「Two Dragons VOL.1」THE MAN vs SPEEDER-X

2月15日、新代田Feverにて開催された【Two Dragons VOL.1】は、冷牟田竜之率いる気鋭の2バンド”THE MAN””DAD MOM GOD”のいずれかをホストに、ゲストバンドを迎えて送る新イベントシリーズ!
その記念すべきVol.1はホストバンドに、オーセンティックスカをベースにしたルードなROCKグルーヴのスカバンド「THE MAN」、そしてゲストには、中村達也&Kenkenによるハイスペックバトルバンド「SPEEDER-X」が迎えられた。

最初に登場したのは「SPEEDER-X」。
インプロ(即興)と呼ばれる彼らのパフォーマンスは、全てが一発勝負の正にバトルライブ。
ドラムとベースのリズム隊2人によって繰り出される演奏に、エフェクトを施したKenkenのボーカルが乗り、そのスリリングさと迫力に会場では、既に熱気が立ち込めている。

「お久しぶりです、SPEEDER-Xです」とKenkenからバンド紹介のあとに「小学校1年の頃、上のスイミングスクール(会場である「新代田Fever」の上にある「新代田スイミングスクール」)に行って水疱瘡をうつされたKenkenです、地元へようこそ!」とエピソードと共に次の曲が奏でられる。
時折、見られるアイコンタクトをする2人の目は、激しい演奏と共に溢れ出るような狂気が伺える。

静と動を巧みに操り、中村達也のドラムとKenkenのベースが織り成すスタイルは、会場でしか味わえないその存在感・空気感と、その一瞬でしか生み出せない音楽であり、”ハイスペックバトルバンド”と呼ばれる所以であると改めて感じさせられる。
昨年おこなわれた「Fishbone」来日公演のゲストアクト以来とは思えぬ演奏に、オーディエンスは熱狂した。
「SPEEDER-X」を知るには是非、ライブ体感して頂きたい。

会場の熱気が冷めやぬ中、本イベントのホスト「THE MAN」の登場。
轟音ギターがうねり、「Step on gas」でスタート!
冷牟田竜之のアジテートは始まりからオーディエンスを煽り、会場全体の拳が突き上がる。
そのまま一気に「Rudies on the low」まで駆け抜ける。

1

2