぽくなったし、レコーディングの途中で鈴を入れようとか、思いつきでどんどん入れていきました。

ーハンドクラップもメンバー全員で?

越川:あれはみんなでやったよ(笑)。

菊池:アナログな感じで、データ上でなんてやってないですよ。

日高:秋葉くんが言うには「自分で叩いたのを貼っておきました」って(笑)。

ー小回りが利く部分ですね(笑)。

菊池:(笑)。それで言うと、歌入れ当日に歌詞を日高さんが持ってきて「クリスマスの曲になった」って言われたときは、びっくりしましたけどね。

越川:オレには見えてたけどね、「やっぱりな」って(笑)。歌詞が当日なのはいつものことで、47歳がギリギリまでやってこないんで(笑)。

日高:夏休みの最後の日まで、宿題をしないんで。一夜漬けパターンです。

ーそれでもやれちゃうのがTHE STARBEMSの凄さかなと。最後に「Anti-Rock’n’Roll」では、越川さんがエンジニアを務められたとのことですが、フィジカルで購入された人はびっくりすると思うんですよ。

越川:そうですね。これ、実は僕がドラムもやってるんですよ。

菊池:これ、言っていくの(笑)。

日高:隠されたストーリーがあってですね(笑)…、この曲を録る当日に、高地が手を怪我するというハプニングが起きまして。

高地:夜にレコーディングだったんですけど、その日の昼間に怪我をしてしまって。すぐ病院に行って、手を固定してもらってドラムを試したんですけど、無理でした。

山下:それで急遽、オレがキックとスネアのパターンを組んで。

越川:それに合わせて、オレがシンバルを叩くっていう。打ち込みなんで、逆に何をやってもありやなっていう汚し方にアレンジしましたね。最初は普通にやってたんですけど、打ち込み感が気になるし秋葉さんに寄せても面白くないから、とことん逆方向にしていきました。

機転の利かせ方が柔軟ですよね。それこそ、取りやめにすることも出来た筈ですし。

日高:結局、高地は一切参加してないの?

高地:コーラスは参加しました。

山下:そもそも、ドラムがダメになった時点で、この曲はなしにしようともなってたんですよ。

日高:そう。弾き語りとかも考えたんですけど、海外のメタルコアとか最近のパンクバンドとか「これ、貼って(音の継ぎ接ぎ)ない?」っていうのが多いんで。西くんからもオーダーがあったし、チャレンジしてみようと。

越川:スタートしてからは、みんなでそっちに振り切るようにしたんですけど、「言ってもうた、面倒臭い」って思いましたけどね(笑)。

菊池:シンバルを録るときに、手伝おうと思ってスタジオに来たんですけど、ヘッドフォンしながら西が一心不乱に叩いてて。飲みながらやったもんな。

越川:あれだけシンバルを叩いたことがないですし、誰よりもロックでしたね(笑)。

ー怒りのシンバル(笑)。それも奏して「Anti-Rock’n’Roll」の表現が、見事にハマりましたよね。

越川:ドラムはオレが叩いたと書いておいてください(笑)。

ー今回、新曲を届けるにあたり、無料配信と会場限定シングルのリリースとありますが、この経緯についてきちんと活字にしておきたいのですが。

日高:最初は、今年の後半をどう活動していくかという話が出たときで…普通にシングル・アルバムをリリースして、ツアー・ライブをするというルーティンから、どう回避してTHE STARBEMSらしさを出していくかという。そもそも、選択肢が多いし、CDからサブスクリプションに移行していく時期とも被ったけど、例えば「有料配信なのか?盤はそもそも作るのか?」とかをみんな悩んだし、メンバー間でも意見は割れたんです。そこで、西くんから「ゴチャゴチャ言わずに、タダで聴いてもらった方が良いんじゃないか」って言ってくれたことが、みんな腑に落ちたんですよね。

越川:僕自身も「シングルを出したところで、どこまで届くんかな?」っていう疑問があったんです。モノを売るということは、色んなことを巻き込まんとダメやし、色んなプロセスを踏まないといけない。だけど、それによってスピードが出せないジレンマもあったし、ミュージシャンとしてCDも売らないとダメなんですけど、それよりも「ライブに来てもらいたい」って考えが強いんですよね。どれだけダウンロードされても、ライブに来てくれなかったら、バンドにとっては致命的やし、生き物なんで、現場(ステージ)で音を鳴らしたいのが1番だから、CDの優先度は必然的に低くなって。確か、ボブ・ディランが「CDは過去のもので価値がないんだから」って言ってて、そうだなと思ったし。

日高:ボブ・ディランも現場主義だよね。

越川:元々そうやったと思うんですよ。ライブで演奏したものを家でも聴きたいからフィジカルが出来たけど、今は使い捨てになってるというか。だったら、使い捨てでいいから聴いてもらって、良かったらライブに来て欲しいっていう、単純なバンドの在り方を確認したかったのはありますね。

ー個人的には、違法ダウンロード万歳の時代に、逆にアンチというか。「違法ダウンロードしなくても、元々フリーだよ」って言ってるように思えて。

日高:そうですね。違法サービスがいっぱい増えてて、20歳くらいの世代って、ほぼそれを利用してるんですよね。結局はイタチごっこだし、先に無料にして手を打つことは、バンドとしても理にかなってるなと思いましたね。

菊池:そういう、今のバンドの方向性と結びついたのは大きいですね。だからこそ、西の提案にみんな納得できた筈なんで。

ーそれが、ライブへの入り口でもありますし、”Trick or Treat”に掛けられたツアータイトル「CLICK OR TREAT」の意味にも繋がっていくんでしょうか?

日高:ちょうどハロウィンの時期に周るし、ツアーを先に発表していたから、今回の無料配信を匂わせられればというタイトルですね。

ー前半はイベント出演が多かっただけに、現体制でもという部分も然りですが、久しぶりのツアーでは、フルセットのライブも堪能できる場所となりますね。

越川:そうですね。ありがたいことにたくさん呼んでもらえましたけど、イベントだと30分尺が多いので。

日高:35分くらいはやろうかと(笑)。

ーそれ以上は期待しています(笑)。また、対バン相手として、若手バンドからその地のバンドまで、幅広く組まれているのも1つの楽しみにもなりそうですね。

日高:これまでは、サウンドが違うバンドを選ばないようにっていう、変な気を遣ってたんですけど、この際、音が違っても単純に好きだったら呼ぼうって。そこでお客さんが混ざる・混ざらないをオレたちが気にしなくてもいいというか。

ーとは言え、混ざることに期待しつつ。

日高:そうですね。あと、さっきの役割の話ですけど、バンドに声を掛けたメンバーが連絡係になってて。例えば「挫・人間」は西くんが声を掛けたから、細かいやり取りをしてもらってたり、全てをメンバーで組んだツアーになっていますね。

ー今のTHE STARBEMSが提示した活動方法や、バンドとしての在り方を各地のライブで目撃出来るはずですので、是非見逃さないで欲しいですね。

日高:オレたち的にリスナーが固定化されてきている印象もあって、もっと幅広く聴いてもらいたいというのが、今回の配信の狙いでもあるんです。この無料配信が決まってから曲を作ったので、オレたちのモチベーションが開かれた状態を「FIGHTING FATE」と「JINGLE JANGLE SONG」に込めれたし、今までの曲との親和性も良いです。暗い曲をやっても前向きで、どことも被ってない活動が出来てると思うので、バンドメンバーの年齢層もバラバラですけど、「面白そうなおっちゃんがやってるなぁ」って、気になったら是非、ライブに足を運んで欲しいなと思います。


取材:2015.09.10
インタビュー・テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330
撮影:Hiromi Morimoto

http://www.thestarbems.com/freedownload/

 

【ライブ情報】

◇10/10(土) 札幌Bessie Hall
OPEN17:30/START18:00
GUEST:ALL IN A NUTSHELL
INFO:SMASH EAST 011-261-5569◇10/12(月祝) 仙台PARK SQUARE
OPEN18:00/START18:30
GUEST:PULLING TEETH / ANCHOR
INFO:ノースロードミュージック 022-256-1000

◇10/24(土) 大阪Pangea
OPEN17:30/START18:00
GUEST:waterweed / THE→CHINA WIFE MOTORS
INFO:清水音泉 06-6357-3666

◇10/25(日) 名古屋CLUB UPSET
OPEN17:00/START17:30
GUEST:挫・人間 / and more
INFO:JAILHOUSE 052-936-6041

◇11/7(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
OPEN17:30/START18:00
GUEST:挫・人間 / THE→CHINA WIFE MOTORS
INFO:夢番地(岡山)086-231-3531 [平日11:00−19:00]

◇11/8(日) 福岡QUEBLICK
OPEN17:00/START17:30
GUEST:挫・人間 / STEP LIGHTLY
INFO:BEA 092-712-4221

◇11/14(土) 下北沢SHELTER<2Days>
OPEN17:30/START18:00
GUEST:TBA
INFO:クリエイティブマン03-3499-6669

◇11/15(日) 下北沢SHELTER<2Days>
OPEN17:00/START17:30
GUEST:TBA
INFO:クリエイティブマン03-3499-6669

全公演GUEST有り
全公演チケット代 ¥3,100(Drink代別)
チケット発売中!

 

【アーティスト情報】

WEB http://www.thestarbems.com/
Twitter https://twitter.com/THESTARBEMS/
Facebook https://www.facebook.com/thestarbems