THE SOLAR BUDOKAN 2014 IN SHIBUYA Vo.1 ~シアターブルック×TRICERATOPS~

2月17日、渋谷クラブクアトロで<THE SOLAR BUDOKAN>プロジェクト2014年第一弾、シアターブルックとTRICERATOPSによるツーマン・ライヴが開催された。

元シアターブルックのメンバーでもあった、DJ 吉沢dynamaite.jpがフロアを温める。
RCサクセション、サディスティックミカバンド、佐野元春、電気グルーヴetcとバラエティにとんだ楽曲をPlayし、本編前にも関わらず会場は熱気を帯びていた。

オーディエンスのハンドクラップに迎えられて登場したTRICERATOPSは、真っ赤に染まったステージへ黒のスーツで登場し、スタートに選んだのは「1000LOVE」。そのまま「WARP」へと演奏が続き、ファルセットのコーラスワークが会場に心地よく響き渡る。
「<THE SOLAR BUDOKAN>のライブハウスバージョン、vol.1です!」「通常のイベントだとやっても30~40分ですよ。でも今日は多めに時間もらってるんで!たっぷり、踊ってって下さい!」と、和田唱(Vo&G)のMCにオーディエンスも沸き上がり、「MADE IN LOVE」、「氷のブルー」、Creamのカバー「SUNSHINE OF YOUR LOVE」と、会場は熱狂に包まれる。

ギターをストラトに持ち替え、「ここらで新曲やっていいですか?」と語り出す和田。
「シアターブルックは僕達の最初の先輩で、あのエネルギーに当時は若さというか”尖り”が加わって怖いのなんのって!(笑)」と、本イベントのオーガナイザー、佐藤タイジとの思い出も語る。
そして新曲「ゴースト」へ。「ダークな雰囲気」と和田が語る通り、低音のギターリフで始まる同曲。伸びのあるハイトーンボイスが活きるメロディーも魅力的だ。

突如、アップテンポなビートを吉田佳史(Dr)が刻み始め、「準備はいいですか!?ARE YOU READY!?」と和田がオーディエンスを煽り、始まったのは「FUTURE FOLDER」。
煌くストロボがダンスチューンをさらに盛り上げ、”突き上げろ”の歌詞と同時にオーディエンスの腕が突き上げられる。
ステージ上が黄金色にライトアップされ、太陽の光となって降り注ぐかのような演出は、ソーラーエネルギーを使用している本イベントを象徴するかのうようで、疾走感溢れる楽曲のエネルギーと重なって、会場の熱気を加速させていく。

続いては林幸治(B)と吉田佳史(Dr)によるソロコーナー。TRICERATOPSを支え続けるテクニックの応酬は圧巻。
そして和田が合流し、「MILK & SUGAR」。ソーラー電源で鳴らされるサウンドは、まるで音符の一つ一つが主張してくる様な抜けのある音で、<THE SOLAR BUDOKAN>でしか体感できない音だと言える。

そして和田の「ここでサプライズを!」というMCで佐藤タイジが登場!共に「FEVER」を演奏する。
タイジのギター、コーラスが加わり、会場は粋な演出とノリの良いロックチューンに踊りまくる。
アウトロに差し掛かり、タイジと和田の情熱的なギター・バトルが繰り広げられていくその姿は、もはや二人のギター・キッズ。
最高に気持ちよさそうな表情でギターを掻き鳴らしまくる二人のギタープレイが、最高潮のフロアをさらに熱くする。

そして「最後、さらに来てくれますか!?」という言葉から始まったのは、こちらもアップテンポなロックチューン「トランスフォーマー」。
オーディエンスは腕を突き上げてそのビートに身を委ねる。
そして会場全体での合唱が、完璧な一体感をみせる。満足気な笑顔を見せ、手を繋ぎ礼をするTRICERATOPSの3人へ惜しみない拍手と熱狂が送られた。
最後に吉田が「次のシアターブルックを僕はとても楽しみにしています、一緒に楽しみましょう!」と締めくくり、シアターブルックへとバトンを渡した。

1

2