クリープハイプ 1/8(火)下北沢DaisyBarで行われた「太客倶楽部」会員限定ライブ“ひめはじめ4” シークレットゲストにyonigeが出演

クリープハイプが「ホーム」(尾崎世界観はMCで「実家」と表現していた)といえるライブハウス、下北沢Daisy Barにゲストを招いて行う自主企画「ひめはじめ」も今年で4回目。新年の始まりに、ぎゅうぎゅうのフロアでクリープハイプ。なんとも贅沢というか、超プレミアムなチケットを手に入れてこの場所にたどり着いたお客さんのその高揚感が、開演前からみなぎっている。
今年もゲストバンドは当日までシークレット。開演予定時刻を少し回り、明かりの落ちたステージに3人の人影が見えると、お客さんがざわつき始めるそして鳴らされた1曲目のイントロ。この曲は――そう、今日のシークレットゲストは、大阪・寝屋川のガールズバンドyonigeだ! ギターを背負った牛丸ありさが目をつむってマイクに向かって歌い始めたのは「さよならアイデンティティー」。シークレットという条件ゆえか、それともこの「ひめはじめ」の独特の雰囲気がそうさせたのか、どこか緊張を帯びた牛丸の声と、小さなステージからぎゅっと凝縮されて繰り出されるスリーピースのサウンドが、空気をビリビリと震わせていく。「あけましておめでとうございます、yonigeです。よろしくお願いします」という簡単なあいさつに続いて、「リボルバー」「our time city」と曲を重ねていくなかでバンドもお客さんも少しずつ緊張を解いていく。曲が終わって拍手が起きると、牛丸もベースのごっきんもちょっとほっとしたような笑みを浮かべる。

撮影:松木宏祐

シーンに登場してきた当初、クリープハイプを引き合いに出されることも多かった彼女たち。音楽のスタイルが似ているというよりも、曲が生まれてくる根っこに相通じるものがあるような気がする。何か胸の中にぽっかりと空いた空間を、歌と言葉が埋めていく、そのために鳴っているロック。切ない、という言葉だけでは説明しきれない、生々しくてヌルヌルとした感情。「最終回」「バッドエンド週末」そして「2月の水槽」と楽曲を畳み掛けるなかで、その感情がだんだんとお客さんに伝播していくようだ。
軽やかなリズムが哀愁を誘う「さよならバイバイ」を経て、ラストは抑えていた感情が溢れ出るようなバラード「最愛の恋人たち」。「ありがとうございました」と言ったあとの余韻が心地よかった。

撮影:松木宏祐

1

2