プロディジー、3年ぶりとなる新作のリリースを発表&新曲“Need Some1”を公開

プロディジーはニュー・アルバムをリリースすることを発表し、急遽新曲を公開している。

1990年にブレイントゥリーで結成されたプロディジーは1994年発表の『ミュージック・フォー・ザ・ジルテッド・ジェネレーション』や1997年発表の『ザ・ファット・オブ・ザ・ランド』を含む6枚のスタジオ・アルバムをこれまでのキャリアでリリースしている。

新作『ノー・ツーリスツ』はバンドの自身のレーベルである「テイク・ミー・トゥ・ザ・ホスピタル」を通して11月2日にリリースされる。新作は2015年発表の『ザ・デイ・イズ・マイ・エネミー』以来3年ぶりとなる。

アルバムからは最初の楽曲となる“Need Some1”が公開されている。パコ・ラテルタが監督を務めたミュージック・ビデオはこちらから。

プレス・リリースでプロディジーは次のように述べている。「俺たちにとって『ノー・ツーリスツ』は結局のところ逃避主義と、道から外れたいという欲求と必要性についての作品なんだ。ツーリストになるんじゃなくてさ。決められた道を外れることで見つかる危険と興奮というのはいつだってあるんだ」

プロディジーはサウスシーで開催されるヴィクトリアス・フェスティバルで今年唯一のUKのフェスティバル出演を果たす予定となっている。フェスティバルは8月24日〜26日にわたって行われ、プロディジーは最終日のヘッドライナーを務めることになる。

フェスティバルには他にザ・リバティーンズ、カイザー・チーフス、ポール・ウェラー、パロマ・フェイス、ハッピー・マンデーズ、イヤーズ&イヤーズらが出演する。