The BONEZ Tour「Woke」金沢EIGHT HALL

連日の猛暑が続く7月22日、The BONEZがTour「Woke」の21公演目となる金沢 EIGHT HALLでのワンマン・ライヴをおこなった。

The BONEZ

オリコン・ウィークリーチャート7位を記録した「WOKE」を提げ、5月の札幌公演からスタートしたツアーは、全国各地でソールド・アウト続出。
振り返れば、ワンマンツアーでは昨年の春に行われた「The BONEZ “SPRING OUT TOUR 2017″」以来、ツアーで言えばSHADOWSとのThe BONEZ × SHADOWS -Defend Your Style Tour 2017-以来のツアーである。しかも、「WOKE」のリリースまで、昨年は新曲のリリース(配信を除く)なども一切ない。
2016年の春にリリースされた「To a person that may save someone」以降、昨年からこのツアーまで彼らが何を生み出し、そして何を手にしてきたのか?その答えをあっさりと導いてくれたのは、やはりライヴ会場だった。

まず驚いたのは、金沢初のワンマンにしてソールド・アウトとなった本公演。
The BONEZを待つフロアには、いわゆる緊迫感というよりも、寧ろ高揚感や多幸感がせめぎ合いながら待ち望むBONER(The BONEZのファン)の姿がある。

また男女問わず、幅広い層に支持される彼らのならではだろう。親子で同じように待つBONERには、きちんとした環境を提供している。
ライヴハウスといえど、誰もが楽しめる空間を作ることに妥協しない、彼らのその姿勢さえも支持される理由の1つだと思う。

そんな会場のフロアで待ち構えるBONERを掻立てるようにSEのボリュームが上がり、メンバーが次々にステージに現れる。
今日のライヴへ自らを鼓舞するように互いに手を重ね、そして立ち位置に着くと、一瞬の静寂にJESSE(-vo./gt-)が優しく自らの声とギターで「Until you wake up」を奏で、T$UYO$HI(-ba-)、ZAX(-dr-)、NAKA(-gt-)も加わり、一気にボルテージが上がる。
「金沢の街で、みなさんが見たことのない奇跡を、全員含めて見せるのが We Are The BONEZ!」と高らかに宣誓し、「WOKE」からの楽曲を中心に次々と繰り出してゆく。

因みに、彼らはこれまでに所謂シングル曲(配信を除く)をリリースしたことがない。
シングル曲というのは、そのアーティストの存在を知るきっかけになることや、所謂”代表曲”と呼ばれるような曲が多いことは、誰もが感じているだろう。
何故、わざわざそんなことに言及したかといえば、The BONEZのどの曲を奏でていても、会場のすべての人が、その最後列まで一体となっているのだ。
それは、もちろんモッシュピットで身体中で発散する者から、楽曲のビートに身を委ねている者まで様々だが、要は少なくともこの会場にいる全員がBONEZのアルバムを手にし、聴き込んでいるという何よりの証拠なのだ。

シングル曲しか盛り上がらない…と言う場面を、過去に他のアーティストで経験しているが、やはり彼らは違う。
この4人で奏でる全ての楽曲がThe BONEZであり、そのThe BONEZが見せる一瞬一瞬を見逃したくないBONERが、ここに集まりそれを目撃し、感じ取っている。

そんな会場全体が一体となったライヴを目の当たりにしている中、JESSEが序盤で右手を負傷していたことを告げる。
それでもBONEZの奇跡をこう叫ぶ。”誰も置いていかないし、一人一人のために声を鳴らし、一人一人の胸に魂を焼き付ける”と。
更に拳を突き上げる者、笑顔で両手を広げる者、涙を見せる者、その感情の全てをステージに向けて放たれ、精一杯受け止めるメンバーからは、こう紡がれる” – People will always be angels with wings Welcome to this LIFE – ”

中盤からは、新旧織り交ぜた楽曲が並び、濃密な時間が続く。
それはアップ・テンポの楽曲が続いたり、サークル・モッシュが沸き起こるだけではなく、感情が剥き出され、大切な誰かの想いや仲間と絆を歌う。
ごく当たり前の人間味とでも呼べるようなことを、一切の不純な想いなどなく、その実体のない音楽で表現するのがThe BONEZであり、彼らバンドマンの魅力なのだ。

The BONEZが手にしたもの…それもやはり目に見えるものではなく、各地のライヴハウスに集まるBONERとの絆なんだと思う。
彼らが見せた奇跡によって、その絆が深くなったり新しい絆が生まれたり、そんな絆をライヴハウスで作ってきたという事実だ。
彼らはアーティストではなくバンドマンだ。だからこそ、その輪を広げられるしJESSEが言うように、誰も置いてはいかない。全員を連れてその奇跡を最後まで信じさせてくれるし、見せてくれる。それがThe BONEZなのだ、と。

レギュラーシリーズをこの金沢で終え、石巻 BLUE RESISTANCEでのextra公演、ホットフィールド2018へのイベント出演の後にJESSEが第六頚椎椎間板ヘルニアからくる頚椎症性神経根症と診断された。
症状としては回復に向かっているとのことながら、これだけものすごいライヴを各地で繰り広げてきただけに、メンバーの苦渋の決断にファンからは”待っている”の声ばかりである。

現在発表されている中で、年内に残されたライヴはEXTRAとZEPP東京を含む秋のツアー、各地のフェスやイベント出演のみだ。
彼らと作る奇跡に触れられるのは、あと僅かとなってきた。
胸に魂を焼き付けられるどの瞬間も、見逃さない方が良いと断言しておきたい。

The BONEZ

取材/文:Atsushi Tsuji @classic0330
写真:Yoshifumi Shimizu

LIVE SCHEDULE

2018/09/02The BONEZ TOUR「WOKE」仙台 Rensa
2018/09/07The BONEZ Tour “WOKE”-EXTRA-上海BANDAI NAMCO SHANGHAI BASE/Future House
2018/09/09The BONEZ Tour “WOKE”-EXTRA-台北THE WALL公館
2018/09/15The BONEZ TOUR「WOKE」福岡 DRUM LOGOS
2018/09/17HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2018泉大津フェニックス
2018/09/22The BONEZ TOUR「WOKE」名古屋 DIAMOND HALL
2018/09/24The BONEZ TOUR「WOKE」大阪 BIG CAT
2018/09/30The BONEZ TOUR 「WOKE」 – ENCORE -Zepp Tokyo
2018/11/22Fear, and Loathing in Las Vegas Tour 2018新潟LOTS
2018/11/23Fear, and Loathing in Las Vegas Tour 2018富山MAIRO
イープラス
チケットぴあ

WOKE

<収録曲>

1 . Until you wake up
2 . Bird ~people with wings~
3 . Rude Boy
4 . One more
5 . SUNTOWN
6 . LIFE
7 . Kings work
8 . Code name
9 . Nice to meet you
10 . Anthem
11 . See you again
Amazonで購入

LINK

http://thebonez.com/
http://woke.tokyo/