「Two Dragons VOL.1」THE MAN vs SPEEDER-X

2月15日、新代田Feverにて開催された【Two Dragons VOL.1】は、冷牟田竜之率いる気鋭の2バンド”THE MAN””DAD MOM GOD”のいずれかをホストに、ゲストバンドを迎えて送る新イベントシリーズ!
その記念すべきVol.1はホストバンドに、オーセンティックスカをベースにしたルードなROCKグルーヴのスカバンド「THE MAN」、そしてゲストには、中村達也&Kenkenによるハイスペックバトルバンド「SPEEDER-X」が迎えられた。

最初に登場したのは「SPEEDER-X」。
インプロ(即興)と呼ばれる彼らのパフォーマンスは、全てが一発勝負の正にバトルライブ。
ドラムとベースのリズム隊2人によって繰り出される演奏に、エフェクトを施したKenkenのボーカルが乗り、そのスリリングさと迫力に会場では、既に熱気が立ち込めている。

「お久しぶりです、SPEEDER-Xです」とKenkenからバンド紹介のあとに「小学校1年の頃、上のスイミングスクール(会場である「新代田Fever」の上にある「新代田スイミングスクール」)に行って水疱瘡をうつされたKenkenです、地元へようこそ!」とエピソードと共に次の曲が奏でられる。
時折、見られるアイコンタクトをする2人の目は、激しい演奏と共に溢れ出るような狂気が伺える。

静と動を巧みに操り、中村達也のドラムとKenkenのベースが織り成すスタイルは、会場でしか味わえないその存在感・空気感と、その一瞬でしか生み出せない音楽であり、”ハイスペックバトルバンド”と呼ばれる所以であると改めて感じさせられる。
昨年おこなわれた「Fishbone」来日公演のゲストアクト以来とは思えぬ演奏に、オーディエンスは熱狂した。
「SPEEDER-X」を知るには是非、ライブ体感して頂きたい。

会場の熱気が冷めやぬ中、本イベントのホスト「THE MAN」の登場。
轟音ギターがうねり、「Step on gas」でスタート!
冷牟田竜之のアジテートは始まりからオーディエンスを煽り、会場全体の拳が突き上がる。
そのまま一気に「Rudies on the low」まで駆け抜ける。

「Two Dragonsへようこそ!雪が積もってるから、今夜もここで爆発しよう!」と冷牟田のMCを挟み、「The man still standing」へ続く。異常なテンションの中、攻めぎ合うステージは「Ghost dog」でさらに激しさを増してゆく。
超絶ビートに踊るキーボード、ホーン・セクション同士のバトルはまさにアンストッパブルで、会場全体が踊る。

真冬の夜に彩られた「The melancholy of capo」「Serenade」はヒートアップした会場を暖かく包み込む。
その演奏は「THE MAN」の圧倒的なグルーヴだからこそ成せる、オーセンティックスカの醍醐味だろう。そのメロウな空間の中のオーディエンスは、「THE MAN」の世界観と完全に同化しているのがわかる。

「It go straight to you」「Let me burn」と攻撃的な演奏が続く中、ステージと会場は一体となり、冷牟田のアジテートに会場はさらにうねり続ける。
「GABBA GABBA HEY」へ突入し、まさしく”爆発”したオーディエンス。また熱を帯びたステージで圧巻のパフォーマンスをする「THE MAN」のメンバーと、会場に激しさだけを残して本編が終了した。

熱狂のアンコールで迎えられ、「最後に特別なやつを!」と、冷牟田の言葉と共に「City Riot」の演奏が始まる。
「みんな、期待してくれていると思うからヤツを呼ぼう、中村達也!」と先程、「SPEEDER-X」でバトルを繰り広げた中村達也が冷牟田に呼び迎えられる。

「THE MAN」+「中村達也」となったステージは、本イベントを締めくくるに相応しい”バトルライブ”。
このパフォーマンスは、ライブを活動主体としている両者だからこそ実現できるステージである。
超プレミアムな組み合わせが終了し、「また会おう!」という冷牟田の言葉に、会場からは大きな歓声が送られた。真冬の夜に熱を帯びた【Two Dragons】は、次のvol.2への期待を予感させるには、充分なまでの破壊力を残したことを付け加えておきたい。

テキスト:Atsushi Tsuji(辻 敦志) @classic0330