冷牟田竜之 presents Taboo 15th Anniversary ~殺しの唄~

12月6日、恵比寿The Garden Hallにて「冷牟田竜之 presents Taboo 15th Anniversary ~殺しの唄~」が開催された。

本イベントは、昨年行われた「Taboo -Before the 15th anniversary “Smell of the blood”」に続く、Taboo15周年のイベントであり、さらに”入場無料”という、前代未聞の公演となった。

開催にあたり、いくつものコンテンツが用意されたのだが、改めて紹介したい。1つ目は、冒頭でも記述した”フリーイベント”であることだ。15周年に際し「より多くのファンと祝いたい」いう、冷牟田自身からのプレゼントとも言えるだろう。
そして2つ目はJ CROWD MUSICにて、冷牟田自身のバンドである「THE MAN」が、当日のライブをDSD でレコーディングするにあたり、クラウド・ファンディングを募った。結果として目標を大幅に超える約150%の達成率を誇り、「最高音質のライブレコーディング」を行うに至ったのだ。こちらの音源は、後日ファンディングしたファンに届けられることになる。

最後に3つ目は、この15周年に駆けつけた出演者たちであるだろう。
DJ陣は「沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)」「田中知之(FPM)」「Ken Ishii」からなる、超豪華な顔ぶれで、これらのアーティストが一堂に会すことはそうそうないはず。

バンド陣は浅井健一率いる「ROMEO’s blood(浅井健一、小林祐介 from THE NOVEMBERS、MASUO from BACK DROP BOMB)」と冷牟田自身のバンド「THE MAN」、ルパン三世テレビ版 ファーストシリーズの主題歌を歌った「チャーリー・コーセイ」をゲストヴォーカルに招いた「THE MAN with チャーリー・コーセイ LUPIN Special」だ。

長年、冷牟田の夢でもあったコラボレーションが遂に実現されるとあって、開催前からの反響が多かった組み合わせである。


MCは「WTF? What the Friday?」でお馴染みのFurukawa TaroとMike Rogers(マイクに至ってはサンタクロースのコスチュームで登場)が務め、「沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)」からスタートした。

普段のDJでは見られない、ロックverでの選曲のクリエイティビティに、会場を大いに沸かせる。
選曲された楽曲には、前後の整合性を遥かに超えた意外性があり、Taboo15周年を祝福するような跳躍力に溢れた時間となっている。”沖野修也”というアイデンティティは、このTabooというロック色の中でも打ち出され、オーディエンス全員を躍らせた。

続いて「田中知之(FPM)」。特筆すべきは、自身が手掛けたリミックスバージョンのSHEENA & THE ROKKETS”LEMON TEA”、東京スカパラダイスオーケストラ”美しく燃える森”、PE’Z”Hale no sola sita~LA YELLOW SAMBA~”をプレイ。
さらには先月、残念ながらこの世を去ったジョニー大倉が作詞を手掛けた”ファンキー・モンキー・ベイビー”まで、往年のロックファンを唸らせる選曲で会場を大きく揺らした。

そして、ホストである冷牟田竜之のバンド「THE MAN」の登場。伊藤隆郎のドラムロールから始まったステージは、ライブを中心に活動してきた彼らだからこその激しさ、そして楽曲毎に魅せる妖しさを放っている。

「みなさん、Taboo15周年〜殺しの唄〜へようこそ、爆発しよう!爆発しよう!」とアジテートする冷牟田竜之に共鳴するように、飯川賢・寺谷光はステージを縦横に動き、中村和輝は轟音のギターを鳴らす。会場は狂気に満ちた世界が作り上げられ、観客はその渦に引き込まれている。”Ghost Dog”ではステージ上で二本木潤が低音を激しく鳴らし、加藤洋平も弾き乱れる。青木ケイタがステージを降り、そのままフロアで盛り立てると、会場中で拳が突きあがった。
全11曲を披露した「THE MAN」は、大盛況の中「チャーリー・コーセイ LUPIN Special」への期待を会場に残し、ステージを後にした。

1

2