H ZETTRIO

H ZETTRIO アルバム「RE-SO-LA」ツアー千秋楽代替公演、大盛況。 次回からはやっと新たなステージへ

“笑って踊れるピアノトリオ“H ZETTRIOが10月3日(土)東京都葛飾区にある、かつしかシンフォニーヒルズのモーツァルトホールで「H ZETTRIOのモーツァルトに会いたくて2020!RE-SO-LAな夜」と題した公演を無事終了させた。
また、その模様は生配信され、全国各地の視聴者も集め、H ZETTRIOのアンサンブルに飢えていたファンのハートを熱く刺激する一夜となった。


同公演は新型コロナウイルスの影響で不本意にもほとんどの開催が中止となってしまったRE-SO-LAツアーへの想いがまだメンバーの中にあったことが、公演タイトルの「RE-SO-LAな夜」というネーミングに見て取れる。その想いを東京の夜をRE-SO-LA色で包み込む事で完結させ、新たな展開への第一歩となるケジメの公演となった。

H ZETTRIO

会場は入場制限を設け、混雑した状況を生まないよう工夫をしながら開演。ステージにメンバーが登場すると満場の拍手が湧きおこり、本年5月にリリースされた「負けるなチャンプ」がいきなり館内のボルーテージをあげる。さらに元旦にリリースされた「New Design」のイントロが流れる。デストーションがかかった独特のメロディが響くと、どんな夜になるのかというワクワク感が客席から伝わった。続く「情動」はピアノとドラム、ベースが熱く絡み合う演奏で会場を神秘的な雰囲気で包み込んだ。

H ZETTRIO

いつも通りの言葉少なめなMCを挟み、タイトル曲「レソラ」を披露。アイコンのテキスタイルのドロップがバックに降りてきた。
「炎のコンテクスト」で繰り広げられたそれぞれのソロパートがこの夜をより深いものにしていく。
続いて8月リリース「TOKYO」が会場に響くと世界感が移り変わっていくトリッキーなメロディに、また違う夜を見せ、「距離」では繊細なメロディが時の流れをゆっくりと感じさせた。代表的なナンバーになった「Neo Japanesque」と「Workout」の2曲はアップテンポでスピーディーな激しい夜へと会場をリードしていく。

H ZETTRIO

1

2