SlipknotのCorey Taylor、スーパーボウルがメタル・アクトを出演させない不満を吐露

Corey Taylor

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは、スーパーボウルについてロックやメタルを体現できていないのが「長年の課題」だと語っている。

今回、コリィ・テイラーは2020年に開催されるスーパーボウルで国歌を披露したいと語ったディスターブドのデイヴィッド・ドレイマンへの支持をツイッターで表明している。

コリィ・テイラーはデイヴィッド・ドレイマンのインタヴューが掲載されている「ラウドワイヤー」の記事をツイッターでシェアしており、デイヴィッド・ドレイマンはその中でスーパーボウルでのパフォーマンスについて「ずっと俺の夢だった」と語っている。

「スーパーボウルはロックやメタルを体現できていないのが長年の課題になっているんだ」とコリィ・テイラーはツイートしている。「我らが兄弟であるディスターブドのデイヴィッド・ドレイマンをサポートするために俺たちの声を届けて、俺たちが彼に国家を歌ってもらうことを望んでいるとNFLに知らしめるんだ」

デイヴィッド・ドレイマンは先月、米『ビルボード』誌が2020年のスーパーボウルで誰が国家を歌うべきかを読者に調査するアンケートをフェイスブックでシェアしている。「掻き回してやろうぜ!」とデイヴィッド・ドレイマンは述べ、自身の名前を投票するようにファンを促している。

デイヴィッド・ドレイマンによる投稿はこちらから。

https://www.facebook.com/Disturbed/posts/10157737896412384

「(スーパーボウルでパフォーマンスすることは)ずっと俺の夢だったんだ。幼い頃からリハーサルしていたよ」とデイヴィッド・ドレイマンは「ラウドワイヤー」に語っている。「俺はこの国を愛しているし、インスピレーションや強さ、希望がかつてないほどに必要とされているこの時代にそれらを提示する機会を与えてもらえるのだとしたら、言葉にならないほどの名誉だよ」

「それから、スーパーボウルでロックがある程度提示されるのも悪くないと思うんだ。ポップ・シンガーたちと同じくらい正当に国家を歌うことができるロック・シンガーたちがいることを人々に証明して、さらに高みへ導くことができたらと思っているよ」

第54回となるスーパーボウルは2020年2月2日にフロリダ州マイアミ・ガーデンズのハードロック・スタジアムで開催される予定となっており、先日ジェニファー・ロペスとシャキーラがハーフタイム・ショウに出演することが発表されている。

関連NEWS

  1. Jay Weinburg

    Jay Weinburg、SUICIDAL TENDENCIESに加入したことを発表

  2. Corey Taylor

    Corey Taylor、亡くなったEddie Van Halenへの思いを語る

  3. Slipknot

    Slipknot、来たる新作より新曲“Solway Firth”のMVが公開

  4. KNOTFEST JAPAN 2020

    KNOTFEST JAPAN 2020、タイムテーブルが公開

  5. Corey Taylor

    Corey Taylor、ソーシャル・メディアの時代を扱った本を書きたいと語る

  6. KNOTFEST JAPAN

    KNOTFEST JAPAN、2020年3月に幕張メッセで開催されることが正式決定

  7. Slipknot

    元SlipknotのChris Fehn、「いつか」スリップノットに戻りたいと語る

  8. Slipknot

    Slipknot、350人収容の会場で新ドラマーとライヴを行うことが決定

  9. Slipknot

    Slipknot、ニュー・シングル「The Chapeltown Rag」の音源が公開

  10. Slipknot

    Slipknot、メキシコのノットフェスで柵が崩壊してステージがキャンセルされることに

  11. Corey Taylor

    Corey Taylor、Slipknotに加入したいと思った瞬間を振り返る

  12. Corey Taylor

    Corey Taylor、ソロ作より新曲“HWY 666”のリリック・ビデオが公開

  13. Corey Taylor

    Corey Taylor、AIによって生成された音楽についての見解を語る

  14. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、ホラー映画の脚本を書き上げたことを明かす

  15. Slipknot

    SlipknotのCorey Taylor、ソロ・デビュー・アルバムを完成させたことを明かす